2012中国&インド旅行!! ラジャスタン・ジャイプール街めぐり★

さて~。
観光も買い物も、とっても楽しみだったジャイプール。
砂漠の多いラジャスターン州の州都です。
地名の語尾のプールとかプルというのは、城壁に囲まれた町という意味らしく、
ジャイプルも城壁に囲まれています。
そして街並みはピンク色!なので、Pink Cityと呼ばれています。
期待通り、とっても楽しかったです(^^)

ホテルは、そこそこのRoyal Orchid Centralというところに泊まりました。
朝ごはんです。

f0167281_18098.jpg

おっといきなりまた、インドと中国が険悪になっているらしい新聞記事が。
インド側の言い分としては、揉め事の仲裁に行った外交官が、行ったその場でいきなり逮捕・拘留され、病気持ちの人で薬を飲みたいといったのに聞き入れられず、結果発作を起こして倒れた、けしからんという内容でした。
f0167281_1815222.jpg

これから北京にも行くのにねぇ。。。という気分になりつつ、
観光に出かけます。

まずはHawa Mahalという、日本語「風の宮殿」へ。
宮廷の女性が、外に出ることなく景色を眺められる小さい窓がたくさんあります。
正面が広くて、奥行きの浅いうすーい建物です。
これは正面から。
f0167281_1843648.jpg


入り口は、裏手に回ります。おっとー!
インド人は50ルピーで外国人は300ルピー!
f0167281_1854799.jpg


中に入ってみましょうか。
吹き抜けになっています。
f0167281_1871155.jpg

f0167281_1872312.jpg


宮廷の女性が昔のぞいていたという、その窓からのぞいてみます。
かなり街中、今見えるのは町の喧騒です。
f0167281_188316.jpg


外に出てみると、商店街がすぐそばにあります。
食べ物屋台、おいしそー。
f0167281_188499.jpg

これは、サモサの具をつめているところですね。
f0167281_1891336.jpg

と、写真を撮っていると近くにいた人に大声でよびかけられ、
(写真撮るなって言ってる・・・??)と思った私は足早に去りましたが、
相方に聞くと「僕、玉ねぎ切ってるよ!僕も撮って!」って言ってたよ。だそうです。

風の宮殿からすぐ近くの、ジャンタル・マンタル(天文台)に向かいます。
ジャイプルの町を築いたマハラジャは、天文学に詳しい人で、各地にこうした天文台を造ったんだそう。
でかっ!
f0167281_1812407.jpg

びっしりのハトで、なんとなく大きさわかりますでしょうか?
こうしてみると、なんだかアート建築みたい。
でも2秒刻みで、正確な時間を計測するんだそうです。

これも、公園ではなく12星座を観測するもので、それぞれが星座の方向を向いているんだそうです。
f0167281_18144464.jpg


これはなんとなく天文台って感じがしますね。。。
春分と秋分、夏至と冬至を計測し、インドの標準時もわかるそうです。
f0167281_18155686.jpg


ジャンタル・マンタルの出口を出たところで、日本でいう「サムライ・ゲイシャ」くらいベタな
インド人とその横に座る観光客を発見!
f0167281_18164574.jpg

笛を吹いてコブラがかごから出てきました。
本当に、音楽が鳴ったら寝ていた蛇がうにょーんと!!
近づいたらチップがいるかと思って物陰から撮る、チキンな私。

サイクルリキシャーに乗って、買い物に行きましょう。
ジャイプールは布ものが豊富で、エスニック好きなそこのあなたには垂涎の町ですぜ。
f0167281_18272487.jpg


そしたら・・・閉まってる~~!!
FIGAROでもお宝ざくざくと書かれていたSaurashtra Impexが!!
定休日じゃないのに~、ばかばか!!
f0167281_18283846.jpg


泣く泣く、その隣のパチもんみたいなSaurashtra Oriental Art みたいなところに入ります。
すると、フィガロに掲載されていたクッションカバーがありました!
f0167281_183073.jpg

プリント地にステッチがはいった綿のクッションカバー。
FIGAROによると250ルピーでしたが、はたして・・・?
相方が聞くと「200ルピーだよ」
・・・はぁ??
そんな高い訳がない!!と怒る相方。
ハンドメイドだとか、一通りの説明されてましたが、クッションカバーは150ルピーに、
おそろいのでかいストールは650→500ルピーになりました。

と、店を出るとサウラシュトラ・インペックスが開店している!!
どうやら雑誌の情報より遅めの開店だったよう。もちろん入ります。
f0167281_1834622.jpg


WOW!!
布の洪水です!!
f0167281_18343592.jpg

f0167281_18345270.jpg

2階がラージャスターンやクジャラート、アフガニスタンなどから集めた民族衣装や生地がいろいろとのFIGARO情報をもとに上の階へ。
スザンニが沢山ありました。「昨日も仕入れ業者がスザニをいっぱい買って行ってね」と店員さん。
アフガニスタンっぽいかわいいマットは、、、聞いてみると800ルピー。
「なんだと!」
「もうここで買いたくない。出よう。だまされてる」
「こんなん下痢するわ」
相方の怒りように、気持ちはわかるが、まあ待て・・・本当にぼってるわけじゃないんだよ、とあわてる店員さん。朝一の客だからってことで、600ルピーになりました。

下の階では、またまたフィガロ価格1000ルピーのタイダイ染めストールが。
「こ、これはハウマッチ・・・?」
「700ルピーです」
あっまた相方が激怒!
「こんなん卸売市場で30ルピーに決まってる!」
「違いますってば、ハンドメイドで・・・」
「ハンドメイドくらいわかっとる!!」
結局500ルピーに。
タイダイスカーフ500×3とマット600ルピーで2100ルピーをさらに1800ルピーにしてもらいましたが、
あと200ルピーでもう一枚タイダイスカーフお付けします。とのことで、そうしました。
ちなみに、お隣のサウラシュトラ・・・という店はパチもんでも真似しでもなく、ファミリーなんだそうです。

「こんなん、もう今晩眠れないわ・・・」ブツブツ言う相方とともに昼ごはんへ。
ラジャスターン州のターリが食べられる、LMBです。
f0167281_18484870.jpg


お店に入ると、まず軽食コーナーがあり(立食用のテーブルなどあり)
レストランは、その奥、こんなすごいヒゲのおじさんが扉を開けてくれた向こうにあります。
f0167281_1850140.jpg


お客さんは、90%外国人。あらっ、まずかったかしら。。。
f0167281_1852158.jpg


ターリ、中身はいろいろあるけど、405ルピーというのはやっぱりツーリスト価格。
飲み物とか頼めば一人500ルピー弱になるし、そうなるとやっぱり高いかなぁ。
f0167281_18533226.jpg


スープのあとに、ターリがやってきました。
わーいろいろある!!と喜んだのもつかの間、
f0167281_1853172.jpg

すっごくパサパサ!!
砂漠地域だから、伝統的な料理ってなるとこうなるのかしらん??
野菜も、芋とかで、みずみずしい野菜が使われていないし、
汁気のないおかずが多くてかなりつらい。。。

極めつけはこのデザート、「でんぶ」です。
f0167281_18553170.jpg


お店が悪いんじゃなくて、こういう料理だってことですね。。。
うーん。二人で行くなら、一人は違う料理をとった方がいいと思います。
あとお手洗いもなかなかつらいものがありました。

次からは挽回します。つづくぅ!!

by omiyagemylove | 2012-01-29 19:06 | インドかんけい | Comments(10)
Commented by ninuckey2 at 2012-01-29 19:40
ジャイプルの天文台、ほんとに美しい!
仰る通り、アート建築みたいですね。

物陰から写真を撮ってたのは、コブラが怖かったわけじゃなく、チップが? www

相方さまの値切りテクニック(と言って良いのか?^^;)、素晴らしいです!
完璧に関西のノリで、めっちゃおもろかったですわー。
ちょっと離れたところでこっそり聞きたかったです ww

全編、大変楽しく拝見いたしました、ありがとう<m(__)m>
Commented by semasema at 2012-01-29 20:07
とってもおもしろかったです♪
とりわけ、扉を開けてくれた髭のおじさん
よくできた人形かと思いました
次回も楽しみです!
Commented by リンゴ at 2012-01-30 12:16 x
だんだん、インドに行った気がしてきました。
知らない国なので楽しいです。

フィガロに掲載されているファブリックはどれも 色合いが
お洒落ですよね。洗練されている気がします。
でも、そんな本に載ってるところは高いんですね~
観光客と思って ぼられてるんですね。

でもご主人はしっかり、値切られて頼もしいです(^^)
ご本人的にはまだまだ納得感はないのでしょうね(笑)

宮殿の窓から見える庶民の暮らしのシーンが私的には
撮影スポットに思えました。

食べ物もおいしそうで、日本人の口に合いますね~
Commented by mami41m at 2012-01-30 21:49
ジャイプール!なつかしい。風の宮殿行った行った。蛇使いもいたなぁ~ はじめてインドに行ったのが、デリー、ジャイプール、アグラでした。15,16年位前。でも案外その時インドにははまらなかったのでした(笑)
お客さんの90%が外国人・・・って気がついたら止めたほうがよかったね(笑)インドの人も美味しいって店がやっぱり旨いのかもしれないね(笑)それにしても、フィガロに掲載されているところはさすがに高い。日本人観光客がフィガロ片手に沢山の人数買いにいくんだ きっと。
Commented by omiyagemylove at 2012-02-01 23:11
ninuckeyさま;
本当に、全体がアートな天文台でした!
ああいうのが、ジャイプールだけじゃなくてデリーにも、インド各地にあるみたいです。
階段が着いていたので、上っていいのかと思ったら警備員さんに注意されました。。。

チップ、いくら要求されるのか…とか、怖くないですか?!
守りの体制で生きてます(笑)

値切りは、、、ホント、現地の人に限る!!と思いました。
本気で怒ってましたからねぇ~(^^;)
Commented by omiyagemylove at 2012-02-01 23:14
semasemaさま;
髭のおじさん!
ほおっておいたら、日本人もああなるんでしょうか??ならないですよね??
インドのドアマンの人って、かならずすごい髭なのは、なんででしょうか?!
Commented by omiyagemylove at 2012-02-01 23:19
リンゴさま;
フィガロは、、、きっとそうなんでしょうねぇ~。
かといって、他のところでは同じものを見かけませんでした。
そして!
たまたま、今日行った百貨店で全く同じクッションカバーが!
150ルピー(230円位)のが2980円、
以前チェンナイで買ったシルクストール1500円くらいのは15,750円でした!
(苦労を思うと、割と納得ですけど)
そういうのを見ると、がんばって買った甲斐がありますねぇ。。。

撮影スポット、私もそう思ったんですが、人いっぱいでなかなか角度とかやっている場合ではなく!
でも霧のタージマハルでがんばりましたので、また来週以降アップします!
Commented by omiyagemylove at 2012-02-01 23:22
mami先生;
これからはまさにそのコース、あとはアグラとデリーです!
やっぱり基本は押さえないと(笑)
蛇つかいのおじさん、その頃から定番というか、同じ人だったりして…!

外国人9割、最初は経験!で仕方ないと思うようにしてます。
雑誌じゃなかなかわからないですね。。。地球の歩き方ですらおすすめの感じだったし。経験として、おすすめだったんでしょうか。。。
Commented by donguri3755 at 2012-02-04 09:43
本当に、読んでて自分も旅に出てる気分(^.^)♪。
それにしても、相方さま、頼もしいわ~、めちゃめちゃうらやましいわ!!!。
旅のベストパートナーだね♪。
またゆっくり話し聞きたい♪。

↓ この飛行機の缶、カワイイね~(^.^)、テンションあがっちゃうわ♪。
Commented by omiyagemylove at 2012-02-06 17:27
よっしーちゃん;
旅気分になってくれたらうれしいな~^^
やっぱり、相方は現地人なのでインドでは頼りになるねぇ。
ぶーぶー言いつつも、買い物つきあってくれるし。。。
また写真見せるね!

飛行機缶、よっしーちゃんよりさらに飛行機オタクのY嬢にプレゼントしたけど、特に喜ばれなかった。あれ・・・?(^^;)