カテゴリ:国内旅行( 13 )


子連れ伊豆大島、冬の一泊旅行(^O^) 2016.12.25-26

2016年冬、伊豆大島に一泊旅行に行ってきました。
お土産記録は⇒★コチラ★

2017年3月末まで、伊豆大島復興応援ツアーが開催されており、
船で行って現地で1泊すると一人6,000円、2泊すると9,000円割引になるというありがたい制度でした。

島旅、というだけでテンション2割増しで上がります!!
汐留からゆりかもめで一駅の竹芝へ。竹芝客船ターミナル着きました~
f0167281_15083165.jpg

トラベルロードで、チケット引き換え証をもらっていたのでそれを乗船券に替えます。
幼児は膝に乗せたら無料なので、1時間半だし船内ぷらぷらしたらいいやー、とジェット船をフェリーみたいに考えていたのが甘かった、、、がこの時は知る由もなし。
f0167281_15133394.jpg

売店、他で見かけなかったカルビーの匠海気になる~。美味しいんだろうなぁ
f0167281_15142472.jpg


定刻の10分前くらいに乗船アナウンスがあり、乗り込みまーす
f0167281_15135287.jpg

子どもを抱いて我慢の子。
ジェット船はフェリーというより、飛行機に近い乗り物なんでした。
発着時しばらくはシートベルトをしてトイレにも行けないし、くじらなどと衝突の可能性のあるエリアも要着席。
そんなに窓の外の景色を楽しむ、とかましてや甲板に出るとかそういう感じじゃなかったなぁ。。。
シートベルトをしてひたすら座っています。。。
f0167281_15272732.jpg

船内誌でTOKYO ISLANDS CAFEの存在を知りました。後日行こうと決意。
f0167281_15291342.jpg


着きましたー、大島。
大島には元町港、岡田港、波浮港などあるのですが東京から出発した船がどの港に着くかは、天候によりその日の朝に決定しているんだそうです。
予想のサイトはあるみたいですが⇒ココ 、基本元町港だと思っていたら岡田港の日もかなり多いようで。。。
運良く私たちが行った日は元町港(岡田港より栄えてる)で、予定通り観光することができました。

食事処のオープンまで15分くらいあったので、少しの時間も無駄にすまいと大島郵便局へ。
元町の大島郵便局は本局なので、土曜日でも9-17時、日曜でも9-12時半オープンしています。
11時に予約した寿し光の前を通過し、そのまま坂を上ると郵便局がありましたー。
すでに文や住所は書いてあったので、3枚ハガキを持って行って「風景印をお願いします」と窓口の方にお願いしました。

あんこさん(お姉さんとか、年上の女性の意味)が椿と共に。ステキな風景印♪
f0167281_15254298.jpg

寿し光に予約していた11時に到着。広々したお店に一番乗り。
でもやっぱり予約しておいてよかったです、しばらくすると次々とお客さんが来ていました。
子どもにも親切にしていただいて良かったー!お座敷なのも、ありがたいです。(テーブル席もあると思う)
f0167281_15293767.jpg

メニュー。伊豆大島独特のメニューがたくさん。
伊豆大島と言えばなんといっても「べっこう寿司」「くさや」「明日葉」が有名かな?
べっこう寿司というのは、青唐辛子入りの醤油=べっこう醤油で漬けにした魚でにぎりにしてあるお寿司です。
f0167281_15301025.jpg
f0167281_15302169.jpg
f0167281_15303343.jpg
f0167281_15304494.jpg
f0167281_15305577.jpg

いろいろ気になるんですが、、、まずはオーソドックスに島づくし。
べっこう刺身、べっこうじゃない地魚のお刺身、島豆腐サラダ、小海老と明日葉のかき揚げ、明日葉おひたしなど
島料理がたくさん食べられる旅人にうれしいセットです!
f0167281_15334900.jpg

島にぎりも。べっこう醤油が子どもには無理かなと思い注文。
しかし、通常のお寿司にはわさびが入っていたのでした。聞き忘れた、しまったー
f0167281_15341486.jpg
ベリーAジュース美味しい!
赤ワインの原料のぶどう果汁100%です
f0167281_15342596.jpg

そしてこれはチャレンジの一品、くさやピザ。
臭豆腐も加熱したら食べられるし、これもなんとかいけるかな?と思ったのです。
確かに独特のにおいはありますが、塩気とうまみが強くておいしいです!子どもでもいけましたー。
これ絶対、ワインと合うやつ。。。
f0167281_15352298.jpg

満ち足りてお店を後に。この時点で、12時15分。
本当は12時15分元町港発のバスに乗りたいと思っていたけど無理だった~

そしてあんここけし椿油を作っている阿部虎製油所の直売所、あべとらへ。
椿油以外にも、お土産など販売されていて、ひなびた感じが「ここには何かある!!」とアンテナ立ちましたが、買い物興味なしの相方のオーラを察知しこけし瓶のみ購入。
何かお得だと思って大きい方を買ったけど、ずんぐりむっくり?な30mlのもかわいかったかも。
f0167281_15163343.jpg

そこから海市場(写真左手の建物)経由して、港のバス停へ。
海市場では青唐辛子入りいかの塩辛など買いました。
f0167281_15355777.jpg

13時のバスまであと10分ほどあったので、旭売店や阿部森売店などダッシュでチェック。
バスで大島公園へ向かいます!島の上半周をぐるっと見て回れる感じで楽しい。
空港や、天気が悪い日にはここから就航する岡田港など眺め、30分ちょっとで終点の国立大島公園に到着。
f0167281_15182418.jpg
宿泊は大島公園から車で15分ほどの大島温泉ホテルを予約していました。
タクシーを売店で呼んでもらっていこうかと思っていましたが、その相談を聞いていたバスの運転手さんが
「ここまで配車してもらったらそれだけで迎車料金2千はかかると思うし、それからホテルだと4千くらいになるのでは?」
「だったら、また元町港までバスで戻って、元町港にホテルの送迎車に来てもらった方がいいですよ」
「ホテルに送迎車の空きがあるか今すぐ電話してみてください」
とても親切にしていただきました。。。
そして電話すると、15:45元町港発のバスに乗せてもらえることに。


大島公園は無料でありながら、椿園に資料館、動物園などが広大な敷地の中にあります。
動物のエサは、入園前に入り口近くにある売店で買います。
この武田売店、椿油ものが結構揃っていて、生の椿油など買いました。
f0167281_15192488.jpg

まず最初に見えてきたのはワオキツネザル。
走り方がユーモラスなあれです。
f0167281_15380172.jpg

ロバや豚にエサをあげます~
ふれあい広場も鳥のところも、全体的に人が少ない!掃除は行き届いていてきれいです。
日曜なのに、ゆーったり過ごせました。
椿資料館がトイレも美しくおすすめです。
f0167281_15422049.jpg


椿トンネルは車窓より見学。大島公園の隣のバス停です。
f0167281_15203028.jpg


元町港に到着。20分前に着いたので時間をつぶします。
向こうに富士山が見える~などと、写真を撮ったり船客待合所内の売店チェックしたり。
そして、集合場所の港の桟橋に行ってみると誰もいない。。。
嫌な予感がして電話してみると、「1530に出発しましたー」ええっ!!Σ(@_@;)
事情を説明すると、またバスを回してくれるけれども、16時過ぎるとのこと。
案内所などあたたかいところで時間をつぶしておいてくださいと言われ行くと、
まったく同様の目に遭った男性がたたずんでいました。。。
f0167281_15222616.jpg

何はともあれ、無事にホテル到着。
船客待合所でも、ホテルでも、椿の実がもらえたりします。
f0167281_15225534.jpg

18時からは椿オイルフォンデュの夕食。
元々のメニューは野菜が多かったので、アップグレード(プラス800円)をチェックイン時にお願いしました。
行ってみると、2人席だったので子ども椅子を2客探してセットしないといけませんでした。
このツアー、ネットで申し込むときに船は幼児(無料)にすると、ホテルでの食事はプラスするとか布団プラスがエラーになってしまい、完全大人二人料金で申し込むほかなかったのでそうなったのかもー

オイルフォンデュは美味しかったんですが、子ども2人がごてたり、トイレ行きたがったり色々あって楽しめず。。。
火加減調整を怠ると、あちこちのテーブルでジョワー!!と出火直前な様相になってました。
ホテルの人も少なくててんてこ舞い。
とにかく子連れにはきつい食事だった。。。
f0167281_15442081.jpg
あしたばジュース美味しかったです。
f0167281_15445192.jpg
それから大浴場へ。
それまで、いろいろ設備が古くて(たとえばトイレタンクの上に年期の入った造花があったり、レトロではがれかけの壁紙だったりで神経質なチビーラはこわがっていた・・・)、子どもには合わなかったかなーという気持ちもありましたが、
露天風呂からは東京ではありえない星いっぱいの夜空を見ることができて、良かったです!
なぜこちらのホテルにしたかというと、島で唯一、三原山を望む源泉かけ流し温泉があるからでした。
夜で山は見えなかった(^^;)けど、星空は本当に良かったー。

ちなみに布団は普通サイズよりなんか小さいような??
布団2セットに大人2人子ども2人で、「気を付け」ポーズでも肩がはみ出る。。。
なかなか寝ることができず一晩過ごしました。。。


昨夜見ることができなかった三原山は朝食会場から見ることができました。
朝ごはんは豪華じゃないけど、島の素材がいろいろあり、
大島牛乳がカフェオレにしてもすごくおいしいのにビックリ!
f0167281_15240334.jpg

10時ホテル発のバスに乗り、元町港へ。
運転手さんが港への道すがら、大島の案内をしてくださりました。
こんな細くて急な道、バスじゃなくても怖いなぁ・・・というところに差し掛かった時、
2013年の土砂災害の爪痕がしっかり残っていたのでした。
みんなに注意を呼び掛けて家をまわっていた先生が流されてしまいまだ見つからないけど、絶対あきらめないで探している、とか
この辺りにはホテルがあったんですよ、と説明されるのですが
3年経っても、まだこの程度の復旧なんだというのが正直な感想でした。
阪神大震災の時は、やっぱり都会だったから急ピッチでいろんなものが復旧されたんだな、
こんな山の上から港の方にまで土砂が流れて行ったら、本当にひとたまりもないな、などいろいろ考えました。


元町港には10時半には着き、
当日の朝9時半に電話して予約しておいた島島弁当を船客待合所2階のイズチシ丸食堂で受け取りました。
f0167281_15242383.jpg


今日も、船の向こうに富士山が見えます。さようなら伊豆大島~~
f0167281_15250806.jpg

この後、船に乗って10分くらいでチビクマルが何度も吐きました。。。
たしかに海はしけていたけれども、そこまで揺れていなかったような??
子連れの船旅は、こういうこともあるんでした。


ちょっとハードだったりもしましたが、それでも行けてよかった、大島旅行でした。









子連れ沖縄旅行2016!ガンガラーの谷など南部の月曜日(祝日) 7/18

翌日の早朝に那覇を去るので、観光できる最終日。
本日の予定は~
★カフェくるくま 11:30に予約済み

★ガンガラーの谷 ツアーは13:40

おむかいはおきなわワールド と、比較的余裕のあるスケジュール。

タクシーで南城市のカフェくるくまへ向かいます!結構距離ありました。

ところで、沖縄の街を眺めているとときどき見かける、
キレイな透かし模様の壁の建物。
「あーあれいいなぁ!」など言っていると、運転手さん曰く「あれは花ブロックって言うんだよー。一度廃れたけど、最近また見直されてきたよ」とのことでした。
いいなぁ花ブロック!
車窓からなのであまりちゃんと撮れてませんがいろいろあります。

f0167281_14202810.jpg

f0167281_14174814.jpg


こちら、DEEokinawaさんの花ブロックコレクションキャプチャ画像ですが、
これですよこれ!これに近いのを見かけて、すっごく興奮。
めっちゃ美しいですよねー。こんなマンションに住みたい。
f0167281_14192793.jpg


さて、向かっているカフェくるくまは絶景レストランとして有名なところ。
どんどん人里離れた様子になってきました。
一にも二にも景色が楽しみなんですが、
どんどん雨雲が、、、そしてどしゃ降り(>_<)
カフェの駐車場に車を停めてもらったにもかかわらず、お店に入るまでにずぶ濡れです。
到着すると、11時半で7組待ちで人でごった返していましたが、
予約していたので無事すぐに通されました!
お店の黒板を見ると、予約していたのは6組でした。あまりたくさん受け付けないのか、みんなが予約せずやってくるのか・・・?
どんよりした窓の外を眺めていると、ん・・・?晴れてきたよ!
f0167281_1430843.jpg


お店はタイ料理が有名なんですが、何となくチキン・ポーク・ビーフの3種カレーとガイヤーンのセット、トンとろ焼など注文。
美味しかったんだけど、久しぶりの小麦粉たっぷりカレーで完食できず。。。
f0167281_1432525.jpg

f0167281_14333259.jpg

びっくりしたのは、こんな辺鄙な、ツアーでは来れないレストランに
外国人いっぱいだったこと。。。どうやってるんだろう??
リサーチ力すごすぎ!

このお店、ご飯は店内で、外のテラス席は飲み物など注文したカフェ利用者が使うようになっていて、食事後飲み物を注文したらそちらに移れると聞いていました。
そうするつもりだったんですが、木の椅子はどしゃ降りで水溜まってるし、
信じられないくらい暑かったので散歩だけすることに(散歩できるくらいのお庭があるのです)
あーいい景色!!
f0167281_14395916.jpg


揺れないブランコ。
f0167281_14401190.jpg


すっごく美しい景色だけど、長居はできない強烈な日差しでした。
f0167281_14411152.jpg


流しのタクシーなんて金輪際来ない場所だったので、13時にお迎えに来てもらい
ガンガラーの谷へ。
おきなわワールドだね、と言われ、いえお向かいのガンガラーの谷です・・・と言うも
話がかみ合わずおきなわワールドで降ろされる(^^;)
まぁいいやとテクテク歩き、集合場所のケイブカフェへ。
f0167281_1445646.jpg

もっと静かで神秘的な感じかと思っていたけど、人いっぱいでそうでもなかったです。
オリジナルグッズの港川人(沖縄南部で発掘された原始人)うちわが気になりましたがガマン。

ベビーカーを受付で預け、虫よけを塗り、20人くらいのグループで出発。
蝶やナナフシなどの虫に、巨木など自然いっぱいです。
f0167281_1455729.jpg

f0167281_14551614.jpg

この勾配ジャングルをずっとチビクマル抱っこ・・・きつい( ;∀;)
さらに早々にチビーラが「だっこー。もう歩けない。足痛い、腰痛い」と言い出し夫婦で額にタテ線入ってました。
滑りやすい真っ暗な鍾乳洞は、ランプを手に持ち歩きます。
f0167281_14585512.jpg


大主(ウフシュ)ガジュマル。
このいっぱいダラーンと下がっている枝みたいなものが地面につくと、
それが絡まりあい、束になって大木になっていくそうです。
もう何百年も生きているガジュマルです。
f0167281_1503287.jpg


ツリーテラスからの景色。もっほー。
やっぱり木の勢いが、本州とは違うなぁー
f0167281_1563847.jpg


ケイブカフェに戻って、風化サンゴを使った沖縄ブランドの35 coffeeと
シークァサーシャーベット。
f0167281_1510816.jpg

f0167281_15102222.jpg


疲れているのでこのまま帰ろうかとも思いましたが、
一応お向かいのおきなわワールドへ。
無料で入れるコーナーのエイサーを観て帰ることにしました。
撮影禁止なので写真はないですが、チビ達喜んでいたので良かったですー。
南都酒造所の琉球ハブボール(ハブエキス入り!)を買い、
チビーラたっての希望でみんなで白蛇首に巻いて記念撮影し(チビクマルは泣き顔)、
お土産専門店街をぷらぷら。
サンゴ焙煎珈琲×泡盛の35リキュール泡盛珈琲が買いたかったけど、
かなり重くてかさばるのであきらめー。
f0167281_151736.jpg

おきなわワールド前で待機しているタクシーに乗り込み
帰ってきました。

晩ご飯は何も考えてなかったんですが
お座敷で近くにあるところに行こうということで
とぅばらーまへ。
2階は島唄ライブが聴けてチャージがかかり、
1階は普通にレストランです。
2階は満席だったので1階に。
天然もずくが美味しかったし、どれも普通においしかったし、
食べログ評価はあまり高くないけど、ファミリーには良かったです。
初日のゆうなんぎい程コスパは高くないけど、価格設定は大阪くらいな感じかなー。
ザ・国際通りだし、全然いいと思いますー。
あ、たばこの煙だけ少し気になるかも。。。

その後は荷物つめつめ、何とか帰ってまいりました。

那覇空港で気になったこれ。
搭乗口すぐ横の売店で、沖縄・宮古・八重山そばの生麺が。
かなり気になったけど~、、出汁が沖縄風に作れないのでやめときました。
f0167281_15293795.jpg


ANAはいつもおもちゃをくれるからありがたいなぁ
f0167281_1527191.jpg



なかなかハードだったけど、、、
のど元過ぎればまた行きたい沖縄なのでした(#^^#)






.

子連れ沖縄旅行2016!古宇利島など巡る北部バスツアーの日曜日 7/17

子連れで沖縄なら多分外すことのできない、沖縄美ら海水族館
ここに那覇から自力で往復すると、かなりの金額になります。
でもバスツアーなら、水族館の大人の入場料1,850円に琉球村の入場料1,200円混みで4,900円!
圧倒的に安いので、バスツアーに参加することにしました。→こちらのツアー
プランは
●08:50集合【09:00発】
 おもろまちTギャラリア(洋服の青山向かい側)前
●10:20着 古宇利島(約20分)
●11:30着 沖縄美ら海水族館(約150分)
●15:00着 御菓子御殿 恩納店(約30分)
●15:40着 万座毛(約15分)
●16:25着 琉球村(約60分)
●18:25着 おもろまちTギャラリア前
です。

そしておもろまちTギャラリアに到着し、バスに乗り込むもなかなか出発しない。。。
遅刻者続出なのであります。
バスツアー、なんと半分以上が外国人で、私たちが乗った時は中国か韓国のお客さん。
そして、遅れてきても日本人みたいにすまなさそうな態度でないので、
イラチの私としては堪忍袋が7割たまってましたが、
バスガイドさんがそれぞれに英語・中国語・韓国語で書かれた注意書きとともに、あまりにも遅れたら置いていくよ!時間厳守だよ!と説明していたので落ち着きました。

まずは今帰仁村の古宇利島へ!!橋で続いているので車で行ける島で、
海の透明度がかなり素晴らしいんだとか。

f0167281_114329.jpg

屋我地島を経由し、サトウキビ畑を越えると、、、
海が見えてきたー!!橋の両側が海です!
f0167281_118538.jpg


上陸!20分しかいられないので、ダッシュです。
日本人向けと外国人向けに、5分違いの出発時間が示されます(^^;)
ガイドさん、私以上に英語ができず、
「ぷりーず、るっきんぐ、くろっく!」と時刻盤を掲げて叫びます。
すっごく一生懸命でかわいい方なんです。そして動詞はすべてing形で、
思わず、「アハハッ!!」と笑って相方に叩かれる・・・
古宇利島、すごく暑かったけど、もっといたかったなぁ。。。
ハートロックで有名なようですが記憶にございません。
f0167281_11354476.jpg

f0167281_1193638.jpg

f0167281_1194369.jpg


残り数分、必死でブルーシールアイスを買う。
もちろん関西や東京でも買えることもあるけど、紅芋とか決まったフレーバーしかないですが
ここだと種類豊富。
ブラッドオレンジ、キウイ、バナナのトロピカルマーブルと
サンフランシスコミントチョコ、塩ちんすこう(沖縄版バニラ&クッキーらしい!)
f0167281_1119535.jpg

琉球ロイヤルミルクティーとか、沖縄田芋チーズケーキ、沖縄県産アテモヤ&アセロラなど他にも食べてみたいフレーバーが多すぎる!!

何だっけ?途中の撮影スポット・・・
f0167281_11322129.jpg


そしてバスは美ら海水族館へ。
日曜日なので当然混んでいるのが予想されます。
ご飯を食べられる場所がいくつか水族館周りにもあるので説明を受け、
昼食を各自とって2時間半後に集合です。
水族館の水槽前のカフェは当然満席だったので、あきらめー。
イルカショーの近くにある軽食コーナーで席とご飯にありつけました。
チビーラは魚も見えるしまあまあ楽しんでいたけど、
チビクマルはベビーカーからじゃ何も見えないし人が多いし暑いしで、よくゴテていました。
f0167281_11332387.jpg


やはり若干遅れてバスは出発、御菓子御殿 恩納店で休憩したあと
すぐに万座毛へ到着です。
め、めちゃくちゃ暑い。。。
そして近くの草が結構危ないと注意を受けたので、気を付けて歩きます。
f0167281_1139778.jpg

ここでもまた、というか毎回だけど遅刻者が・・・
チンタラ歩いてくる遅刻者にガイドさんが
「はりーあっぷ!らんにんぐ!( `ー´)ノ」

でも、バスツアーで良かったです。
効率よく、安く廻れるのももちろんですが、
島唄やオリオンビールのCMソングを歌ってくださったり、三線をひいてくれたり、
いろんな沖縄情報を教えてもらえるのが楽しい。
たとえば・・・
離島の小学生は、沖縄本島に修学旅行で来るけれども
みんなが盛り上がるのはなんとトンネル。
山がないから当然トンネルもないので、本当でバスがトンネル通過中は
みんな大はしゃぎで記念撮影してるんだそうです。
とか、
沖縄名産の黒糖は、できるだけ小さな島で作られているのがいいものです。
その方が海から吹くミネラルたっぷりの風の影響を受けるから
波照間島か、多良間島のがおススメです。
とか、水族館の半券は捨てないで、国際通りの美ら海水族館アンテナショップで外れなしのくじが引ける、といった耳より情報まで。

琉球村に着きました~
琉球建築の古民家を移設して、いろいろ体験できるようになっています。
古民家の多くは国登録有形文化財だったりします。
水牛と写真を撮ったり、お茶したり、ヤギミルク飲んだり、家を見たり
f0167281_11571016.jpg

琉球舞踊を見たり。
f0167281_11594751.jpg

最後だけ時間通りに出発できました!

そして、おもろまちTギャラリアか、牧志公園か、パレットくもじ3か所の
好きな場所で下車してよいということで
思ったより早く着きそうだったので、県庁前のパレットくもじにしました。
パレットくもじの地下1階は、リウボウ食品館。
沖縄食材を探してみると、波照間島と多良間島の黒糖はじめ
琉Qのコーレーグースと琉球ガラス瓶 、山猫のやちむんときび砂糖、
東村の塩パインバター、一通りそろっていました!
買えないけど島豆腐のコーナーなど興味深く見てしまう。

そこから国際通りに入ると、
わしたショップ本店とその2階が美ら海水族館アンテナショップ!
アンテナショップは、すごく空いていて水族館でお土産買えなくてもここでじっくり選んで買えるし、くじ引きもできるし、あとチンアナゴや毒のあるカサゴなど水槽も独り占めして眺められましたー!
f0167281_1285392.jpg


さあ、目指すは晩ご飯の浮島ガーデン
古民家で、ビーガン沖縄料理。どんなんだろうワクワク。
f0167281_12123242.jpg

予約時に、子ども2人とお伝えしていたので座敷席でした。
畳のお部屋だと琉球畳敷でこれまたいい感じ。
f0167281_12124139.jpg


例によってチビがゴテていたので、メニューの写真撮れず
ちゃんとしたメニュー名が思い出せませんが
沖縄野菜の前菜(たぶん島野菜のバーニャカウダ)に伊平屋島の天然もずく
f0167281_12151651.jpg


この赤い寒天寄せみたいなのはビーツだったか?トマトだったか?
f0167281_12215834.jpg


ゴーヤの琉球ドルマ。
f0167281_12234330.jpg


トルコのチャイグラスの受け皿に、オリーブオイルが。
この使い方いいなぁ
f0167281_12291630.jpg


多分、マージン(もちきび)と島カボチャのポタージュです。
f0167281_12325316.jpg


やんばるキノコのトマトクリームパスタだろうか??
f0167281_12391164.jpg


チビ達のために、おにぎりも握っていただきました。うれしい。
f0167281_12403061.jpg


そして、名物ベジタコライス!!
島豆腐と雑穀でひき肉風に仕上げてあり、
肉の味じゃないけどパンチがあって満足できます。
というか、お野菜系でここに至るまでにけっこうお腹いっぱい
f0167281_12445154.jpg


もうかなり苦しいけど、無農薬田芋を使ったドゥルワカシー包み揚げ
じゅーしーと、田芋素揚げだったか?もついています。
f0167281_1247238.jpg


やっとデザート!
デザートは、飲み物にも変更できます。
f0167281_1251537.jpg


どれもこれも美味しいし意外にお腹にたまるので、
腹ペコで行かねばなりませんここは!
座敷席にしていただいてたし、他にも子どもいっぱいでしたが
一日の疲れでチビ2人のゴテ対応に四苦八苦したから
大人のエゴだけど落ち着いて味わいたかったなー


ホテルに戻ってお風呂に入れたらまた洗濯。
翌日は南部を巡ります。つづくぅ!






.

子連れ沖縄旅行2016!読谷村など中部を巡る土曜日(^^) 7/16

夫婦ともに免許がない我が家。
この日は昼から、らくらくタクシーのフリープランを予約しており、
それまでは公設市場周辺を散策することに。

f0167281_14551056.jpg


10時ごろお店がオープンするのですが、
8時くらいに食べた朝食でお腹いっぱい。
朝からゴーヤチャンプルーとか沖縄料理を堪能したので、
わざわざまた、食堂に行かなくてもいいかなぁと予定変更しました。
(もともとは、牧志公設市場2階のがんじゅう堂に行こうかと思ってました)

沖縄の鮮やかな魚や夜光貝、ハリセンボンなど見て回る。
市場の食材を買って2階で調理してもらう、「持ち上げ」も一度やってみたい。
f0167281_14573887.jpg

f0167281_14574624.jpg


琉球醤油屋で調味料を買ったり、
KAISOUで琉球グラスのコーレーグース入れ?に心惹かれたり~でも今からガラスの工房行くからと買わず→結局こっちのほうが良くてまた夜に出直して買いました。。。

「あー!懐かしい!さとうきびジュース飲みたい!」と相方。
さとうきびの店 寿さんの前で立ち止まる。
f0167281_14544657.jpg

大きい方350円を買いましたー。
おいしっ。
f0167281_14581830.jpg

このさとうきびジュース屋さんのお向かいの乾物屋さんでも魅惑のひじきなどあり、買いました。

那覇まちの沖縄風結納屋さんで、今度は私が立ち止まる。
おもしろーい!!
熨斗袋とかも紅型風のカラフルなもので、御結婚祝などに交じり、カジマヤー祝なんてものが。97歳のお祝いだそうです。
何かの飾りに使う用なのかな?紅型柄の折り紙的なものを買ってみました。

サーターアンダギーを買って、12時の待ち合わせ場所に行こうということで
まず平和通りの案内所、ゆっくるでおむつ替え。
そしておススメのサーターアンダギー屋さんありますか?と、
多分「どこも美味しいですよ」的な返事が来るだろうと思いつつ聞いてみたら
「市場2階の歩さんはおいしいので評判ですよ、あと松原屋製菓さんもいろんな味があって人気です。すぐそこですし」と教えてもらえました!

そして両方行ってみました。
「歩のサーターアンダギー」こちらは、1種類のみで勝負です。
f0167281_15173791.jpg


「松原屋製菓」確かにさーたーあんだぎーの種類が多い!
プレーン、黒糖、ごま、キャラメル、かぼちゃ、
マンゴー、紅芋、パイナップル、バナナ。
あとクルミだったかが品切れで、9種類1つずつ買ってみました。
f0167281_1522946.jpg

懐かしいバタークリームのお菓子や沖縄独特の
ムーチー、ポーポー、ナントゥー餅なども沢山並んでいます。
f0167281_15241459.jpg


実際食べてみて、松原屋製菓のはバナナやキャラメルなど
わかりやすく味の変化があるのがおいしく感じました。
昔から食べたことのある、サーターアンダギーの味といった感じ。
歩さんのは全然別もので、食感がまずしっとり!
全体がなじんだ感じで、繊細さのあるおいしさでしたー。


沖東通りのバンボシュ(焼肉屋さん)へ向かいます。
ここが待ち合わせ場所なんですが、おっとその前にドン・キホーテへ。
単に飲み物を買うつもりだったけど、ここ、沖縄土産にぴったりの食べ物飲み物がそろってます!
わーいやったー。
ミキと黒糖玄米ゲット~
f0167281_15304539.jpg


出迎えてくれた運転手さんは、女性の方。
お母さんでもあって、チビ達にも優しく、いろいろ気遣っていただいて感謝!!
事前に詳細なプランはメールし、その後営業部の方と電話で詰め合わせもしていました。

まずは宜野湾市のD&DEPARTMENT OKINAWAへ!!
こちら、ビルの2階にあるのですが(1階も雑貨屋さん)、同じ2階お隣にCAFE UNIZONというカフェ兼ショップもあって、そこもいい感じです。
f0167281_1055993.jpg

16日に伺って、ちょうど14日から「NIPPON VISION MARKET 井口工房の定番」が始まったところ。
沖縄の作家さんなのに、人気でこのお店でも普段品薄で、この個展にあわせてたっくさん作ってもらったそうで、こんなに充実していたことはかつてないと店員さん。
やちむんなんですが、そんなにぽってりしてなくて、薄めの作り。
柄もモダンで、釉薬もつるっとしていてとても使いやすそう!
↓お店のfacebookより写真いただいています
f0167281_1094968.jpg

右下に写っているO紋のお皿が素敵で、それと箸置き、
あと食べ物など買いました~
オリオンビールのパッケージから作られたグッズとか、沖縄ものがいろいろ。
ネットでは売り切れだった 琉Q(ルキュー)のコーレーグースと琉球ガラス瓶セットもありました
f0167281_1016098.jpg

ただ、実際見てみるとちょっと大きいかな?と思い
やめておきました。

読谷村の陶器工房壹に向かいます。
途中、米軍基地を多々通り、賛成派と反対派の両方の意見、
物理的に建物の説明、そして基地の地権者の人は中に畑があったりして
あれが基地の中の畑ですよーとかそんな驚きの事実も知れてすごく良かった。。。
もし免許持っててレンタカーだったら、沖縄の人とそんなに話し込むような機会ってないけど、こうして話してもらえ、質問に答えてもらえ、いい機会でした!!
で、畑の中、ぽつんとある陶器工房壹に着きました!
f0167281_10224160.jpg

大好きなmintamaシリーズ、朱色、黒、コバルトブルーは知っていたけど
ベージュのような色合いのものがあってそのマカイを2サイズ買いました。
何色なんですか?とお聞きすると
「灰透明って、内輪では呼んでます」とのことでした。
ここから見える海がものすごくキレイ!!
自然の影響で、沖縄は西側に砂浜ができて美しいビーチが多いらしい。
知らなかったー多分基本情報だけど・・・
最初は、読谷村の渡具知ビーチでパシャパシャしようと思っていたんだけれども
シャワーや更衣室の設備がないので、やめたんでした。
「それに海なんて16時にならないと暑くて入れないですよ!!」とのこと。
沖縄に来る直前のヨルナンデスで、ナガンヌ島の映像がめちゃ美しく、
プランに組み入れたかったけどツアーが5時間かかるのであきらめた、と言うと
「もちろんキレイだけど、日陰を探すのも大変ですからねぇ・・・。赤ちゃん連れにはきついかなー」なるほど。。。

次はガラス日月さんへ。
ここもまた、アドベンチャーな場所にありました。
グリーンやブルーの箸置きが買いたかったけれども、直前に売れてしまったそうで
注文や通販はできず、自分の行ける範囲で個展をするギャラリーがあれば、そこに入荷内容を問い合わせるしかないとのこと。
「えーっそんな話あるの?!」と運転手さんが純粋に驚いてはりました。
f0167281_1031442.jpg

さあ、道の駅、恩納の駅へ向かいます!
途中、ガラス工房 清天を通りました。こっちに来ても良かったなぁ。。。

で、おんなの駅ではいろんな店が並んでいますが
琉冰という店に向かいます。目指すはトロピカルマウンテン!!
並んでるぜー
f0167281_10481649.jpg

でも10分くらいでGET!
マンゴーとパッションフルーツあいがけなのです。
f0167281_10491468.jpg

あと別のお店で、ヒラヤーチー6カットと沖縄かまぼこ(野菜揚げ)も買いましたが
これで190円って安いっ!
f0167281_1050867.jpg

もうガンガンに暑い日で、オープンエアーなので上から冷たいミストが降ってくる設定なんですが、それでも暑い~
まぁ、かき氷食べる時はそうじゃなくちゃね!!
f0167281_10541619.jpg

ここは数少ないおむつ替えスポットなので、プランに組み入れておいてよかったです。

それからギャラリーはらいそへ。
ここ、うるま市のクラフトを発信されているギャラリーです。
今回断念した、海中道路の先にある宮城島の陶房Gallery島色さんの島袋克史さんの器など展示されています。(その器でかき氷とかもされててめちゃ魅惑的だったんですが!!)
さらに、秋元ナナさんの個展「七夕、星のうつわ展」もされていました!
伊計島の夜空をモチーフにした星砂シリーズがお披露目ということでワクワク到着、
外人住宅をリノベーションしたギャラリー、佇まいにノックオン。
f0167281_1101966.jpg

f0167281_1102895.jpg

あちこち写真を撮りましたー
そして個展もだし、常設の作品もすてきでしたー!
同じ住宅地にはカフェもあったり、謎のオブジェみたいな建造物は
「あれ、今時珍しい大きなお墓ですよ!」と運転手さん。
かっこいい場所でしたー。

宇堅(うけん)ビーチに予定通り16時到着。
17時10分に出発すれば、次の目的地に18時に着けるとのことで
それまでビーチに!
しかし、思い切り海を満喫したかったらしい相方は
クラゲ除けの囲いの中でしか泳げないと知り渋い顔。。。
f0167281_1173547.jpg

もーチビーラと二人で勝手に行ってきて。と言われ
チビーラとビーチコーミング。
この辺確かにハブクラゲがいっぱいみたいで、「刺されたー!」という叫び声が聞こえたそう。
サンゴを拾ったり、ひたすらチビーラのおままごとにお付き合い。
ビーチじゃなくてもできるけどね・・・(^^;)
更衣室も台とか無く、バッグをかけたり置く場所ないので
結構汚い状態を覚悟しなければなりません。
最後、バトンタッチで相方がチビクマルを足だけパシャパシャさせに連れて行きましたが
実に不愉快な表情を浮かべていたそうな。。。


最後の目的地は、沖縄おでんを食べに沖縄市の「おでん小町」さんへ。
ここにどうしても行きたかったのは、みんげいおくむらさんのインスタで。
f0167281_1119324.jpg

店名は書いていなかったけれども、中の町にあるおでん屋さんで調べて
たどりつきましたー。
薄く出汁で炊いて→翌日おでんの汁の薄めのもので炊いて→お客様に出す日は濃いおでん汁で炊く。って、すごくないですか??
事前にお電話して、座敷席を予約していました。子どもOKでうれしい。
f0167281_11251717.jpg

オープンの18時少し前に着いたので、運転手さんが入れるか見に行ってくれ、
「大丈夫だそうですよ!すごく渋い店構えですねっ!(^^)!」

お店に入ると、あっ、インスタでお顔を拝見していたお母さん。
静かで、優しいおもてなし。
メニューとマスタードと和からし。
沖縄のおでんって、マスタードで食べたりするんですねー!
とりあえず、今あるものを全種類1つずつお願いしました。
f0167281_11221015.jpg


きた!!
びっくりなのは、野菜、青菜とレタスが入ってる(@o@)
f0167281_11293755.jpg

そして絶対食べたかった、競争率高いらしいてびち!!
f0167281_1130696.jpg

ぎょわー!!!
今これ書いててもよだれが出てくるくらい美味しかった!!
どれも味しみしみで、かつお昆布以外にも豚足とかのいいお出汁がたまらない。
決して醤油が強いんじゃなくて、もうお出汁がうま味エクスプロージョンなんです!
チビーラもチビクマルも、てびちくれ~てびちくれ~と爆食するので、
お代わりはてびち2つと昆布3と大根、ジャガイモで。
f0167281_11323383.jpg

私ももちろん、てびち♥命ですが、
こんなにおいしい昆布初めてってくらい、トロトロになった昆布がもう!!

気に入ってもらえて良かった、遠くからありがとう みたいに言ってもらいましたが、
こちらこそ入れてもらえて良かったですemoticon-0115-inlove.gif
メニューの「おでんそば」って沖縄そばにおでんが乗っているのか・・・?
それはさすがに食べきれないかと思ったのですが
今思えば食べてみたかった。
次回の課題です!


ホテルで運転手さんとお別れ。本当にありがとうございました~~!!


その後、ホテルで無料の「琉球衣装を着て撮影」をやって(無料なんて太っ腹!)
海想平和通り1号店まで行ってこーれーぐーす入れになりそうな醤油さしを買い、
お風呂に入って寝かしつけて、また1階のコインランドリーで洗濯ざんまい。
楽しいことの後にはハードな一日が終わりました。


つづきます!





.

子連れ沖縄旅行2016!那覇と首里の金曜日(^^♪ 7/15

沖縄旅行から帰ってまいりました。
いやーーー
楽しかったけど、疲れた(^_^;)!
あまりの疲れ具合に、相方なぞ「もう年末の旅行やめる」と言い出す始末。
大人も子どもも楽しめる折衷案を考えたつもりだったけれども、
リゾートホテルじゃないとそれって難しいのかな~~でも私プールとか興味ないし・・・

とりあえず、忘れないうちに記録いってみよー

7/15(金)
ANA463 7:50羽田→10:20那覇
で、11時には国際通りのホテルロイヤルオリオンに到着するとみてましたが、
荷物が出てくるのに結構時間がかかりました~
ちび達は3歳・1歳でベッドから転がり落ちるのが不安だったので、
一つのベッドは壁にピッタリ寄せてもらい、
もう一つのベッドにエキストラベッドをくっつけてそこにはベッドガードを付けていただきました。
さらに、チェックイン前に到着して、そこから宿泊中ベビーカーをレンタルさせてもらえるように電話していたので荷物が減らせて本当~に助かった。。。

タクシーでまずはお昼ごはん、沖縄そばのてんtoてんへ。
なかなか通じずちょっとあせる。
そして~なんかすごいの見えてきた!!

f0167281_9581388.jpg

f0167281_10391246.jpg


お店は意外と3階仕立てになっていて、12時半くらいでもすっと入れました。
ただ、場所的にみんな自家用車で来ているので、入庫待ちになっていたから
タクシーで来て正解だったのかなぁ?
f0167281_105884.jpg


2階の広間に通してもらい、メニューを見る。
あれ?お持ち帰りの面しか写真撮ってない・・・
f0167281_1044448.jpg

とりあえず、木灰すばは食べなくちゃ。
木灰は木を燃やした後の灰で、これを使ってかん水の代わりにしているようです。
薪を使わない現代ではこの木灰を使った製法は手間がかかる、、、のに650円!
で、この木灰すばと古代米おにぎり、コーヒーorあまがしのセットを2つ、
単品で木灰そば、それにぶくぶくー茶をお願いしました。
ワオ!
f0167281_10241510.jpg

沖縄そばって、ラーメンみたいに一口目で「うまいっ!!」てことは私はないんですが、優しい味で食べ進めるうちに、「あ、これって美味しいなぁー」「どことは言えないけど他とは違うなぁー」って味わい完食。
古代米のおにぎりもしみじみ美味しく、一緒についている手作りの肉みそがお肉たっぷりでイイ!
肉みそは売られていますが、要冷蔵なので購入は断念。
そうこうしているうちにもチビクマル大暴れ&ゴテで、ここがお座敷で本当に助かった。。。しかし、親としてはかなり大変な状況。
そしてあまがし。ベトナムのチェーにも似ています。
押し麦やお豆さんが入って体にも良さそう。
f0167281_10284791.jpg


それからぶくぶくー茶とお茶うけのお菓子が☆彡
ぶくぶくー茶、この泡が口の周りについた感じがいかにもほのぼの幸せそうだということで、縁起のいいお茶だそうです。
f0167281_10302588.jpg

お茶うけのお菓子は、橘餅は4日、冬瓜漬は2日かかるという手間暇かかるもので、かつて琉球王朝の宮廷で出されていたもの。今では謝花きっぱん店というお店でしか作られていないと切り抜きにありました。
f0167281_10311380.jpg

一度お店を出たものの、まったくタクシーが走っていないのでまたお店に戻って呼んでもらいました。
本当にお店の方は親切で、ありがたかったです!

タクシーでまず首里城近くにある ちんすこう本舗 新垣菓子店へ。
ちんすこうのお店、似た名前のところがたくさんあって違いはよくわかってないのですが、ここが美味しいとどこかで聞いたので。
HPだと店舗が首里寒川店と南城市の玉城店しか載っていなかったのでここまで来ましたが、包装紙によると国際通りの牧志店・松尾店があるようです。。。
ちんすこうならぬきんそこう、ちんすこう・千寿糕・花ぼうるの詰め合わせを買いました。
専用駐車場で運転手さんに待っていてもらったので再び乗り込み首里城へ。

あっつーもう何も考えられへん。。。
展望台、ちょっと相方は行きたそうだったけどしんどくてやめておく。
チビーラが抱っこ抱っこ、もう帰る~とわめいておりました。
中の玉座とか、とにかく一通り見てあとにする。
f0167281_10515377.jpg


ゆいレール首里駅近くのdeccoさんへ、
この旅でとても楽しみにしていたのです。
近くに汀良(てら)という交差点があるのでそこまでタクシーで行ってもらう。
この字読めないわぁ。。。
赤嶺ミートのあるこの久場アパートの赤い旗が目印です。
f0167281_10583530.jpg



お店に行くと、沖縄!な顔のご主人が出迎えてくださいました。
そして相方を見て、「なんだか・・・親近感のあるお顔です!」と 笑
沖縄の器屋さんですが、やちむんとは違い、シンプルかつスタイリッシュ、時々遊び心な器の数々。
f0167281_1132341.jpg

f0167281_1133142.jpg

こちらは、すべて売約済のハンドルプレート&ボウル。
f0167281_1215745.jpg

以前予約して買っておいてよかった。。。
アイスキャンデーをごちそうになり、子どもをかわいがってもらい、とても癒されたひと時でした。
この店舗だと、オンラインショップより少しお安い金額設定なので、浮いたお金で配達にしていただきました。

ホテルに戻ったのが4時半。
晩ご飯のお店には6時前に着きたい。
その間1時間半の間に、私一人の時間をもらい、4時40分にホテルを飛び出し
猛暑の中小走りで壺屋やちむん通りへ向かいました!
(が・・・道間違えて結局、1時間20分の間に3㎞爆走。)
目指したのは、育陶園の経営する今時なやちむんショップ、
kamanyguwaguwaです。
「バサナイ」という島バナナの葉を模したシリーズと、雷を模した「カンナイ」というシリーズがとてもかわゆい。
公式ブログより写真いただいています
f0167281_11135121.jpg

でも、ちょっと思っていたより大きかったのであきらめ。

うぉりゃーと走って、GARB DOMINGOへ。
汗だくではぁはぁ言いながらドアを開けると、これまたモダンなオキナワンクラフトの世界!
金城有美子さんのメキシカンにも見えるタンブラーと、金城彩子さんのポーラーベアカップを買いました。
お会計中、目に留まった備品の鏡が素敵でひっくり返して見ていたら、
「それは備品なんですけど、このすぐ近くにあるトンカチさんっていうところで作られたもので、販売されてますよー」とのこと。
なぬー!
miyagiya bluespotへ走って店内を見て回った後、また坂を駆け上りtoncatiさんへ。
廃材をリサイクルして、フォトフレームやミラーフレーム、時計や家具など作られています。
これもご縁と、ミラーフレームをいただいてきました。

そして国際通りへ出て相方に連絡すると、今ホテルを出たところーということで
10分くらい私の方がアドバンテージとよみ、
BALL DONUT PARKへ!
うわ・・・きゃわゆいこのお店・・・
f0167281_11315619.jpg

f0167281_1132374.jpg


ボールドーナツが6個300円とかで、
レモン&シュガーとソルト&バターを注文。
待っている間に、ドーナツ1つと冷たい水をサービスしていただけました。
うわっ、想像してた以上においしー!!
向こうは何とも思ってないだろうけど、
オサレ店内にイケメンお兄さんで、汗だくよれよれオバサンの自分が急に恥ずかしくなる。
それはさておきこの紙コップの絵、そうリンネルの漫画etcでおなじみマムアンちゃんのイラストレーター、ウィスット・ポンニミットさんのイラストです!
f0167281_11413957.jpg

試食があまりに美味しくて、ボールドーナツミックス粉まで買っちゃいましたYO!
夕食後にホテルで食べたドーナツも、冷めてもおいしかったー
f0167281_11454685.jpg

f0167281_11455442.jpg



晩ご飯は、あちこちでとても評価が高い、ゆうなんぎいへ。
1週間ほど前に予約しようとしたら、40席中3席しか予約は受け付けておらず、もう予約席はいっぱいだったのでとりあえず18時に行ってみました。
が、、、前に3組待ちで4組目。
f0167281_1150263.jpg

17時半オープンなので、そんなにすぐには空かないのですが、せっかくなので待ち
6時半ごろ、ちょうど小上りの席が空きました!!
いろいろ沖縄料理が味わえるA定食(ラフテー、グルクン、フーチャンプルー、ミミガー、ジーマーミ豆腐、すくガラス豆腐、クーブイリチ、いなむるち、ご飯、お新香)に、海ぶどうやなーべーら味噌煮、海ぶどうをプラスしました。
f0167281_11503964.jpg


チビクマルが食器をすぐに倒そうとするのと格闘していて
写真がちゃんと撮れませんでしたが、
このボリューム、バリエーションでとってもお得!
特にいなむるちとかあまり食べる機会がないし、味わえて良かったー
それに店内大混雑してますが、とても目配りしていただいて
感謝感謝でありました。。。
f0167281_11561599.jpg

f0167281_11562919.jpg


そして一日目は終了です・・・


★沖縄でまた器をいろいろ買ったので、食器棚整理のためヤフオク出品しています。。。
よかったらご覧ください(^_^;) →こちら




.

1泊2日金沢旅行♪ おいしいものとお買い物★

さて~
親子3人となった金沢旅行。
行きたいところへ、余すことなく連れて行ってもらいました♪

まずは、朝ちょっと早めだったので21世紀美術館へ。

f0167281_2246357.jpg

展示は、よくわからない現代美術で「へー」という感じでしたが、
とりあえず有名なこのプールは行ってみました。
上から。
f0167281_22461933.jpg

下から。
f0167281_22464099.jpg


展示はよくわからなかったけど、ミュージアムショップはとにかく素晴らしい。
いろいろ買いまくりたい気分でしたが、、、
金沢桐工芸 岩本清商店×赤池佳江子さんコラボのてるてるとか、すごく迷いましたが。。。
買ったのはコチラ。
f0167281_22495523.jpg

ペンギンと北極グマの形の氷が作れる、製氷カップです(^0^)

21世紀美術館のすぐ近く、お婦久軒で、すごく美味しいらしいあんドーナツ。
f0167281_22511270.jpg


近江町市場へ。
世界の食品ダイヤモンドのコロッケにも惹かれましたが、これを食べたらお昼が入らない。。。
f0167281_22521434.jpg


あ!!
この辺りの名物、岩もずく!!
普段食べなれている沖縄のとかとは、色も歯ごたえもお値段も違います。
石川県出身の人がほかの地域でのいわゆるもずくを食べて「違う!!」という記事を見てから、
すごく気になっていたのでした。
f0167281_22551575.jpg

初・能登もずく、がんばってお買い上げ。

あと、和平で、まめまめしい豆板も買いました。
f0167281_2313616.jpg


お昼ご飯は、市場内のもりもり寿司にて。
f0167281_22561321.jpg

f0167281_22562477.jpg

f0167281_22563436.jpg

白えびや赤いかやのどぐろ、土地のお寿司を堪能しました♪

では、、、 岩本清商店とコラボン目当てで、横安江町商店街へ。
んっ?? 岩本清商店へ行くと、近くの別の場所に来てくださいという貼り紙が。
行ってみました。
f0167281_22595622.jpg

なかは、手仕事大好きな人ならハートわしづかみ状態!!
f0167281_2304176.jpg

桐のトレーに、乙女な蒔絵がほどこされています!うわーうわー。
f0167281_2324739.jpg


collabonでも、お湯呑みを買いました♪
それにしても金曜だけど、人が少ない。。。
仏壇屋と、古美術、あとのお店は軒並み閉店されてるような感じでした。
f0167281_2341632.jpg


さて、おやつはフルーツパーラーむらはたでフルーツパフェ♪
普通のじゃなくて、ここまで来たらお値段も張るけど劇的においしいらしい特選を!!
と思ってやってきました。
f0167281_235563.jpg

今月のおすすめは・・・っとぉ!!
f0167281_237129.jpg

パフェ5せんえん?!!
それは、ちょっと・・・なぁ・・・で、まるごと北海道赤肉メロンとモンブランパフェに。
f0167281_238245.jpg


あとは、新竪町商店街でノワイヨ、
犀川のほとりのfactory zoomer、
にし茶屋街で甘納豆かわむらに寄り、、、
f0167281_231052100.jpg


「もう5時やし、ええやろ」と、連れまわされてへとへとの(^^;)スミマセン父、母とともに金沢をあとにしたのでした。

1泊2日金沢旅行♪ 犀川のほとり、滝亭に泊まる★

金沢と言えば山代温泉、というツアーも多いですが
金沢市にありながらいい感じな旅館をネットで見つけたので、ここ滝亭に泊まることにしました。
田んぼの中の細い一本道を抜けるとありました!

f0167281_1645648.jpg


犀川ビューの、露天風呂つき客室、離れ 犀川を隣同士で泊まります♪
わたしたちは「川上」というお部屋で、まず入ると廊下。
f0167281_1646371.jpg


右手に寝室、
f0167281_16461817.jpg


そして談話コーナー。
f0167281_16463541.jpg

この談話コーナー(という名前でいいのか?)の家具とか雰囲気、かなりツボでした!
和室のお部屋に、和風過ぎない家具がいい感じにマッチしています★

そして専用の犀川に面した露天風呂!!
f0167281_16475333.jpg

f0167281_1648577.jpg


お風呂のヘリに、あまがえるがいました。
かわいー♪ 手に取るとぴょーんと逃げました。
f0167281_16483833.jpg

あまがえるは結構何匹も見かけました。
あのペタペタした感触、黄緑ぐあいがすごく好きなんですが。。。
1匹、かなりでかいヒキガエル?何カエルかわからないのも見かけました。

ちなみにお隣、両親に泊まってもらった「水面」というお部屋には、マッサージチェアがありました。
それもいいなぁ。。。

お食事は個室でいただきます。
次々あって、全部は撮れていないのですが、なんだか色々ありました。
相方の牛肉抜きにも、快く対応していただきました。
これは前菜と、枝豆豆腐、松茸の土瓶蒸し。
f0167281_16494694.jpg


全然知らなかったんですが、重陽の節句に菊に綿をかぶせて、その朝露で体を拭くと健康で過ごせるという言い伝えにちなんで、菊っぽくあしらったお皿。
f0167281_16495294.jpg


くずまんじゅうだっけ・・・??美味しくいただきました。
f0167281_1650029.jpg

山の幸と海の幸、お腹いっぱいです!

あとこちらでとっても居心地良かったのが、離れの宿泊客専用ラウンジ。
飲み物セルフサービスで、ゆっくりくつろげます。
f0167281_16505228.jpg

f0167281_16505930.jpg

木曜日に泊まったので、だいたいの時間貸し切り状態でした♪

大浴場も、滝を見ながらくつろげるし、お庭にはしらさぎがいたり、
とっても自然と一体化!!
ちなみに露天風呂から500m離れたところにクマも出たそうです(^^;)

朝ごはんも、自分でハムエッグを焼きながら、ゆったりといただきました。
f0167281_16534143.jpg


この日の早朝、相方は休めない会議があって急きょ大阪に戻ったのですが、
一人で歯磨きしていると・・・
露天風呂前の河川敷を、農作業スタイルのおじさんがゆうゆうと通り過ぎて行きました(@@;)
今、たまたまお風呂に入ってなかったから良かったけど。。。
どういう人?!

1泊2日金沢旅行♪ 麩料理と、ひがし茶屋町と兼六園★

夏です。金沢です!!
お盆休みを遅めにいただき、行ってまいりました金沢旅行!
両親と、相方と4人旅です。

8時半に出発し、13時前に目的地、麩料理 宮田・鈴庵に到着!
麩会席をいただきにやってまいりました。

f0167281_1443048.jpg

f0167281_1443122.jpg

何となく真ん中をとって、四〇〇〇円のコースにしました。

最初は生麩のお刺身から始まって、
f0167281_1444862.jpg


生麩のステーキとか(これおいしい!)
f0167281_14442639.jpg


真ん中に卵の入った、車麩の巣籠り。車麩大好きです。
f0167281_14453273.jpg


サモサみたいなすだれ麩の春巻き、ナスのオランダ煮、スモークチーズなどなど。
f0167281_14463054.jpg


生麩コロッケも!衣もお麩でできています。これもおいし~~
f0167281_14501915.jpg


他、酢の物や煮物やデザートなど、お麩のフルコースを堪能しました。
青い壁のお座敷、お庭を眺めながらの金沢のおひるごはんでした。

それからは、高木糀商店に行って、、、
f0167281_15282641.jpg

f0167281_15283671.jpg

前回買ってその味に感動した、3年物のお味噌が品切れだったのが残念・・・!!
ちょい辛、さっぱりのお味噌と糀を買いました。


金沢と言えば、ひがし茶屋街。
f0167281_15321635.jpg

f0167281_15322521.jpg

以前、そこまで観光地化されていなかったころ、元・お茶屋さんに行って、
後継者の方が案内してくれたことがあったんですが、
赤い壁とその人の凄味がものすごく強烈な印象でした。
が、今は自動音声による見学方式になっていて、ちょっと残念。

桃組で加賀野菜のフレッシュジュースをいただきます!
f0167281_1535319.jpg


ずらりとカウンターに並ぶ、加賀野菜。
f0167281_15372233.jpg

メロン+金時草+バナナの鈴見橋、
パイナップル+太きゅうりの天神橋をいただきました。
こちらでは甘納豆かわむらの甘納豆も販売されていました。


金沢観光では外せない兼六園も歩いて、
f0167281_15384499.jpg


本日のお宿へ向かいます。つづくぅ!!

盛りだくさんな、白浜てくてく一泊二日旅☆

数年前に行って、楽しかった白浜。
でもよく考えてみると、名前の由来の砂浜にも行ってなければ、いろいろ見逃していることを発見。。。
そんなわけで行ってきました。

まずもってテンションがあがったのは、、、

f0167281_22143348.jpg

f0167281_2215587.jpg

パンダ列車!!
この席を指定している人がいなければ、みんなでゆずりあいながら座れます!
f0167281_22163364.jpg


さて、白浜に着いたら雨。
負けずにまず向かったのは、三段壁。
f0167281_22174577.jpg

よく刑事ドラマに使われるのかな??
いのちの電話の看板など立てられているのが生々しくて、ちょっとこわかったです。

ここには洞窟もあります!
f0167281_22191271.jpg

ここも迫力。

まずは腹ごしらえ、、、
地ビールであるナギサビールが経営しているBALLYへ。
ビールはこの2種類。
f0167281_22205120.jpg

黒っぽいのが特に好みでした!
このビールを衣に加えているえびのフリット。
f0167281_22221060.jpg

ミンチカツ、いとよりの何か、豚しゃぶの平日限定ランチ。
f0167281_22225988.jpg


小雨がやみませんが、てくてく歩いて千畳敷へ。
f0167281_22241929.jpg

f0167281_22244071.jpg


そして、白浜といえば、の崎の湯へ。途中から貸切でした!
f0167281_22261831.jpg


普通は黄身が半熟で白身が固いのに、その反対の反対タマゴ。
ビールの王冠に乗せてくれます。
f0167281_23636.jpg


やっと雨が止んでくれて、、、
とうとう白良浜!!
f0167281_22273717.jpg

f0167281_2228549.jpg

この椰子の木パラソルが、雰囲気あって大好きです。
f0167281_2229968.jpg

もともと、白砂の浜辺だったんですが、台風などで砂が飛んでしまったりするので、
2年に1回オーストラリアから砂を運んできているんだそうです。知らなかった・・・。

さて、めちゃくちゃ楽しみにしていた美濃鮨。
なぜか、金曜日が一番空いているんだそうです。ラッキー!!
f0167281_22315277.jpg

おすすめに従って、もちがつお。
本当に身がもちもちしてます!!今まで食べてきたやわい鰹と全然違う!
f0167281_2233641.jpg

そして、さば。これも、血合いもついているのにまったく生臭さがなくて、「これがサバなの??」という驚き。本当に新鮮だとそうなんだそうです。
f0167281_22343452.jpg

たこのから揚げ。お酒がほしくなってきた!!
f0167281_22352525.jpg

一番感動したのが、このいくら。
プリプリで皮がピンと張っていて、箸でもなかなかつかめないし、噛んでも歯から逃げるくらいプッチプチです!!
f0167281_2237125.jpg

いくらと一緒にウニを焼き海苔で巻いて食べたりとか!
f0167281_22483450.jpg

目の前でさばいてもらったとこぶし。まだ動いていて、ご飯の上から逃げてました!!
f0167281_22494668.jpg

ひとりじめ7という品種の小玉スイカ、すっごく甘くておいしかったです♪
f0167281_2251642.jpg

アットホームで、あったかいおもてなしとおいしいお寿司を楽しみました。
次号のリシェ和歌山特集にも掲載されるそうです。

翌日はすごい暴風雨で、車窓から円月島を見学。
f0167281_2253699.jpg

あとはとれとれ市場の温泉&岩盤浴に行ったあと、
ラーメン、しらす丼、堅田丼(お刺身と山芋)、えびの焼いたのを食べました。
f0167281_22553011.jpg

f0167281_2256312.jpg

f0167281_22562666.jpg

f0167281_22565247.jpg


よく食べ、よく遊んだ白浜旅行でした(^v^)

3時間だけ、松山観光☆

こないだ、日帰りで松山に仕事に行ってました。
早めの電車しか取れなかったので、、、やっぱりちょっとは観光しなくちゃ!

と、その前に、乗った電車がアンパンマン電車。

f0167281_1291327.jpg

f0167281_1293615.jpg

f0167281_1210125.jpg

f0167281_12102112.jpg

f0167281_12104528.jpg

駅弁は、あなごめし。おいし~。
f0167281_12112720.jpg

瀬戸内海も見えて、旅気分高まりまくり!
f0167281_12121469.jpg

どことなくレトロな愛媛駅に到着。
f0167281_12232038.jpg


時間がないので、前行って楽しかった道後ぎやまんガラス美術館に向かう途中、
無料の足湯を発見!!
f0167281_1222856.jpg

f0167281_12201872.jpg

喜び勇んで入ろうとして、足が滑って落ちました(泣)
その場にいたお客さん全員に慰められました。。。
気を取り直して。
f0167281_12213788.jpg


ガラス美術館は、結婚式場になっていて、美術館自体はものすごく縮小され、
ミュージアムショップも、ものすごく小さくなっていて残念すぎる。。。
f0167281_12282695.jpg

f0167281_12265414.jpg

カフェ。木の飾りつけは、すごくキレイなので真似したいです。
f0167281_12245794.jpg

f0167281_12252679.jpg

f0167281_1226199.jpg


商店街を歩くことに。おっ!
f0167281_12285377.jpg

f0167281_12291249.jpg

f0167281_12293229.jpg

ぬれおかきがこんな焼き鳥風に。。。

そして、前々から気になっていた今治タオルのアンテナショップが!
f0167281_12311386.jpg

ええ、買いましたとも。
f0167281_12314669.jpg


観光はここまで。
あーー、もっとちゃんと見たかった。。。
というか、今治行きたいっ!!!