カテゴリ:暮らしの買い物( 60 )


サウスアベニュー@西荻窪で、中国茶と雑貨のお買い物♪

大好きな街、西荻窪。
この前自由を得て、
高円寺のツバメおこわ~吉祥寺のサブロ~西荻窪のサウスアベニューと、1人時間を満喫してきました。

いつ来ても雑貨のセレクトやパッケージにしびれるサウスアベニュー
行ってみると、琺瑯ものがいっぱい!
持ち手つきの洗面器のようなこのどんぶり、金山生活区建設指揮部とロゴ入ってます。
みんな社食で、このどんぶりを持って並び、ご飯やおかずを入れてもらって好きなところに持って行って食べるんだとか。

それに土布、ざっくりした肌触りといかにも生活の布!という質実剛健な感じ。
あといかにも中国っぽい包みの中は、オリジナルの中国茶です。
くーっ!!カックイイ!!
f0167281_11584177.jpg

f0167281_11585131.jpg



あと、ちょっと古い??印判のどんぶり鉢とお皿。
何を乗せても良さげじゃないですか~~
f0167281_11590397.jpg


中国中国し過ぎていないのも、これまた一興。
f0167281_11591353.jpg


中国茶を買おうとすると、試飲させてもらえました。
家にある中国茶用ではない急須で、いかに美味しく淹れるかアドバイスいただいたり、
その道を極めた人とおしゃべりするのって楽しいなー!!と心洗われまくった土曜日でした。







山田朱織枕研究所の整形外科枕をオーダーしに相模原へ。

昔から、肩そして首がコリコリです。
テレビで知った、山田朱織枕研究所に昨年の9月16日に整形外科枕の計測を申込み
1月18日にやっと、計測日の案内がまわってきました・・・
そして2月に計測に行けることになりました!

場所は神奈川県相模原市。
遠い!!けど、有楽町の計測所だとかなり金額が上がるので
時間を使ってもこちらへ。
淵野辺駅からてくてく歩いて・・・
こちらは整形外科。
f0167281_13443315.jpg


枕研究所は、そこから裏手にまわります。
そこから階段を上り受付へ。
f0167281_13450702.jpg


まずビデオルームで、枕の概要、使用方法などを見てから
順番に呼ばれます。
服を着替え、指示通りに寝返りを打ったり、あちこち測ってもらい
寝返りの時の背骨の様子などをチェックしてもらって5mm単位で計測。
人がいる時だといつも通りに寝られないので、一人きりになってのチェックもあります。
なので1時間半くらい、みっちり測ってもらえて安心。

普段の寝るときの服装やシーツ、布団なども大事で、
いくら枕を良くしても、たとえばボアシーツにもこもこ毛布、フリース部屋着に
暖房つけっぱなし、とかだと快眠しづらいんだそう(まさにうちはこれ)
特にもこもこ毛布で部屋着がフリースなど摩擦が大きい組み合わせは寝返りの妨げになるので
どれかでも替えていくのがいいそうです。

計測後、理想の敷布団の固さを体感すべく、3つのベッドで横になり、
いろいろ確認。
布団がやわらかすぎる人には、丸八の「サンドイッチふとん」というものも紹介されていました。
うちは、多分理想よりちょっとやわらかいんだろうけど、とりあえず今のままの敷布団を使うことに。

そして・・・数日後届きました!!
整形外科枕と首枕。
首枕は、パソコンなどして首がカクンと折れ曲がっているのを支える枕です。
f0167281_13452145.jpg


今まで使っていた低反発の枕などに比べると、かなり固い印象ですが
確かに寝返りなどはしやすくなりました!
寝具やパジャマもできるだけ摩擦を減らして、凝らない毎日にしたいです!!
f0167281_13453349.jpg










今ナン時?What time is it naan? ナンの時計を買ってみた(*^_^*)

インド人のいる家庭としては、欲しくてしょうがなかった「今ナン時?」
本物のナンをコーティングして、針を付けて時計にした代物です。
Pampshadeの森田製パン所さんの作品。
神戸の人だそうで、いろいろダジャレがきいています。
マーチエキュート神田万世橋で少量入荷したと聞いて、すぐ行ってきました。
あったー!!
f0167281_14192426.jpg

家に帰って、さっそく取り付けてみました。うふふ
f0167281_16064278.jpg

もともとパン屋で働かれていた作者の森田さん、パンが廃棄になるのを見るのが嫌で、無駄なパンなんてない!と
パンをくりぬいてそこにライトを入れたパンプシェードなどを作り始めたんだそうです。
そんな心意気も素敵です。
この作品、シャレで作りはじめたのではなく、ダリの「柔らかい時計」から思いついたもので、時間に縛られない、やわらかい時間を過ごしてほしいとの願いがこめられているとのこと。
f0167281_16065434.jpg

今も視界の端で、カチカチ働き中。
思わずにんまりの、手作り時計なのでした。









アーロンチェアをとうとう買った


憧れのハーマンミラーのアーロンチェア。いろいろお店で座って、とうとう、Bサイズのタキシードに決めました。

やっぱり腰を守られている感が素晴らしい(*^_^*)!!
背中を預けてパソコンするのって、楽だなぁ




ただ、机とアームレストの高さを揃えると今度は足が床に届かないので
前々から気になっていたオカムラのピエルポというシリーズのフットレストも購入。
高さや角度を調節できて、まさに女性向き。




楽天スーパーSALEで買った食材やサンダルなど

着心地良くて、すごく気に入っているカーディガン。
とうとう3色全部コンプリート。。。





あと、裸足でいるより履いていた方が体にいいらしい
ビルケンシュトックのサンダル、アリゾナ。
外履きにと思ったけど、まだ家の中で履いています。。。




近所にあってほしいけど無い、カルディコーヒーファームで爆買い。
の、一部。
トリコロールカラーの灯台がかわいい塩。


これめっちゃ美味しいんです。
安いフォアグラより絶対おいしいと思う!
K.T. タラレバーの燻製

K.T. タラレバーの燻製 121g
価格:410円(税込、送料別)




ERIKO SOYAMAさんのカッティングボードだったり、
Paola Navone×REICHENBACH のフリルプレートだったり、
こういうデザインが好きなんだなぁのプレースマット。



並びニスト必需品の折りたたみいす。
今まで300円のやつを使ってましたが、重い&商品にぶつけたら大変。
てなわけでこれを。



せっかく愛用していたのに圧力がかからなくなりました。。。
パッキンを変えたらいいのかもしれないけど、それで直らなかったらくやしいので
買い直しです((+_+))






いつもなかなか、買い回り期間まで待てません。。。



.

防災グッズをまじめにやり直し中。

この前、辻直美先生の「子どもと自分を守るサバイバル講座」に行ってきて、
(9月の主催者の方のブログ記事はコチラ)
防災グッズを考えようとかそんな意識じゃあかんなと痛感。
グッズは助かった後に使うもの、まず生き延びないと何にもならない。
パニくるタイプなので、あってほしくはないけど、普段からああしてこうしてというのを予習しておかないと、絶対本番で何もできないですよね。。。

講座の内容をどこまで書いていいのかわからないですが
先生も開発に携わったというこの無料アプリ「みたチョ
いろんな機能がありますが、
なんと電波が届かない状態でも、携帯を向けた方向にある避難場所がわかり、
誘導してくれるのですー!
電波届かなくてもっていうのがすごい。
ダウンロード必須です!!

f0167281_118565.png


普段、持ち歩くカバンは軽くすることばかり考えていて
「まぁー1時間で帰ってくるしオムツは要らないかぁー」
「帰るまでこれも我慢しようか~」という感じでしたが
多少重くなろうとも、最低限のものは持って出ないと危ないということも気づかせられました。

グッズをあれこれ買うより、家にあるもので何とかする、あるもので作り出す
という講座だったのですが
でもとりあえずグッズを購入。
大変な状況下で、「たすけてーたすけてー」と叫び続けられないので
防災用救助笛を買いました。
人間の耳に届きやすい高音・低音2種類の音が同時に出るそうです。
池上彰さんの番組でも紹介されていたとか。


これは高音・中音・低音3音域の混合音が出て、世界のサバイバル現場でも使われる救助笛なんだとか。199円で送料も無料でした。ただ、7cmとちょっとでかいのです。
amazonにて買いました。
f0167281_16242911.jpg



ダイソーで、LEDライト2タイプを買い、
f0167281_9443417.jpg



コンパスがなぜかダイソーでもseriaでもキャンドゥでも見つからなかったので
amazonでこれも購入。144円だったかな?
f0167281_9451885.jpg



我が家の貴重品はほぼ食器。
阪神大震災の時、実家に住む高校生でしたが、やはり食器に凝る家で
そしてほぼ食器はバリバリに全滅しました(T0T)
やっすいモノだけなぜか生き残る不思議。
先生のお宅でも、モロゾフのプリンカップとヤマザキ春のパン祭りの白いお皿だけが生き残ったんだそうです。
食器を守らねば・・・
揺れると、自動で食器棚の扉がロックされる震サーキャッチ。

これ、付けるところが平らな面が必要なので一番必要な上の段につけられない(><)
↓震サーキャッチの説明書。マグネットとかないやつなら、セイフキャッチがいいんだろうけど
マグネットついてて段差のあるのはどうしたらいいのだろうか。
f0167281_11103718.jpg


下の段に付けましたが、こういうの苦手で45分かかりました。。。
2mmくらい本体と受けがズレたようで、扉が開かなくなり、反対の扉からラッチを押し込みましたが
本番大丈夫かなぁー009.gif

それと、食器棚が上下2段になっていて、上の段がぶっ飛んだら元も子もないので
家具連結シート。
ちなみにまた阪神大震災のとき、寝室の衣装ダンスがこういう昔の重い上下もので、
上半分がおもいっきり私の上に落ちてきました。
でも・・・その日に限って頭から布団をかぶって寝ていたので助かったのでした。


先生の言葉で、ほんっとにそうだなーと思ったのが
「アウトドアの食器は楽しい、紙皿は数日続くとわびしくなる」
ホントにそうですよねー!!
うちは家屋自体は一部損壊で済んだものの、
電気ガス水道止まり、川に水を汲みに行き(トイレ用)、底冷えする部屋で
冷たい食事、暗い部屋、そしていつもの食器がない。
いつものものが使えないって、じわじわストレスとなります。


思っていたより安かった防災シート。
炎天下では銀色を外側に向けると熱をシャットアウトし、
寒いときは金色を外側にして体を包むだけで、防寒効果があるというすぐれもの。
リバーシブルでなければ、100均にもあるのです!


あと非常用ロウソクなどもSeriaで買って、
まだまだやることが沢山あります。
でもこういうの、後まわしにしたらいかんですよね。。。

気持ちのいい布 ババグーリのブランケットとコトンドネネ

夏の買い物ですが・・・。
毎日使っているとーっても肌触りのいい布ものです。

まず、ババグーリの木綿のブランケット。
これ、もっとビッグサイズのを2008年に買って、今もずっと使っています。
へこたれず、肌触りがいいのは変わらずで、取り合いになるのでもう一枚買いました。
ネットでは1種類のみで、今までのサイズより小さいシングル仕様。

f0167281_15515555.jpg


手織りです。インド製。
生成りのやさしい色合い。
f0167281_1552072.jpg


ついでに買った紅茶も美味しかった!!
マカイバリのに似ています。
黒いガラスの瓶も好み(そして捨てられない)
f0167281_15521861.jpg



うってかわって、こちらは
coton de meme(コトンドメメ)のガーゼマフラー&ハンドタオル。
ガーゼのものって、いろいろありますが、わたし史上最高に気持ちがいいふっかふかのガーゼです。
もう手放せない!
f0167281_1553020.jpg


福岡で制作されているみたいで、なかなかこちらにはまわってこないのです。。。
やっと入手した数枚。
左はブルーベリー、右はくま笹で染められたハンドタオルと、
f0167281_15531166.jpg


ラベンダー染めのマフラーです。
f0167281_15532184.jpg


何で染めたかわかるメモが付いています。
f0167281_15535394.jpg

f0167281_15535872.jpg

f0167281_1554286.jpg


ほんっとに気持ち良くて、お気に入りでございます。
もともと、お孫さんができた時に「そういえば娘の時に、バスミトン作ったなぁ」とまたバスミトンをこしらえて、それがあまりにすばらしくて評判となってブランド立ち上げとなった・・・とかそんな始まりだったと思います。
f0167281_15542896.jpg


買った後に、もっと買っておけばよかったー!となった殿堂入りのガーゼです。
他にもいろいろあるらしいので、来年また買い足したいなぁ(*^_^*)
f0167281_155547.jpg


相変わらずアフリカンプリントが好きな日々。

すごーく欲しいけど見つからないアフリカンプリントの布があります・・・
ノートパソコンとCD-R柄のこれ。
MENOさんでしか見つからずSOLD OUTです。OH~(T0T)

f0167281_1513838.jpg



近しい感じで、iphone柄のパーニュをお買い上げ~
こんな風にザ・他社製品を柄にするっていうアフリカのこの感覚がやっぱりすごい。
f0167281_1571621.jpg



あと、人気のこのツバメ柄パーニュを買いました。



それとコーヒーカップ柄。junjunさんにて。
f0167281_1545733.jpg



すべて、ガウチョならぬステテコパンツに仕立てる予定です(*^_^*)!
ふくらはぎが隠れるくらいの長さにすれば若者じゃなくてもいけるはずなのです。
心のお手本・・・こちら
下にあったかいのを履いて、真冬以外はがんばりたいと思います・・・!

アイヌ伝統工芸 ニマ(木の器)を買いました

気になるなぁ~気になるなぁ~と思いながら、
食器は増やしちゃいかん・・・と買わずにいたアイヌ木彫りの器。
しかしこの前あと5日くらいしかない期間限定ポイントが突然たまっており、
買ってしまいました!
アイヌのニマ(器の総称らしい)、6寸。

f0167281_1421354.jpg


しっかり厚みがあります。
沙流川の近く?のクルミの木で
伝統文様ウロコ彫りらしい。
この写真だとてっぺんがウロコ型のラムラムノカ、
その下の葉っぱっぽいところが棘のある形のアユシノカ、
下の大きい左右対称のところが静かに曲がる形というモレウノカ という文様だそうです。
f0167281_142311.jpg


この木彫り、ただ装飾のためだけではなくて
盛った食べ物を食べて病気などにならないようにおまじない的な意味もあるそうです。
着物の刺しゅうも、袖口や襟などから悪いものが入ってこないようお守り的に刺繍がほどこされていたりとか、いろいろ意味があるらしい。
f0167281_1427526.jpg



みんげいおくむらさんにて。



かわいた食べ物だけ乗せて、丁重に扱い中です!

台湾・黄有信手工冰杓のアイスクリームディッシャー(*^_^*)

またまたHanakoの「台湾一周、民藝の旅」特集に載っていて欲しかった、
台湾は花壇にある、黄有信手工冰杓のアイスクリームディッシャー。(アイスクリームスクープと書いてあったけど、ディッシャーな気がする・・・。)
この道一筋60年の黄有信さんが日本のアイスクリームディッシャーを分解して研究し、それをもとにずっと手作りされているんだとか。
そして今シーズンで引退との記載が。ええーっ!!(@@;)
実はこのアイスクリームディッシャーは前々から欲しいと思っていたのです・・・
しかし通販などできなさそうな感じ。
↓Hanakoのページです

f0167281_15151977.jpg


そして台湾トランスさんで購入代行をお願いしました。
実際に、黄有信手工冰杓は電話注文での郵送などはされていなく、細かいサイズの話なども電話では難しそうでした。
さらに黄さんはご高齢なので、昼寝の時間なども必要で事前連絡して工房を訪ねなければいけないという、外国人旅行者にはかなりハードルの高い買い物だったのです。
本当にお世話になりました。
台風が来る前にとお願いした翌日には台北近くの新北市から、台中よりさらに南の花壇まで行ってくださったのでした。
黄さんには跡継ぎもいらっしゃらないらしく(息子さんはディッシャーはやらないらしい)、本当に今手に入れることができて良かったです
f0167281_1519479.jpg


直径によってサイズ分けされていて、その時は5種類あったとのこと。
入手したのは直径4.3cmのもの1つと、4.8cmのもの2つです!
小さめアイスボールを違う味で器に入れたかったので、このサイズがちょうど良さげ(^O^)
f0167281_15195629.jpg

f0167281_15214554.jpg

f0167281_1522463.jpg


軽くカシャカシャとする感じではなくて、
しっかり握ってガッシャンと手をはなす感じで使います。
固いアイスをすくうときも、全くしならず心強いすくいっぷり。
f0167281_15221810.jpg


で、バニラとチョコをさっそく盛り付けてみました。
うふふ。
f0167281_15231092.jpg

f0167281_15232858.jpg

f0167281_1523371.jpg


購入前、台湾の方?のこちらのページで来訪記が美しい写真と共に掲載されていて、
ますます欲しくなりました。
この方のブログで使用上の注意っぽい
黄師傳説:「銅杓不會生鏽、也不容易生細菌、只要細砂紙抛光跟熱水清洗這兩個訣竅、就可長久使用」と書かれており、
漢字を眺めて心の目で見ても結局よくわからず訳していただくと
「黄先生によると、真鍮のアイスクリームディッシャーはさびが付きにくいので、細菌もつきにくいです。目の細かい紙やすりでお湯で洗うことで、長く使用することができます」
ということだそうです。よーしそうしよう(^O^)9
個人で使うなら一生使えるようなので、大切に使い続けていきたいです!

台湾でもこの丁寧な手仕事のアイスクリームディッシャーは脚光を浴び、雑誌「好吃」の16号に掲載されていたようです。
f0167281_11332974.jpg

f0167281_11333483.jpg

裏表紙。
f0167281_1818241.jpg



遙遠的冰果室という本でもこのディッシャーがおススメされていました。
何ページにもわたって大特集。
台湾で現役の最老、最後の手作りアイスクリームディッシャー職人みたいに書いてあります。
f0167281_11371259.jpg

f0167281_14463043.jpg

本で紹介されている全国のおいしいアイスクリーム屋さんも訪ねてみたい。
f0167281_1447410.jpg



ちなみに、日本製のアイスクリームディッシャーでいけてるのはないのか??
7月30日放送の和風総本家「東京老舗を支える職人たち」で、
千疋屋総本店の方がなくてはならないものと紹介されていたアイスクリームディッシャーは
新潟県燕市の霜鳥製作所で作った部品と三宝産業で作った部品を合わせて、
最後は手で微調整して作られていました。
日本のシェア80%だったかな?結構手に入りやすいみたいです。
「三宝産業 アイスクリームディッシャー」とかで検索すると色々でてきました。

アイスクリームディッシャーは台湾のいいのを買えたので、
ミートボールを作るのにいい極小ディッシャーを購入。
直径約3cm、8ccのこちら。

わたしの作るミートボールはゆるいのでカッチリ球形にはなりませんが、
お菓子を作る人はこの大きさが重宝するようで、このアイスクリームディッシャーで生地をすくって
それをのばすと均一な大きさのクッキーなどが作れるんだそう。
つみれなどにもいいですね~~
今まで逐一手でとって不揃いな大きさのをチマチマ作っていたんですが、
これだと手も汚れないしとっても早くできる~!便利です。

日台アイスクリームディッシャー特集でした(^o^)