インドはチェンナイへひとっ飛び その7 シンガポール一休み編その2

シンガポール2日目です。
朝ごはんを食べたら、荷物をホテルにキープしておいてもらい、
まずはジュロンバードパークへ。

入口にはペンギンが。常夏だけど大丈夫なのかな。

f0167281_17414712.jpg


バードショーです。子どもでいっぱい!
たわいもない玉入れ競争とかもあるし、お客さん参加型のこんなショーも。

ホロホロ鳥。
f0167281_17421312.jpg


エミューです。
f0167281_17422611.jpg


とさかのすごい鳥。パンキッシュです。
キッ!!
f0167281_1744317.jpg


きょとん。
f0167281_17441872.jpg


ひとつひとつアップしているときりがないのですが、とにかくすごい鳥でした。
広い!熱帯でこれはかなり大変。


雲行きが怪しい中、昼ご飯へ向かいます。
アラブストリート近くのZAM ZAM RESTAURANTです。
f0167281_1749534.jpg


店先で、お好み焼きのようなムルタバ作成過程を実演中。
f0167281_17503774.jpg


ひとつができるまでを動画にしてみました。
ムルタバ一つにつき、卵2個使ってますね~。

マトンと、サーディンムルタバ(各5シンガポールドル)、
二層に分かれたミルクコーヒーkopi cino(2.5ドル)、
ナシゴレンチキン(6.5ドル)にしました。
2階はお兄さん一人で回しているので、注文聞いてもらうのにも時間がかかります。
きた!!
f0167281_17545958.jpg


すごいケチャップのかかったきゅうりと2種類のソース。
f0167281_17553919.jpg


ナシゴレンとコピ・チノ。中で珈琲とミルクが動いているのを見るのがたのしい!
f0167281_1756238.jpg



スコールが止まない中、アラブストリート近くのお店を探索、服を買い、
タクシー(これまたなかなかつかまらない・・・)でムスタファセンターへ。
f0167281_1804326.jpg


シンガポールに住むインド系の人々は、ほぼタミル系の人です。
なので、町の住所表示もタミル語だし、インド料理を食べに行っても南インド料理が食べられます。
ムスタファセンターで思い知ったその南インドパワー。
これすべて、南インドのお菓子です。
f0167281_1815820.jpg


バナナの葉に似せた、プラスチックの食器も売ってるし・・・。
以前必死で買い求めたバナナリーフディッシュ、どん。
f0167281_1825056.jpg



ちょっと食材を買った後は、ホテルで荷物を受け取り、空港へ。
あーやっぱり落ち着きます。
ターミナル3にも、ブンガワン・ソロができていました!
f0167281_1835072.jpg


ここのパイナップルケーキがおいしいのでお土産に。
あっという間になくなるんです!
f0167281_1841640.jpg


生菓子もいろいろあったので、もち米とパンダンリーフのこんな甘さ控えめのものを。
f0167281_1845662.jpg



最後の晩餐は、やっぱりシンガポールに来たので肉骨茶!!
f0167281_1852742.jpg



よく食べ、よく歩いたインド&シンガポール旅行でした(^m^)

by omiyagemylove | 2011-05-30 18:27 | 旅 アジア | Comments(2)
Commented by mami41m at 2011-05-31 20:30
シンガポールにいけば バナナリーフのお皿も簡単にそろうね(笑)
Commented by omiyagemylove at 2011-06-05 19:44
ええ、苦労しなくてもすべてが揃います!!
おいしいレストランもいっぱいあるし・・・
これは住めますね!