盛りだくさんポルトガル旅行 2008年9月20日

3日目は、マデイラからポルトへひとっ飛び。
ポルトは、その名が示す通り、ポルトガルの国名の由来になった都市。
空港行のバスは、ポルトガル航空のチケットを見せたらタダで乗れるらしい。
と、定刻過ぎて30分ほど待つも…来ねえ!!
バス停のまん前のお家。

f0167281_2139658.jpg

リスボン→マデイラほど飛行機も遅れず(いつものようにジャムがひっかかり、検査場からチェックインカウンターに戻される)、買ったワインを空港で受け取り、なんとかポルト到着。
大変なのはここから・・・!
市内に行く列車の切符が、機械2台しかなく、片方は英語が出ず、しかも何ゾーン通過するかとか、買って1時間は乗り放題なのを何回いけるようにするかとかもしくは一日乗り放題にするのかとか選ばないといけなくて、訳わからん!!
しかも駅員がいない。
15分ほど格闘して、間違った切符を買った直後に2人駅員が現れ、英語できず、払い戻ししたいといっても「ノー」しか言えない。
キャンセルできないんだったら説明できる駅員おいとけ!!(ノ-_-)ノ ~┻━┻
駅員、さみしいのか2人1組で動いていて(仕事分担してるとかじゃない)、ホームにいるときはホーム、地下にいるときは地下。意味ないじゃん!!と怒りまくる私。静かに「払い戻しできないんや…」とつぶやく、くぼっち。
そして、ホームに着いた途端電車が出てしまい、20分待ち。キー!
わたし、待つのが病的に嫌いなんです。
f0167281_21405278.jpg

やっと来た…気を取り直して市内へ。
ポルトの地下鉄、やたらめったらホームと線路の段差が低く、歩いて向こう側のホームに渡ろうとする外国人続出らしくそれだけ英語で「線路を渡るな、危険」と書いてあります。
f0167281_21432086.jpg


サン・ベント駅に着いたら、まずはホテルへ。
ちなみにマデイラ島とポルトのホテルは、venere.comで探しましたが、結構マニアックなところでも選べて便利でした!
ホテルへの道すがら、歴史地区を通る。美しいわ!
f0167281_214620100.jpg

f0167281_2146392.jpg

f0167281_2147020.jpg

f0167281_21471667.jpg

問題なくチェックインできました。英語もわかりやすかった。
お腹ペコペコなので、ポルト名物トリパス・ア・ラ・モーダ・ド・ポルト(ポルト風もつ煮込み)が名物のトリペイロという店を探したけど見つからず、そもそも昼ごはんタイムを過ぎてしまった。
仕方なく、ホテル近くのカフェで軽食を取ることに。
仕方なくと書いたけど、実は由緒正しいカフェでした。
f0167281_21492337.jpg

これで前菜らしいけど、固くずっしりしたパンに、魚のすり身のフライ。
ジュースもたっぷりでおいしかったです!

雨降る中、一番の目抜き通り、サンタ・カタリナ通りへ。
ぷらぷらしていたら、かなりツボな部屋着&下着屋さん、woman's secretを発見!
(ヴィクトリアズシークレットのパクリですかね~やっぱり)
ここで、かなり欲しいおパンツがあったんですが、全部タンガ。普通のがいいな~と思っていたら、マネキンがはいている!
「あのマネキンがはいてるタイプのがほしいんですけど…」と店員に言ったら「ノー」
何がノーじゃい!! またしても(ノ-_-)ノ ~┻━┻
食い下がるもノーしか言わない。しかも、店員自分の買い物のレジ処理で延々時間かかり、また、ラッピングをやり直したりして客の私を待たせまくり。
でも、悪意はなさげなんですよね~。これがポルトガルなのかしら。。。

さて、タクシーで大雨の中、くぼっちの希望でアルヴァロ・シザという建築家の美術館へ。
建築が彼の建築で、展示物は現代ものを企画展でやっています。
美術館の名前は、日本語だとポルト現代美術館みたいだけど、ミュゼゥ・セラヴェスってタクシーのおじさんは言ってたみたいです(私は聞き取れず)。
セラヴェスは、運営してる財団の名前みたいです。
ここが、行って良かった…!
f0167281_220066.jpg

建物に入るまでの間の目に入る光景も、
f0167281_2204112.jpg

f0167281_220573.jpg

f0167281_2211287.jpg

なんかよくないですか??
わくわく中に入ります。
展示物は、このときは南アフリカで育ったカメラマンが、昔から街の様子を撮ったものでした。
とにかく、、、日本に産まれてよかったなという内容でした。
白人で産まれようが、黒人で産まれようが、あんな環境は普通じゃありません。
さて、ツボだったのがここのトイレのピクト。
f0167281_2241575.jpg

カワイイ☆
建物内部はこんな感じでした。
f0167281_2245030.jpg

4階分見て、外に出るとまたちょっとさっき通ったところが違うように見えます。
f0167281_2253461.jpg

f0167281_2255011.jpg

ここの売店のお姉さんに、晩ごはんのレストランへの行き方を聞き、とにかくここを出たら右にまっすぐ歩き、突き当りの大きな道路を渡って右へ進むとあるようでした。
さあ行ってみよー!

ありました。ポルトのもう一つの名物、フランセジーニャの名店、cufraです。(^0^)
フランセジーニャとは、フランス娘って意味だそうです。
フランスに住んでいたポルトガル人が、クロックムッシュなどを改良?して発明したそうです。
f0167281_2294296.jpg

店内は人でいっぱい!さすが有名店。
お店の人はとても感じがよく、そしてここ、リーズナボーでした。
まず、トマトサラダ。ボリューミー!これで2ユーロなんです。
f0167281_2242934.jpg

そして、日本でいう味噌汁のカルド・ヴェルデ。じゃがいもポタージュに、キャベツの仲間の葉っぱの千切りとサラミが入ってるんですが、日本で食べたのはお飾り程度だったけどここのは葉っぱがいーっぱいでおいしい!そして1.95ユーロ。
f0167281_22433932.jpg

店内、ほぼ満席。ガヤガヤ・・・。やっぱりフランセジーニャ大人気。
f0167281_22443323.jpg

待っていると、やってきました、フランセジーニャ!
食べやすいように、半分に切ってそれぞれ違うお皿に乗せて持ってきてくれました。
この心遣い、忘れません!
f0167281_22453498.jpg

上から
チーズ
えび
食パントースト
チーズ
焼き豚みたいな豚肉
ハム
パン
で、ピリ辛ソースがかかっていて、このソースが肝心要なんです!
f0167281_22481572.jpg

うまーーい!!!(^0^)(^0^)
最高においしかったです。ここのめちゃおいしい!
こんなに安いのにサービスもいいし。。。英語のできるダンディーな白髪のおじさまが、「おいしかった?」とか聞きに来てくれた時に、思い切ってレシピ聞いてみました。
なんと、most importantのソースを教えてくれました!(まあ分量はわからないけど、材料は)ちなみにポルトワインじゃなくテーブルワインでいいそうです。
次回ポルトに行ったらまた絶対に来ます、おじさま!!

終わりよければすべてよし!のポルトの夜でした。

by omiyagemylove | 2008-10-02 22:53 | 旅 ポルトガル | Comments(6)
Commented by orangelife-kansai at 2008-10-04 00:02
ちゃ..ちゃぶ台2回ひっくりかえってる~^^(考えた人すごい~♪)
旅先で無駄に待たされるほどイライラすることはないですよね~
タイムイズマネー!!英語がわかんない私はこれくらいしか思いつかない~><とほ~
綺麗な町なみ~* カフェのずっしりパンおいしそうだなぁ*^^*
美術館は後ろの山並みの高さに合わせたのかな..
自然の美しさを全然破壊していない感じがしますね~^^
フランセジーニャはえびとブタとハムですか~!チーズも何層にもなってません??^^
贅沢三昧クロックムッシュですね~ おいしそ~ ><
ピリカラソースがきになります~ToT
Commented by k_dino51 at 2008-10-04 23:21
スペインもそうだけど、ポルトガルも家の飾り付けが綺麗♪
白い壁にテラコッタの屋根、そして花!花!花!
フランセジーニャっての、初めて見たけど美味しそう。
チーズトロりんで、中にパンが入ってるんですね?
ソースはピリ辛・・・味が想像出来るような出来ないような(笑)
カルド・ヴェルデも美味しそう。 しかも量たっぷりで安い!
↓の市場も楽しそうですわん。
海外の市場って、その国の人々の暮らしぶりが覗き見できてワクワクしちゃいます(^^)
Commented by omiyagemylove at 2008-10-05 23:47
orangelifeさま;
そーなんですよ~も~・・・仕事については融通きかないなぁ~ってことが多くて。。。「サービス業っちゅうのはなー!」と何度か絶叫してました。。。
でもイライラしたあとには必ずほっこりすることもあったりして。

街並みは、本当にポルトきれいでした~。観光客を呼ぶために人工的に作ったんじゃなくて、本当にそのまま残ったんですっていう味わいがステキでした。(^0^)
フランセジーニャは高カロリーだけど、めちゃおいしくてその魅力にはあらがえない。。。あーまた食べたいっ!!
ピリ辛ソースね、また話しますわ、ムフフ。。。( ̄+ー ̄)
Commented by omiyagemylove at 2008-10-05 23:55
dinoさま;
家かわいいですよねー!日本と煉瓦の色はおんなじなんだけど、壁の色がクリーム色で、柵が緑で、お花が咲いてたらこんなにも違うもんなんだなぁ~っとしみじみ。
フランセジーニャ、ぜったいdinoさんなら作れますよ~
味は、たぶん想像しているよりB級じゃないと思います☆
ソースは、鳳飛のからし鶏のソースがもっと高級になったかんじというか。。。
あのお店が近所にあったら通いまくりなのになぁ~。
市場も本気でキレイでした!いつかぜひぜひ(^0^)
Commented by pokko7026 at 2008-10-09 09:08
ポルトガルってのんびりしたお国なのですねぇ・・・(笑)。
それにしても・・ポルトガルのお料理ってどれも美味しそう!クロックムッシュ興味津々ですぅ!!旅行中、イラッっとすることやオイオイ!って思うことがあっても食事が美味しいと帳消し出来ちゃいませんか?^^*

ところでくらりんさん。。海外旅行の際の飛行機のチケットは旅行会社で普通に手配するの?割引率とかどの位ですか?
Commented by omiyagemylove at 2008-10-12 21:23
きゃー!!コメント気づいてなかった!ごめんなさい!
そう、ポルトガルってとってものんびりなんですよー。。。
逆に待たされていても、お客さんも怒らないみたい…

フランセジーニャはめちゃおいしかったですよー!
確かに、料理に買い物で大抵のストレスは飛んでいきます…
旅のだいご味ですもんね!
日本~外国のチケットは、格安航空券を代理店で買ってます。。
割引率は、原価がわからないからわからないなぁ・・・。そのとき一番安いものを買ってマス。
ポルトガル国内線のは、ポルトガル航空については、定価でしたよーたぶん。日本からじゃ手だてがなくて…あったのかな??
参考にならなくてスミマセン(^ ^;)