カテゴリ:器たち( 104 )


波佐見焼×くまのプーさんのお皿!(*^_^*) 2014.1月

ある日、nidを読んでいて巻末に気になる情報が。
ディズニーのクマのプーさんと、波佐見焼のコラボでいかにもなかわいさじゃない
渋カワお皿があるらしい・・・!
普段、ディズニーとか全く興味ないんですが(あの明るい感じがちょっと違う(^_^;)・・・)
これは気になります。

新宿エルタワーから無料バスにゆられ、新宿パークタワーへ。
そこの3~8階がリビングデザインセンターOZONEです。
ザ・コンランショップ 新宿本店などがあるインテリア関連満載のフロアです。
その中にある、5Fのにっぽんフォルムに行ってきました。

有井ゆま・ユカさんの姉妹のデザインユニットY2のプロダクトが展示販売されていたのですが、
ディズニー・日本生活シリーズの「九谷のミッキー」「波佐見のプー」がお目見えしていました。
お!いろいろ並んでいる~

f0167281_15463472.jpg


「古典的表現にとらわれ過ぎず、また逸脱しすぎることも無く、
ディズニーキャラクターたちの明るくシアワセな世界観を表現」されているそうです。
f0167281_15464171.jpg

f0167281_1546478.jpg

f0167281_15465361.jpg


初志貫徹で、プー大皿を買いました
大皿が直径19cm、中皿が14cmほどだったと思います。
f0167281_15471352.jpg


しょんぼり。
お店に在庫確認のお電話をした際に、
「あ、あのちょっとしょんぼりしたやつですね」と言わしめたうつむくプーさん。
f0167281_1548114.jpg


なかなか使いやすくて、気に入っております(^^♪

ARABIAパラティッシ パープルのマグと、tassのコースターでお茶時間(●^o^●)

お皿を一枚買って満足していた、アラビアのパラティッシパープル。
でも、パープルパラティッシのマグカップをプレゼントする機会がありまして、
そうすると自宅用にも一つほしいな。。。となり、
我が家にやってきました(*^_^*)

f0167281_23255741.jpg

f0167281_2326818.jpg


やっぱりいい感じ~♪

このマグに合うコースターを見つけまして、、、
日本とスウェーデンで工芸を学んできたご夫婦二人でされている、
家具と手織物の工房tassさんのコースターを買いました。
青山スパイラルマーケットの「Sunday Tea Time」展にて、こんな↓(画像お借りしています)
f0167281_17101657.jpg

f0167281_1794546.jpg

ステキなものが並んでいて、垂涎もの・・・!

一番色合いがパープルパラティッシに合うと思った、分厚いバージョンのグレーは
残り1枚だったので、プレゼントに。
わたし用にはスカイブルーを。
バーズアイ柄・・・かな??
f0167281_1713956.jpg

縦糸はリネン、横糸はウールで、絨毯のようにしっかりした厚手のミニマットです。

裏と表で、色が反転してそれもイイ感じ(^^♪
f0167281_1714866.jpg



どちらも早速ヘビロテ中でございます^^

村田森さんの白磁のうつわ

2008年に滋賀のgalleryサラさんの展示会が、祇園金瓢さんでありました。
その時に買った白磁の器、気に入ってずっと使っていたのですが、
同時に数枚いろんな作家さんのを買って、名前がわからない。。。

そうこうしているうちに、その時一緒に行った友達から、お皿を譲ってもらいました。
「あ!これ、うちにあるあのお皿と同じ人!!」
気になって気になってしょうがなく、サラさんにお電話してメールで写真をお送りして(パソコンは苦手でいらっしゃるらしく、お電話しないと連絡は難しそうです)
お名前がようやく判明しました。
村田 森(しん)さんとおっしゃるそうです。

白磁陰刻皿。
うっすらと、葉模様が入っています。

f0167281_10562174.jpg


ちくわぶの肉巻きを作ってのせてみました。
どんと受け止めてくれています。
f0167281_1010379.jpg


こちらがもともと持っていた、楕円のお皿。
いつも使っています。縁の上がり具合も、使いやすいのです。
f0167281_10563861.jpg


でも本当に、いろんな作風の器を作られる方みたいで、
染付だとまた雰囲気が全然違います!
最初、サラさんにお名前お聞きして、「村田森」で画像検索かけてみたら、
えっ、えっ、本当にこの方の作品・・??って思ったほど。

去年の秋に個展を東京でされていたみたいで、見逃したなぁ。。。
でもまた今後のお楽しみにしておきます(^0^)

川口江里さんの器展@恵比寿Farmer’s Tableに行ってきた♪ 2013.11.23

恵比寿のFarmer’s Tableで、福島で作陶されている川口江里さんの器店がある!
そして、23日はご本人もいらっしゃるということで、行ってまいりました。
あの鉄のように見えるシリーズ こんなのや、こんなの も大好きなんですが、
他の器もとても魅力的です!

川口さんは、しゅっとした、物静かで穏やかな佇まいの、ステキな方でした。
そしておおっ、これは!と思ったこちらをお買い上げ。

f0167281_13564968.jpg


やわらかい白の、菊花型の鉢。
貫入が一面に入っています。
f0167281_13565629.jpg



ファーマーズテーブルの他のスペースでは、クリスマスものなど冬ものがいっぱい。
クリスマスオーナメントが525円と格安だったので、あわせて買い、玄関に飾りました。
壁にひっかけている、銀色ビーズのものです。
飾り物を配置するセンスはあまりないんですが、まぁ、こんな感じです(^_^;)
f0167281_13575850.jpg



器つながり。
ずっと前に、まだ日本に入ってきていない時に買ったパープルパラティッシ。
焦ってあの時買わなくてもよかったな、、、でもお気に入り。
これもクリスマスにいいかも♪ ずっと記事UPできてなかったので、これで肩の荷がおりました。。。
f0167281_1281623.jpg



クリスマスっぽいものつながり。
この前、ヒルナンデス!でやっていた、長葱とたらのグラタン。スマホ撮影・・・。
初めてホワイトソースから作ってやってみました。
レシピの女王がおっしゃてた通り、ネギがあると、だまにならずに意外と簡単にできました(^^♪
f0167281_12242178.jpg

このグラタン皿にしてるのは、エゾアムプリンの器です。
おいしかったー。


食べ過ぎないよう、冬を楽しみたいと思います(*^_^*)

ロシアのおだんごぱん食器セットと、モンゴルの鍋しきなど(^0^)

モンゴルの雑貨をあれこれ検索していて知った、ツェツェグさん。
そしてそこは、レトロかわいいワンダーランドでした・・・!

ロシアの民話、おだんごぱんの食器セット。
平皿、スープ皿、マグカップ、ちびカップ、ちびソーサーの5点セットです。
まずこれはマグカップ。
おだんごパン誕生シーンですね

f0167281_144120100.jpg


デミタスカップ?なのかもしれないちびカップです。
食べられる寸前、幸せそうなおだんごぱんの表情が切ないです(T0T)
f0167281_14413829.jpg

裏はうさぎです。
f0167281_14421066.jpg


シチューなどに適した、深みのあるお皿と平皿。
カササギとおしゃべりするおだんごぱん。
f0167281_14422529.jpg


やっぱりメニューはこれでしょう!
レトルトのボルシチと、ピロシキがなかったのでカレーパンを置いてみました(^0^)
f0167281_14431311.jpg


ロシアの食器と言えば、むかーし買ったこれもお気に入り。
もったいなくて、なかなか普段使えていませんが・・・。
f0167281_14434155.jpg


さて、おだんごぱん食器セットはロシア製ですが、モンゴルで仕入れられています。
ロシアのものがいっぱい入ってきているそうです。チェブラーシカなども。。。
で、これは正真正銘モンゴルの手作り鍋敷。
カザフ族の文様だそうです。
f0167281_14452037.jpg


ロシアのファブリックで作られたポーチと、おまけでいただいた石けん。
f0167281_14454958.jpg


ロシアつながり。
ずっと前にロシアで買ったクリスマスオーナメントを、ダイソーの松ぼっくりツリーに付けてみました。
f0167281_14484080.jpg


ロシアって、本当に個人旅行者にはなかなかハードな土地でしたが、
でもまた行ってみたいっ!!と思わせる魅力いっぱいでした。
あー、今度はサンクトペテルブルグに行きたいっ。

とりあえずは、あたたかい部屋で、寒さ厳しいロシアとモンゴルに想いを馳せたいと思います★

中目黒、「咖哩と古民藝」展でカレー皿に出会う(*^_^*) 2013.10.5

中目黒、SM-gにて14日まで開催の「咖哩と古民藝」に初日、行ってきました。
去年も大好評の企画だったらしく、今年は新作カレー皿はもちろん、カレースプーンやサラダボウル、グラスなどの名脇役も大集合!
5・6日は「中目黒咖哩食堂」としてオリジナルカレーもいただけるということで、それも惹かれましたが、夜は夜で用事があったので身一つで器だけ見ることに。

f0167281_17342294.jpg


むむっ!!
これは京都の前野直史さん、人気の「くるくる」スリップシリーズじゃないですか!
しかも前回売り切れて涙を飲んだリム付です。
次回、入荷したら教えてくださいとは言っていたのですが、同じような人がしこたまいるらしく、
入荷も前日でそれどころじゃなさそうでした。
来てよかった!
f0167281_17344512.jpg


むむーう!!
静岡の齊藤十郎さん新作!
スリップウエアって、その時々でコントラストがハッキリしたのとぼやんとしたのとありますが、
この柄、このはっきり具合、かなり好み。もう手が吸い付いて離れない。
f0167281_17345536.jpg


オープン20分後に雨の中かけつけたんですが、先客の同年齢女性軍団は、
古民藝のところで、45,000円馬の目皿をガツンとお買い上げされてました!
古民藝じゃないやつでも、愛知の一里塚本業窯、水野雅之さんの馬の目皿があり、
カレー用の形で新たに作られたやつもステキでした。

古民藝コーナーは、濱田庄司意匠・アサヒビールビアジョッキなどマニア垂涎の品々が並んでいました。
舩木研児さんのハンガーフック、島岡達三さんの象嵌茶碗6客組、かっこよかった~
目の保養!!

で、、、
もちろんこちらのくるくるリム皿と
f0167281_1735668.jpg


楕円くるくるカレー皿をお持ち帰り。
f0167281_17351381.jpg


うれしい!満足です(^m^)
なんか、家で撮りなおしても、お店のスマホ撮影とさほど変わらないんですが(汗)
f0167281_17351941.jpg


12-14日の、「民藝運動の中心人物である柳宗悦の夫人の柳兼子が、
バーナード・リーチの助言をもとに作られたという「白樺派カレー」をオリジナルレシピで、
フードスタイリストの中山暢子さんに再現していただきます。
伝説のカレーを民藝のうつわでお楽しみください。」←HPより
というのもめちゃ良さげです~。。。行けないけど。。。
いつか、こちらの企画レストラン、行ってみたいっっ\(^o^)/

スリップウェア天国!中目黒SM-gのGOLDEN slipware

GW、一人で出かける予定はなかったのですが・・・。
to-goさんのこの記事で、いてもたってもいられなくなり、
チビーラを来日したてのお義母さんにいそいそと預け(笑)、ダッシュで行ってきました、中目黒のSM-g
(リンク先、本体?のブログにしています)

スリップウェアをされている作家さん、色々と魅惑的な方が多いですが、13人の素晴らしい作家さんのスリップウェアが一堂に会しています。
まさにGOLDEN slipware!
今月12日までです。
齊藤十郎さんのスリップウェア ワークショップなんてものもありましたよ!

f0167281_173231.jpg

f0167281_1732982.jpg


小雨もものともせず、ダッシュです。
余裕で着けるわ・・・と思っていたら、結構迷いました。
(それにしても中目黒、魅惑的なお店が多すぎる!歩けば店!住みたい)
そして!
f0167281_1734518.jpg


入った瞬間、ぎゃふん!!です。
すっごく、イイ!!
何から何から、どうしたら、、、あわあわ。
落ち着かなくては。
f0167281_175977.jpg

f0167281_1751933.jpg


郡司庸久さん・郡司慶子さんご夫妻のは、なんかもう、
バーナード・リーチですか?!
と聞きたくなる感じ(日本語になってない)
このメルヘンな感じ、見てください→ 回し者じゃありません。

齊藤十郎さんのもステキだし、でも前野直史さんはマストだし、ふぅー。
そして何とか絞って買ったのがこちら。

つくも窯 十場天伸さんのお皿。
f0167281_17123268.jpg

かっくいい!!


生畑皿山窯 前野直史さんのお皿。
f0167281_17131616.jpg

f0167281_17132695.jpg

リムのあるタイプが第一希望だったんですが、もう減ってしまっているみたいで、これにしました。
北欧食器とも合いそうなかんじです。
でもあえてがっつりアジアンなおかずを盛りたいと思います(どっちやねん)


郡司庸久さん、郡司慶子さんの、写真だと分かりにくいですが小皿です。
このたたずまいが・・・!
そして、そんなのでいいの?というお値段でした。
f0167281_17155643.jpg



とにかく行けて良かった・・・!
ホコホコして帰途についたのでした。

有田焼、李荘窯の六千鳥6寸皿(^v^)

むかーし、友達と焼き物の旅で九州に旅行に行ったとき。。。
有田に日曜日に行ったら、ほぼ、すべてのお店が閉まっていました(T0T)
平日に行かないといけないなんてキツイよ~と、ぼやいていたんですが
その時一番行きたかった李荘窯も、もちろん日曜休みだったのでした。

さて、私のバイブル平松洋子さんのご本「旅で恋に落ちる瞬間」の中にも、この李荘窯の有田焼が登場していました。
これいいなー、いいなーと思っていたらその4.5寸サイズを窯吉さんで発見。
問い合わせして、六千鳥は6寸皿と8寸皿があるということで、6寸皿を注文しました。

じゃーん。ス・テ・キ(^0^)♪
六羽の千鳥が羽ばたいています。

f0167281_1442197.jpg


HPによると李荘窯は、いま四代目の寺内 信二さんが古い染付けを参考にしながらアレンジを加え、平成古伊万里の基盤を作られたそうです。
白磁は17世紀初期、朝鮮から連れてこられた陶工、李三平が有田の泉山と呼ばれるところに良質な磁石を見出したことにより日本ではじまったそうですが、その白磁鉱の源流に連なる場所の石を使われているのでこの風合いがあるようです。

あー幸せ。
平松洋子さんおっしゃるところの「まろやかな白」に、癒されます。


余談ですが・・・かわいいけど買わないもの。
うちには湯呑がいっぱいなので。。。でもほしいものリスト入りかも。
これも有田焼、深川製磁のドット アルテ・ウァンピッコロです。
(伊勢丹の会員誌をスキャンした写真です)
f0167281_1634935.jpg


器ってスバラシイ(^0^)

HASAMI X House Industries 2012 Morning Collectionのお皿!!

この前、みんげい おくむらさんで、血沸き肉躍るステキな器を買いました!
以前Found MUJIでハウスインダストリーズの綿布を買って気に入っているんですが、
そのハウスインダストリーズと波佐見焼のコラボレーションで、HouseとHASAMIの頭文字から「H」をあしらい、アメリカの日常的な朝食をイメージしたモーニングコレクション、
HASAMI X House Industries 2012 Morning Collection です!

f0167281_1333464.jpg


Hの字体がこんな風にデザインされるんですねぇ~、
頭悪い子の感想みたいだけど、「すごーい、かっこいい!」です。
f0167281_13331518.jpg



中華ちまきのっけ。空気清浄機写っててスミマセン(^^;)
f0167281_13322260.jpg



ピザのっけ。
f0167281_1472893.jpg



売り切れのオレンジのプレースマットもすごいかわいい。。。
残念だけどしょうがない!!

簡単な炒め物でも、このお皿ならかなり格上げされて目に映るのではと期待しております(^0^)!!

とうとう入手!Comicaluのマンガ皿ジャーン!!(^m^)

火曜日。
おのぼりさん的表参道観光、パンケーキで有名なbillsへ行ってきました。
それはまた次回UPするとして、、、
パンケーキを食べた後、同じ東急プラザ表参道原宿5FのTokyo's Tokyoへ。
サイトによると、「マンガとアニメに新しく出会う編集型ショップ」をコンセプトに数多くのライフスタイル雑貨を展開。だそうですが、ここがもうツボでした!
SFTが好きな人なら、絶対ドンピシャだと思います。

もー欲しいものだらけ!!
ドラえもんのタイムふろしき柄のバッグとか、QUEENになれるカチューシャとか、HERSHEY'Sのキスチョコ包装紙モチーフのバッグとか、、、!
(新婚旅行で、The Hotel Hersheyに泊まって、HERSHEY PARKのみやげ物屋でキスチョコグッズ大人買いして南米に行くという無茶なプランを立てていたくらい、キスチョコグッズ好きなんです)
その中で目に飛び込んできたのが、登場当時から欲しくてでも入手困難だったコチラ。
こんな箱に入っていて・・・。

f0167281_2011293.jpg


ジャーン!!
f0167281_2011524.jpg

ツタイミカさんデザインの、comicaluマンガ皿です。

チョコを乗せてみるとこんな。
レアアイテムっぽくなります(^m^)
f0167281_20174611.jpg


Tokyo's Tokyoには4種類くらいのマンガ皿がありましたが、
他のシリーズがお隣のこれまたアート系東急ハンズ、hands beに置いてありました。

その後は表参道ヒルズの前を通りながら、ぷらぷら。
戦利品を持ってホクホク家路についたのでした037.gif