カテゴリ:器たち( 107 )


芦屋あちらこちら、買い物編

6日の芦屋縦横無尽、買い物編です。
まずランチの後はすぐ近くのうつわ クウさんにてちんまりしたプレゼントを選んだあと、予定外の林源太さんの漆のお椀を・・・。
ふと持ってみただけだったんですけど、手に吸い付いて離れなかったんです。

f0167281_23463964.jpg

今月号のリシェにも載っていたし、品切れになっちゃってたら悲しいし!
基本、洗ったあとに拭いておけば普通に使えるらしいんですが、クウさんは「私は普通に使ってみようと思って、それすらしないで使ってます。」とのことでした。
ちなみに、漆では奥の麻衣子さんの作品もクウさんにあって、注文しちゃってるんですがね・・・。とってもかわいらしい漆の作品なんです♪
行く度に、手ぶらで帰れない私達。。。(^ ^;)

次は、いつ行っても(日曜は)閉まっているギャラリー藤さん、やはり閉まってました。で、バスで阪神芦屋まで出て、bontonさんへ。こちらへ来るのは初めてです。
大屋窯のメルマガで、こちらで三人展 espace de vie をされるとのことでやってきました。
濱中史朗さん(陶)、studio prepa(ガラス)、chikuni(木) の展示だそうです。

今まで、ぽってりした分厚い器が好きだったんですが、同行のぞみちゃんの影響で最近、うすーいモノがとっても気になり、、、濱中さんの器がまさに、持ちやすく、薄く、いい感じだったのでお買い上げ。
f0167281_23582356.jpg

買えませんでしたが、こちらのランプシェードもとっても気になりました。「幸せ家族」なかんじで・・・。このランプシェードさえあれば、子どももグレない気がする。。。
f0167281_23591229.jpg

f0167281_23592571.jpg

あと、骨盤がスッとおさまる小さな木の椅子もよかったです~。オーナーの方も、一見物静かに見えますが、いろいろお話してくださって楽しい方でした☆

そして打出に行ってうちこち、ギリコを見て、JR芦屋まで歩き、バスで岩園幼稚園前で降りてちょいと坂を戻り、左手にまわると貴兆陶家さんがあります。こちらでは器はなんとかガマン。
そのお隣の、紅茶・中国茶のお店Uf-fu(ウーフ)さんにて、、、。
f0167281_06780.jpg

去年ロシアで買った、何物かわからないお茶がとっても好みで、そんなの情報少なすぎてわからんよねぇと思いながらも、「ロシアで買ったお茶で、紅茶かどうかもわからないんですけど、色が濃く出て、けっこう苦味があるお茶が底を尽きてしまったので買いたいんですけど・・・」と言うとふむふむと聞いてくれた店長さん、「長く煮出してもそんなにえぐくならなくて、スモーキーなやつですかね?ロシア人の好きなお茶で、グルジアの方で取れるものがあって、ここでは同じ種類の中国の安徽省でとれたいいものをおいていますよ」と、香りをかがせてもらうとまさにその香り!!キームンというらしいです。
f0167281_0101046.jpg

あのわずかな情報でここまでわかってくれた店長さんに、感激しきり。
しかも、貿易をやっている友達に買わされたらしい、解凍じゃない生ライチをいただきました!
こちらのイケメン店長さん、私達のジェラール・ミュロのケーキ箱を見て「ここのチョコのケーキに、ミントミルクティー合いますよ~」とすすめてくれ、のぞみちゃんが買ってくれ帰宅後その通りにしてみたらまさにドンピシャ!
100%ミントじゃムリだろうけど、紅茶にいい塩梅で国産ミントの葉が混ぜられていて、(普通のミントティーって人工で匂いをつけているらしい。確かに、巷には歯磨き粉ティーみたいなものも多いと思う)本当にミルクと、チョコと合うんです!
リピート決定~!

そんな、豊かな気分になった芦屋めぐりなのでした。001.gif

矢島操さんの器たち その3

先月、さんにて買った矢島操さんの焼き物、第3弾です。
1点ものだったためその時は持ち帰れなかった花びんが届きました。

f0167281_1904172.jpg

うむ!(満足)
もっと前に送っていただいていたんですが、どうしても花を入れた状態で撮りたかったのでアップが遅くなってしまいました・・・。
上からみるとこんなです。
f0167281_1915354.jpg

そして横からはこんな。
f0167281_1922095.jpg

大仏の頭っぽいので、「ブッダ」と名づけました。
このボツボツは、一つ一つ手でつけられたそうですよ。
やっぱりこうしてちっちゃいお花を生けていると、心のやすらぎ度が全然違います。
これからどんどん和ませてもらおうっと・・・。

川口江里さんの、鉄色小鉢

新顔の器ちゃん、くらりんマンションに入居です。
「生活をうるおすもの」さんで、「おおっこれは!!」と気になって思わず作家さんを聞き、買えるところを探し、千鳥さんに問い合わせして買ってしまいました。
川口江里さんの、鉄色小鉢(花)です。菊型のや、マドレーヌ型のもありましたが完売でした。

f0167281_21592379.jpg

2つ買っちゃいました。本当に、鉄っぽいですよね。
端をはじくと、カーンと高い、金属音が鳴ります。でもあくまで焼き物です。
f0167281_2201761.jpg

手に乗せていると、しみじみ、買ってよかったなぁ・・・って思います。
まずは和菓子をのっけてみようかな001.gif

ARABIA、サンヌンタイのカップ&ソーサー

ちょっと前に落札して、結果自分の中で「ここしばらくは器ガマン令」をしくこととなった原因となった、C&Sです。
ARABIA社のsunnuntai(日曜日という意味)の、多分一番メジャーな黄色バージョン。
イーベイで、しょっちゅう狙ってたんですけど、とにかく高くて!日本人だけでなく世界中で大人気シリーズだとなかなか落とせませんね・・・。
結局、ヤフオクで落札。

f0167281_21302841.jpg

f0167281_21304020.jpg

f0167281_21305248.jpg

パラティッシなども手がけたビルガー・カイピアイネン(Birger Kaipiainen)のデザインらしいです。どんどん品薄になっていて、これからも高くなっていく・・・らしい。
迷いつつも、落札してよかった♪あったかみがあって、大好きなデザインです。

豆皿に、心のおもむくまま絵付け

さて器シリーズ、今回は豆皿。
この芸術的な(笑)絵は私が描きました。
左から、上下共にAVONのsmall world風に描いてみた顔もの(インド人とアイルランド人で、裏面はカレーとアイリッシュコーヒー)、一富士二鷹三茄子(裏面がなすび)、花見団子、島津の丸十字です。

f0167281_22291455.jpg

陶芸で土をこねこねというより、絵付けしてみたくてしょうがなかったんですが、モーネ寺子屋にてその夢がかないました♪
ちなみに顔は、クレヨンみたいなので描いていて、先が太いのですごく描きづらく、口元を失敗してしまいました。団子は絵の具?で、島津のと富士山は呉須で描いています。
来月も、ピッチャーとリネンのしき布を作りに参上します♪ホントに、いろんな講座があって、楽しいんですよ~(って、1回しか行ったことないけど。でも行きたいのがいっぱいある!)

プチ骨董のそばちょこズ

緊縮財政のため、しばらくは新作でなくもちネタからご紹介♪
5年以上前から我が家にいるそば猪口sです。

最初の2つは日本で買いました。まずコチラ。

f0167281_20434012.jpg

f0167281_20435184.jpg

金魚ちゃんです。むーんとした口元も、お腹を見せているのもお気に入り。内側にもそれなりに丁寧に縁取りが描かれてます。

そしてコチラは、象に人?に、ニヤニヤマークという謎の一品。
象でさえも目つきがイッちゃってます。まりもっこり顔だ・・・。
f0167281_20453671.jpg

本当に古いものなのかはこの際どうでもいいです。

最後の虎ちゃんは、北京の骨董市、藩家園にてお買い上げ。多分~900円とかそんなだったような気がします。これも、手描きでユーモラスでかわいいのです♪
f0167281_20493181.jpg

f0167281_204953100.jpg


お湯のみとか、そばちょこは、いくつもあった方が気分で選べて楽しいですよね058.gif

はしもとさちえさんの器たち♪

ええ、またやっちゃったんです、器買い。
前回記事の岡本食材ツアーでまたうつわ クウさんのハガキを見てしまったんですよ・・・。
そのピンクの感じにひかれ、車を出してくれている友達に「ねぇ、今からココ行けないかなぁ?」とおねだり。行ってもらえる事に。やったー!

行ってみると、「あら、いらっしゃい!」と、すっかり矢島操さんファンとして顔を覚えられている私・・・。
DMのハガキとほぼ同じ組み合わせで薄桃色のカップと、小鳥の置物はまず決定。

f0167281_21101284.jpg

やさしーい気持ちになりますね。しかも、作家ものとしては結構お手ごろなんです。
次にこれ。
f0167281_21111427.jpg

ミニ水玉のかわいい花瓶。花びんのみならず、このドライフラワーもつけてくれました!感激。

小皿2種。取り分け用に今日も活躍。
f0167281_21121162.jpg


もうどうにも止まらない。次はこのコースターとして使っている豆皿。上のお湯のみもステキだったけど、お店用のしかなくて、注文生産になるそうで、縁がなかったとしてやめておく。
f0167281_2114105.jpg


最後に、普通サイズのお皿。考えてみると私、ほとんどこうした無地のお皿って持っていないんです。でも、やっぱり無地は便利だし、それにはしもとさんの器は、ツルンとした無地じゃなく、雨にぬれた窓のような質感で、見る人の心に余韻を残すと思います。
f0167281_21184434.jpg


また買っちゃったな~と、反省しつつも今日からさっそく使ってます。やっぱり買ってよかったデス♪

矢島操さんの器たち その2

今まで買いためた矢島操さんの器を紹介します!
ぜんぶ今年、芦屋の器 クウさんで、個展されていたときに買ったものです。
(びわのお皿だけ注文しました)

まずこちら、カップ&ソーサー。

f0167281_06149.jpg

ぽっこり丸みがあって、フォルムも絵柄もかわいいのです♪

そして長いお皿。ポチッといる犬がご愛嬌。
f0167281_065837.jpg

カツオのたたきとか、アスパラとか、長いおかずにピッタリです。

次にびわのお皿、ヘビロテです。
f0167281_075590.jpg

和にも洋にもいけるんです!

そして四角く、深めのお皿、花柄。
f0167281_084362.jpg

白黒だけど、つめたくないのが魅力♪

これはアップだとわかりにくいけど、上のより一回り大きいんです。
f0167281_091216.jpg

チューリップ柄。洋風サラダでも、ピラフでも、和食煮物でも何でも受け止めてくれそうです。

そして、カフェオレボウル。
f0167281_0104868.jpg

お茶碗にしてますが、持ったかんじも、白の具合も、ほっこりできていい感じです。

ずいぶん買いためてますが、モノトーンの中に漂うあたたかみがたまりません。
普通に青の染付もあるんですが、(ロシア風街並みシリーズ)それもまたいいんですよ!
ピュアなかんじの矢島さんの雰囲気が、にじみ出ています☆

大津まで、矢島操さんの器を買いに

行ってきました、大津まで。
もともとうつわ クウさんで初めて矢島操さんを知り、記帳しておいたらご本人から30日の金曜日に個展のDMが!一年間、各月のイメージを作品にされた「愛しき十二のものがたり」展です。会期は1日から22日まで。こうなったら行くっきゃないです。

場所は、大津から徒歩15分ほどのさんにて。大津駅を南口で出て、本宮2丁目の交差点で右折、しばらくしたらある本宮二丁目南のところで左、しばらく坂を上ったら電柱に「更」の表示があるのでそこを左、すぐ右、そうすると左手にありました。とサクッと書いてみるものの、本宮2丁目南の表示板が見当たらなくて、通過してから「あきらかに歩道30センチでやばい感じ、他に歩いてる人おらんし」と不安な感じの道になったので振り返ると坂の上からはその表示が見えるようになっていて、引き返したのでした。

着いたら一番手、まだご本人もみえてなくて、このお店のオーナーである小林さんにお茶をいただき、矢島さんの本やガラス作品も見せていただきました。このお店は2階もあるんですが、そこにあった本にはご主人の山本哲也さんの作品も載っていて、夫婦の作風の違いに驚き。それにしても、スッキリした美しい和の空間に器や作品が並べられている様子はすてき。

f0167281_1653758.jpg

大きな鉢物に、スイートピーが生けられていたりお花もステキで、それを生けられているのが男性だったことにもおどろき。
画像の左隅にも写っているランプが、ランプの上にお人形、そのお人形が本物の水晶によりかかっていてかなり惹かれました。でもうちの物いっぱい空間だとかすんじゃいそうだし、それだとかわいそうなのでぐっとガマン。
f0167281_1675289.jpg

あとこの一面にある四角い小皿のような作品、なんとかるた皿なんです!全部違う絵柄で、裏にそのことわざとかが書かれています。
福助が2人でおちょこの台を持っていて、その台のうえに入れ子で全部柄の違うお猪口が乗っている作品がこれまたグッときました。友達を呼んで、これでうちで酒盛りなんてしたら楽しかろう・・・と。でもこれもぐぐっとガマンです。
おめでたい蓋物や大鉢、動物のモチーフなどなどもうずっと迷いまくり。竜宮城の香入れも、竜宮城から煙が出るようになってるし、、、ウキャー!と結局2時間滞在。3回もお茶をいただいてしまいました(汗)
でも矢島さんご本人にも会えて話をお聞きできたのでよかったです!めでたいモチーフ最高!それに、旅行の話もしていただいて、なんでもポルトガルはとっても素敵で、一番よかったのがポルトの町、リスボンから電車で行くとポルトに着いた時はまるで「魔女の宅急便」の街に来たんじゃないかっていう気持ちになったそうです。うん、行ってみよう!と思いました。
しかも帰り道はご主人に大津駅まで送っていただいて、お言葉に甘えまくりです。
そして買ったのはコチラ。
f0167281_16143111.jpg

淡い色使いの、ひょうたんのお皿。何にでもいけそうです!
そして、竹モチーフの形が面白いお皿。
f0167281_16152757.jpg

つぎに、赤い釉薬のお椀。普段、赤いのってゴテゴテ絵がついていたりして選ばないのですが、こちらはそのさじ加減が好きな感じだったので初挑戦です。
f0167281_1617343.jpg

うーん、写真がブレている。そして内側はやっぱりおめでたモチーフです!
f0167281_16173548.jpg

そしておめでた箸置き兼小皿です!
帆船、亀、打ち出の小槌、ひょうたんです。ラブリー♪
f0167281_16182285.jpg

実はブッダの頭のようなプチ花器も買っちゃったんですが、一点ものだったのでまだ展示中です。
大津まで行った甲斐があった、心あらわれる空間&体験でした。

フジタチサトの器たち その3 kawaii

これで持っているフジタチサトの器すべてです。
れんげ?スプーン?です。
題名なんだっけ・・・題名あったかな?「アミーゴ」?(適当なことかいてますが間違ってたらすみません)
とにかくメキシカンな絵柄です。
まず全体像!ロバとおっちゃんと、先端にマラカス。

f0167281_2147977.jpg

そして、アップ!
f0167281_21475332.jpg

うぉ~ん、かわいいよぅ。
ムーチョス グラシアス!ドンタコス!
そして裏面は渋めにキメています。
f0167281_2150728.jpg

本当に細かくてかわいいの・・・こんなに細かな絵が描けるなら、米粒にもいろいろ描ける方なんじゃなかろうか・・・。