「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:旅 九州( 6 )


唐津やきもの旅 2日目、本番入ります

満腹のお腹をさすりながら唐津商店街へ。んっ、まだ結構開いてないお店が多いなぁ~。
とここで、のぞみちゃんが携帯で問い合わせ中。下調べで、中村恵子さんの器がとっても好みだということで、東風窯に「どちらのお店に卸されてますか?」と聞いていたら、「・・・今ちょうどあいているから、車で駅まで迎えに来てくれるって!」えー!!
恐縮しつつもご好意に甘えて車に乗り込むわたしたち。
山の中に、その東風窯はありました。

f0167281_2274143.jpg

風が吹き抜けて気持ちいい。静岡から来ていた陶芸家を志す学生さん?も訪ねてこられてました。じっくり品定め。こちらの器は、昔ながらの唐津焼をじっくり極められたかんじで、絵唐津、朝鮮唐津と並んでいた。おおまかな傾向として、関西人は絵唐津が好きらしい。私もその一人。
登り窯も見せていただいた。薪の量が半端じゃない!
f0167281_22104730.jpg

そしてまた駅まで送っていただき、戦利品を駅前30秒の唐津シティホテルに預けて(今回、本当にここに宿を取っていてよかった)すぐさまあや窯展示場 淡如庵へ。

こちらは中里文子さんの作品がいっぱいで、私は前回唐津を訪れた時からこちらの器のファンなのだ。やさしくて、かわいらしい絵で、ほっこりできる。。。
また千鳥ちゃんを買い足し。千鳥ーズ(撮影許可いただいてます)
f0167281_22163896.jpg

ふと、ちょっとだけ作風の違う千鳥ちゃんのお皿を発見。聞いてみると、中里文子さんのご主人、中里紀元さんが普段はあまりこんな絵を描かない方なのに、描いてみたものなのだとか。なんだか愛emoticon-0152-heart.gifを感じてお買い上げ。

それから唐津焼 やすかわへ。ものすごく清潔感と、オーナーの器に対する愛があふれたステキなお店。入った瞬間、なんだか、いい「気」のようなものを感じた。器も選びに選んで並べてあるかんじ。レジのところに佐野史郎の写真があり、聞いてみたらドラマの撮影で、佐野史郎がこのお店のオーナー役だったらしい。「どんなんですか?『唐津焼殺人事件』とか?」と聞いたら「そうなんです!!」とのことで大笑い。器は3点お買い上げ。いずれも烏龍窯(ウーロンじゃなくてうりゅうがま)の塩鶴るりこさんのもので、とっても繊細で清らかな印象のもの。唐津じゃなくて伊万里で作陶されていて、店主いわく「作品と同じで、とっても繊細な印象の方です」とおっしゃっていた。一度窯にお邪魔してみたい~。

そして旧高取邸へ。和洋折衷の概観。明治時代、大正時代、昭和と増築され、大正時代の部分の建築だけでも7000円(今の価値で14億くらい!)したんだとか。この豪邸に、平成9年まで子孫の方が住まわれていたのもすごい。
f0167281_22215942.jpg

決して成金趣味じゃない、芸術的な遊び心いっぱいの内装にしびれました。くじゃくや千鳥の彫られた欄間は、夜になるとその鳥の影が壁や天井に写しだされるし、ふすまの取ってにも彫刻がされてるし、杉戸絵もいろんな絵があって、なんといってもすごいのは能舞台!
お能をやっていたからって、自宅に練習用の能舞台。しかも、地面は音響よくするためにすり鉢状に掘られ、漆喰で固めてある。(手を叩いてみると、本当に響く)敷居が取り外せるようになっていたり、、、。いやはや。お客さんの中に能をされている人がいて、それもびっくり。
館長さんがまた面白い人だった・・・。室内撮影禁止だけど、借景のこの景色だけ撮影許可いただきました。
f0167281_22264373.jpg


次に洋々閣のギャラリーでmonohanakoの器を眺める。のぞみちゃん、またしてもお買い上げ。こちら、普通に宿泊する人のように宿に入ってからギャラリーを見せてもらう仕組みになっていて、ジーパンをちょっと後悔。
お庭も見せていただいた。

それからは喫茶・ギャラリー基幸庵で全国の民芸品を血眼で見たあと(柚木沙弥郎さんの版画購入。「どこかにシミない?安くするから!」とわざわざあら捜しして安くしてくれようとするマシンガンお母さんがおかしい)、駅に戻り虹ノ松原へ。
f0167281_22394465.jpg


目的地は、たまご色のケーキ屋さんこちらのブログで絶賛だったので・・・。
駅からてくてく歩いていくと、ありました!てか、一軒家だ!!
f0167281_2243526.jpg

そして、その夜食べたらほんとうに美味しかったです・・・しっとりしとしとで、甘さひかえめで、これをいろんな人に持って帰れなかったのが残念!
f0167281_22441649.jpg


それからは海浜館で、「海の幸とお肉の松花堂」に。すっごくボリューミー!お母さんの作るお惣菜のような味、グラタンのようなクリームシチューが美味でした。
f0167281_2246948.jpg

f0167281_22462322.jpg

この辺りはずっと潮風が吹いていました。
盛りだくさんだったなぁ・・・。

唐津やきもの旅 2日目、本番の朝

買って食べてウハウハ博多の翌日、とうとう本題である唐津に出発です。

f0167281_21433549.jpg

といってもまず目的地は川島豆腐店での朝ごはん!
8時、12時の回しかないと思っていたんですが、8時のがいっぱいだったので10時に入れてもらえることに。しかも、私たち2人の貸しきり状態!
f0167281_2144255.jpg

中に入って、しばし壁のトリを愛でてみる。
f0167281_21443395.jpg

さて、こちらは中里隆さんの器でお食事ができるし、器も好きなものを選ばせてくれるんです!(おちょこなど)以前飲んで感激した、日本で一番小さい蔵で作られていると当時聞いた「未来響」で朝から日本酒、うーんおいしい。
f0167281_21463199.jpg

f0167281_21464423.jpg


さて、豆乳やおから炒りを食べつつちびちびやっているとお待ちかねのざる豆腐!
おかわり自由。お母さんがよそってくれます。
f0167281_21473770.jpg

f0167281_21475430.jpg

そして、サックサクの厚揚げもおかわりし放題。
f0167281_21483384.jpg

だんだんお腹が苦しくなってきた・・・。でも豆腐どーんの味噌汁に、麦ご飯と豆腐のうずみ飯、デザートも豆乳プリンとおいしい豆攻撃。
f0167281_21505491.jpg

あーー、朝ごはん抜いてきてよかった・・・大満足で、店をあとにしました。さあ、これから唐津焼、買うぞー!!

九州やきもの旅 1日目、福岡の夜編

博多の夜といえば屋台!
でも、実は博多屋台未経験。さあ、いざ未知の世界へ!
熟読させてもらっているこちらのブログで、目的地は決まっています!

おっ、冷泉公園の一角に見えてきました、屋台たち♪

f0167281_23161871.jpg

ラーメン屋台を数軒通り過ぎると、、、ありました!
欧風屋台 菊屋です!欧風だけど和風な屋号。
f0167281_231765.jpg

行けるかな?とのれんをくぐると、ちょうど二人分あいてました。ラッキー!
同伴出勤らしい隣の男女を観察しつつ、まずは乾杯(/^-^)o日日o(^0^|)!
f0167281_23184846.jpg

1つ上のお兄さんが切り盛りしてはりました。条例で、5時撤収が決まっているので後片付けに2時間かかるから、どこも3時くらいには営業終了だそう。
店の中はこんな様子。
f0167281_2320085.jpg


さてさて、出てきました!いろいろ野菜のグリル、アンチョビソース
f0167281_2321520.jpg

おいすぃ!ゴボウが特にいい感じ。他の野菜に比べて早めに入れるだけでいいらしい。今の野菜はそんなにアク強くないしって。
次は牛サガリのステーキ。水菜とステキなマリアージュ♪
f0167281_23215986.jpg

どんどんいきます。フォアグラのソテーに、ズッキーニの温サラダ?(勝手に命名。)
f0167281_23232175.jpg

f0167281_2323391.jpg

どれも、うまいっす。
この日はやたらと回転が速く、何組見送ったことか・・・。それでお兄さんも大忙し。
〆は名前を忘れてしまったパスタ。これがまたおいしかったー。
他のお客さんは、オムライス絶賛だった。それもまた食べてみたいなー。
f0167281_23284071.jpg

あー楽しかったemoticon-0152-heart.gif

九州やきもの旅 1日目、福岡のお昼編

5月16日、旅行初日。
焼き物大スキなのぞみちゃんと共に九州ふたり旅。
まずは、腹が減っては戦はできぬ!と、博多にらそば 熊楠家でランチ。
にらは、オーダーすれば刻みにしてくれます。
醤油ベースのモツにらそばと、塩さばおにぎり、にらまんじゅう。うーん、おいすぃ!

f0167281_22514511.jpg


さて、以前行った陶 on'sを探すも、見つからない。
見覚えのあるアパートにもいない!どうしよ~と途方にくれて近くを通りかかった郵便配達のおじさんに聞いてみると「あー!オンズね!そこでとっくりとおちょこ買ったからわかるよ!」と詳しく説明してくれた。何たる偶然!
どうも、移転してたんだけど、HPも作りかけのまま放置、今に至るらしい。
今の住所は 福岡市中央区大名1-12-36 ニューアイランド大名202号
TEL 092-721-4311 営業時間12~20時 定休日は水曜、祝日なら営業で翌日木曜日休みらしいです。
ローソンを回り込み、同じビルの2階に行くとありました!
f0167281_22562671.jpg

しばし時を忘れる二人。
私は鶴見窯、のぞみちゃんは原彦窯にぞっこん。
ランプなどもあって、ステキ。
1時間もそこにいました。昔と同じく、ふろしきで品物を包んでくださいます。
f0167281_22581742.jpg


次はon'sの方が勧めてくれたFOUCAULTへ。
ガバガバヘイという変わった名前の美容院が1階にあるマンションにあると聞いて歩くものの、ガバガバヘイは見つかったけどわかりにくい!入り口はもっと手前なのだ。
f0167281_2305733.jpg

そして普通にマンションの一室。これ、、、福岡の流行ですか?
f0167281_2313165.jpg

中はとっても素敵な空間。静かで、選び抜かれた器にギャッベに、、、。割ってしまうのが怖くて買えなかったけど、ガラスものもすてきでした。

なぜか時間がおしているので慌てて次の目的地望雲へ。
ここは、大屋窯の作品も扱われているし、独特の雰囲気でセレクトされた品物が鎮座しています。基本的にしぶい!陶器のペーパーウェイトや箸置きにぐっときました。
で、また外観が・・・
f0167281_2343962.jpg

なんだかマンション写真集みたいになってきました。
こちらではアンティークのスプーンを買いました。
さあ、、、もう夜!博多の夜なら屋台!というわけで次に続きます。

加部島の「かべしま」でイカを食べる!

もともと、呼子でイカを楽しもうと思っていた私たち。
でも、唐津焼めぐりをしていた際に、「一番のお勧めは加部島にある「かべしま」って店だよー」とある陶芸家さんに言われたので、こちらに行ってみることに。
どうも島の北の方で、バスじゃ行けないな~と判断。呼子のバス停からタクシーで1600円程度で行けましたemoticon-0159-music.gif

まずはお造りで!!
ゲソはあとで天ぷらにするので、切り離されていません。でも吸盤が口の中で吸い付くぅ~というのをやりたかったので無理やりかぶりつき。

f0167281_2120016.jpg

あと、こちらのメニューのうんちくによると、イカは目玉の周りが一番美味しいらしい。これも・・・かぶりついてイカがとてもグロテスクな姿に。
さて、そんなイカもこんな姿でまた戻ってまいりました!
f0167281_21212142.jpg

天つゆと、カレー塩で楽しめます。
イカしゅうまいもおいしいです!

かべしまから見える景色はこんな風。こちら、海の間際のロケーションがまた人気の理由のひとつなんだとか。
f0167281_21223048.jpg

f0167281_21224274.jpg

f0167281_21225565.jpg


苦しくなるまで食べたあとは、かべしまからちょいと坂を上ったところにある農場を見に行きました。

まるでアイルランド(行ったことないが)のように撮れたと思う一コマ。
f0167281_21241475.jpg

日差しが暑い・・・。でも心地いい。
あ、牛が見えました!
f0167281_21245618.jpg

お散歩したらまた呼子のバス停まで戻りましょう。
携帯が、なかなかつながらない地域なのか、タクシーの運転手さんにもらった番号になかなかつながらずヒヤッとしました。結果オーライですが!

呼子の朝市食いだおれ!

この休みで九州食い・買いだおれ旅行行ってまいりました。
2泊3日でしたが、いきなり3日目からスタート。

f0167281_212141.jpg

この日のメインイベントは呼子の朝市&いか食いねぇ!
まずは朝市。
むきたてグリーンピースに塩とうにだけで作ったうに瓶詰め、とれとれにんにく、いかやアジの一夜干し・・・いい加減唐津焼で重い荷物を忘れて買う買う!
こちらは、みんな針の色違うけど全部赤ウニちゃん。
f0167281_21115131.jpg

そしてその場でウニを割って食べさせてくれるお母さんのところにて、まず1発目。
f0167281_2105435.jpg

これ、ダメなんだそうです。それなりに美味しいと思ったけど、お母さん納得いかず、別のをまたかち割ってくれました。
f0167281_2115354.jpg

これが当たり!色もプリプリ具合も全然違う~。おいしい!
割ったままで、塩分がちょうどいい塩梅で、臭みがなくてとにかくgoodemoticon-0136-giggle.gif
さあ、お腹がいっぱいにならないうちに加部島に行かなくちゃ♪
イカの一夜干しを横目に見つつ、タクで出発です!
f0167281_21135930.jpg