<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ポルトガルのおみやげ やきもの編

ポルトガルではもちろん、焼き物も買いましたよ。。。
ではまず、リスボンはサン・ジョルジュ城の入口を奥にちょっとだけ歩いたお土産物やさんで買ったもの。
アレンテージョ地方のだそうです。
オリーブ用の小皿。実を入れるところと、種を入れるところと分かれています!

f0167281_20371312.jpg

これも。
f0167281_20454977.jpg


そしてこの、かわいいお皿!(^v^)
f0167281_20475469.jpg

もういっちょ!
f0167281_20481578.jpg


ここではいろいろ買ったので、こんなおまけももらいました。
f0167281_20485762.jpg


それから、ポルックスで買った牧歌的なお皿とミニボウル。
f0167281_20494474.jpg

重かったけど、かわいいので満足です。他にもいろーんな種類が。

A arte da Terraで買った、アズレージョが蓋になった小物入れ。
f0167281_20511832.jpg


コメルシオ広場のアート蚤の市で買った、ポルトガルのタイルを模したポットマット。
f0167281_2053812.jpg


早くポルトガル式ティータイムをやりたいな~♪
ちなみに今日、カタプラーナではまぐりと骨付き豚バラのポルトガル風うどんにしてみました。
10分ほどで軟骨も食べられるまでにやわらかくなって、おいしかったですよ!(^0^)

ポルトガルのおみやげ マデイラ島土産☆

いろいろやり残したマデイラ島…。
まずもって一番心残りなのが、北部のさんかく屋根のおうちが並ぶ、サンタナに行けなかったこと。
なので、SANTANAのお家の刺繍のしてあるサシェを買いました!

f0167281_2021298.jpg

民族衣装の女の人バージョンの匂い袋とティッシュケースも。
ホテルサヴォイに併設のギャレリアの中のお店にて。

そして、マデイラの名産は柳細工ですが、さとうきびのかごを。
f0167281_20221938.jpg


マデイラのトロピカルフルーツを使ったジャム!
布も、マデイラ島の民族衣装の布なんです。
f0167281_20251266.jpg

パッションフルーツとバナナ、いちご、pitangaという写真を見てもよくわからなかった赤い実です。

マデイラと言えばマデイラワイン。4種類の中で一番甘いマルムジーにしました。
f0167281_20272071.jpg

ビターチョコと一緒に味わうのが楽しみです!!ねかせ中…( ̄+ー ̄)

それから糖蜜のケーキ、bolo de mel。ジャムと同じく、Fabrica de Santo Antonioにて購入。
f0167281_20281449.jpg


こうしてみると意外とささやか?!
まだまだ続きます。。。

ポルトガルのおみやげ 調理器具など☆

ポルトガルみやげその2です。
これを買わずに帰れるだろうか?いや、帰れない。
カタプラーナ鍋です(^0^)

f0167281_20103798.jpg

閉じている時はこんな感じ。これで蒸気が全体にまわっておいしくなるんです。
開くとこんな。
f0167281_20111780.jpg

こちらのサイトで、動画で使い方が見られます。
カタプラーナは、あんこうのを食べましたが、めちゃおいしかった・・・!
たこや海の幸いろいろでも作りたいな!
あとそのカタプラーナを置く鍋敷き。コルク製。コルクもポルトガルの名産なんです。
f0167281_20325452.jpg

ちゃんと鍋を置くところがへこんでます!

今度は天ぷらなべ。ポルトガルまで来てなぜ・・・って感じですが、これ、すぐれものなんです!
揚げるときはこうやっておいて、
f0167281_201541.jpg

揚がったら取っ手をこうして下の鍋の取っ手に乗せると、一気に油きりできます!
f0167281_20155380.jpg

私は感動したんだけど、これって現代では普通なんだろうか。。。

それからパン焼き器、もといパンあっため器。
f0167281_20165349.jpg

ガスコンロで、上に食パンをおけばトースターに、他のパンも熱が均等にいい感じにあったまる・・・はずなんです!外サクッ中もっちりで!

パンにまつわるもので、パン包み。
f0167281_20182619.jpg

かごにこれを敷いて、丸パンをいくつかおいて、パタパタと四方の布をかぶせたら、保温・保湿・ゴミ除けになりますの。
いろいろ買いました。
f0167281_2032618.jpg


そのパンかごは
f0167281_20213081.jpg

マデイラ島で買った、柳細工のかご。
これ、別にマデイラ島じゃなくても買えるけど、マデイラで買いたかったんです。
上のパン包みと、セットで使えばヨーロッパ良家の子女スタイルの朝ごはんに!!

それからワインの保冷剤。
筒状になっていて、冷凍庫で6時間冷やし、それにワインの瓶を通します。
f0167281_20335527.jpg

ポルトガルではメジャーらしい。
これなら氷水用意しなくていいし、場所もとらないし、一石二鳥かも!
中はジェルなので、普段はぺったんこになるのでかさばりません☆

これだけ揃えたらポルトガルの食卓が再現できる・・・はずなんだけどな~(^ ^;)

ポルトガルのおみやげ エプロン&作業着たち

今日からポルトガル土産をアップしていきます!
まず、何としても買いたかったのが、ポルおばさんエプロン。
(その呼び名は、「ポルトガル美味しい旅日記」で命名されていた)

ではどーんといってみよー!
まずエントリーナンバー1番。

f0167281_19313999.jpg

いかにも働くぞー!な1枚ですね。

エントリーナンバー2番。
f0167281_1932169.jpg

花柄が乙女な1枚です。これは可憐な雰囲気の人限定。

エントリーナンバー3番。
f0167281_19332579.jpg

これも1番と同じく作業着風、なんか緑がかわいくて。

エントリーナンバー4,5番。
f0167281_1934766.jpg

f0167281_19344041.jpg

ギンガムチェックは王道です!

エントリーナンバー6番。
f0167281_19351333.jpg

これだけ作りが違って、高かったです。

次はワンピース型の作業着。これを服の上にさらに着込んで、ピタピタな感じでホテルの従業員の人も着ていました。朝ごはんをこれに三角巾できめて作ってみたい!

エメラルドグリーンのチェックがかわいいの。
f0167281_19373765.jpg

これは、作業着にさらに前掛けつき!
f0167281_1938472.jpg

1週間違うのが着れますね…(^ ^;)
なつかしかわいいエプロン天国のポルトガルなのでした。

盛りだくさんポルトガル旅行 2008年9月22日

やっとポルトガル旅行記最終回…!
リスボン買い物道楽の一日の始まりです。

さて、この日の買い物リスト(実際の)はというと、
●Teresa Alecrimでパン包みなどのリネンもの
●マデイラ・ハウスで刺繍など
●パリ・エン・リシュボアでまたリネンもの
●スーパーで調味料
●コンフェイタリア・ナシオナルでお菓子
●ポルックスでワイン保冷剤やコルクの鍋敷き
●Braz&Brazで日用品
ほんとはこの倍くらいあったんですが、時間切れ~!嗚呼、また行かないと。

最初にBraz&Brazでワイン保冷剤とコルクの鍋敷きを買いました。
やっぱりここ、カタプラーナ鍋の品ぞろえも多くて、街中の日用品店で買うより安いです。
でも既に買ってしまっていたのでそれは買わず…(持ちきれないと思いあえて事前に購入、正解でした)
広場に面したスーパーで調味料を買い、コンフェイタリア・ナシオナルへ。

f0167281_21494713.jpg

中はイートインもできます。朝から超忙しそう!
箱入りのお菓子は、適当に詰め合わせにもしてくれます。素朴であったかい味♪
f0167281_21514853.jpg

それからポルックスで陶器や文房具を買って、コレーア・イ・ロドリゲスが見つからなかったので近辺のお店でポルトガル作業着、小さな瓶のお酒、、など買ってかなり重い!

そして、もうお昼時に。Casa Transmontanaという、北部トランシュモンテシュ地方の郷土料理レストランを探したのですが見つからず、同じ道にあるお店で。
坂道(というか階段)の真ん中にあります。
f0167281_21533069.jpg

前菜、生ハム!歯ごたえあって、うまみも凝縮!
f0167281_21552299.jpg

隣の人たちは巨大な生ハム&メロンとワインを楽しんでいました。
風が気持ちいいです。。。
f0167281_2156191.jpg

ここのお兄さん、ひかえめな感じで、呼び込みするのも苦手な感じで、突っ立っていると上から(お父さん?)「こらーちゃんと呼び込みしろー」と怒られるんです。で、一応注意されたらちょっとはやってみる・・・という感じで。監視の目がなくなるとまた瞑想しています。
さて、メイン、あさりと豚肉!
f0167281_2158467.jpg

うん、おいしい。
そしてこれは友達の、魚のフライ盛り合わせ。
f0167281_21584572.jpg

ボリューミー!!

また、買い物後半戦です。
缶詰屋さん、コンセルヴェイラ・デ・リシュボアです。
どーん!
f0167281_21595026.jpg

指差しで通じます!「いわし、全部1つずつ、●●味以外」と身振りでわかりあう私たちに隣のフランス人が笑っていました。
ねこ柄は、鯵です。
f0167281_2214218.jpg

女の人は、基本いわしで、タコもあります。
f0167281_2221522.jpg


あまりに重いので、一度ホテルに荷物を置きに行き、仕切り直し。
有名カフェ、ア・ブラジレイラです。
f0167281_2251994.jpg

かつて詩人フェルナンド・ペソアが毎日通ったらしい、創業100年以上のカフェです。
このお店を始めたのはブラジル人だったそうで、コーヒー豆もブラジルから取り寄せているそうです。今はポルトガル人経営だけど、スタッフはブラジルの人が多いっぽい。
f0167281_2254065.jpg

立って飲むか、席で飲むかで値段が違います。
f0167281_2261863.jpg

本当に雰囲気がいいのだ。。。
f0167281_2274689.jpg

f0167281_2283100.jpg

ガラォン(コーヒーとミルク半々、グラス入りで量が多い)を注文しました。
f0167281_2282421.jpg

あとここ、冷めてるとはいえ、ベレンのパステル・デ・ナタが食べられるんです!
f0167281_2291650.jpg


さあ、散策再開。
歩いていると、きっともう乗れないだろうと思っていた、サンタ・ジュスタのエレベーターが!
f0167281_2210761.jpg

乗ってみました。
f0167281_22103254.jpg

f0167281_22105671.jpg


なんだかんだしていて、いろんなお店の閉店時間を過ぎてしまいました。。。
20時くらいまでH&Mなど物色したりして(3着も買った、、でもさすがユーロ圏で安い!)
最後のイベント、ファドを聴きに行ってみよー!
トップクラスのお店、ア・セヴェーラへ行きました。予約していなかったので、20時過ぎに行ったら、なんとか大丈夫でした。
ご飯を注文、、、っとぉ、通常の倍以上のお値段が!!海の幸リゾットだけでしのぎます。

21時から、歌がはじまりました。
後から出る人ほど上手らしいです。でもこの人もうまいけどなぁ。。。
f0167281_2215294.jpg

3,4曲歌い、最後はみんなで歌う曲。
次は男性です。
f0167281_22161126.jpg

あ、やっぱりこの人の方がうまい、と聴いてみるとわかります。
声量とかそんなんじゃなくて、伝える力と言うか。。。あと、貫録。
たとえば自分が歌っているのに、目の前のお客さんがぺちゃくちゃしゃべっていると、最初の歌い手さんは内心とても気にしているのが見ていて伝わるんです。
それが、うまい人になるにつれ、目の前の状況にまどわされず、逆にその人たちを引き込んでいくようになってました。

さて、三番目も男性です。
f0167281_22184879.jpg

せっかくどんどん素敵になっていて聴きたいのに、ポルトガル人のおしゃべりがうるさい。
かなり注意しようか、と思いました。。。でも、さっき写真を撮ってくれた人だったので言えず。
最後が・・・!!!
f0167281_2220934.jpg

歌姫、最高でした。断然よかったです。最初から引き込まれました。
歌い方とか技術によるものじゃない、本当に体から哀愁が爆発しているかのようでした。
もちろん明るい歌もありましたが、、、ホントよかった!!行って良かったです!
最後はみんなで。
f0167281_22215353.jpg

ファドのおかげで、いい最後の夜を過ごせました。

さて翌日は、朝4時半頃にホテルを出て空港へ。。。
一軒、素敵なお土産物やさんがあったのと、あと、やっぱりここが意外。
f0167281_22232431.jpg

久しぶりにまともな紅茶が飲めそう!他のお客さんも、吸い寄せられるようにみんなこのハロッズカフェにやってきます。
f0167281_22242281.jpg

おいしいっちゃおいしいけど、やっぱ薄いな。。。許容範囲内ですが。
きっとイギリス人の抜き打ち検査にあったら怒られるよ!

そんなこんなでまた、オランダ乗りつぎ、そこでもスーパーに行くために出国し、いろいろ買い込んで帰ってきたのでした。。。ちゃんちゃん。
やっと次回からおみやげUPできるよー!感涙。

盛りだくさんポルトガル旅行 2008年9月21日

更新が滞っております・…。
これからガーッと追い上げ目標でがんばります!!

さて、ポルトで目覚めた朝。朝ごはん・・・を食べに向かうとそこは!
踊り場にまでテーブルが!
食べられたらいいらしい。

f0167281_0171441.jpg

朝ごはんは普通にパンとバターでした。
ホテルの部屋からの眺め。バルコニーは客室共通なので、目の前をいろんな人が横切ります。
f0167281_0173854.jpg

では、いざ出発!
f0167281_019431.jpg

サン・ベント駅でリスボンに戻る列車の切符を買います。
ここは、駅の内部がアズレージョってのが見どころなんです!
f0167281_1145419.jpg

f0167281_115913.jpg

激写しまくったあとは、一駅乗って、対岸にわたります。
降りてみると、・・・おお!!
f0167281_1163440.jpg

f0167281_1165044.jpg

ビューティフォー!
もともと、ポルトの町にはそんなに思い入れはなかったんです。
でも、大好きな器の作家さん、矢島操さんが「今まで行った中で、ポルトガルはとっても良かった。ポルトの町に電車でついた時に見えた風景が、まさに魔女の宅急便で感動した」というようなことをおっしゃっていて、それからすごく見てみたくなって、夢がかないました。

さて、ポルトと言えばポルトワイン。
あわよくば試飲…と、看板の先へとワクワクしつつ進みます。
f0167281_2002798.jpg

ポルトワイン工場の看板たち。
しかし、ちゃんと案内板もあるのに、見落として坂を上がってしまいました。
川沿いに歩いたら行けたのに…。
はるか遠くに見えるサンデマン。
f0167281_2024519.jpg

時間切れの予感なので、橋を渡って戻ります。
f0167281_2041935.jpg

マラソン?トライアスロン?軍団が、奇声を上げながら走ってました。
結構スポーツ好きなんだろうか、ポルトガル人。マデイラ島に渡った時も、飛行機の中でトライアスロン軍団ぽい人たちがいて、機内で大騒ぎ、着陸の時には「ワキニーワキニーワキニー」と歌って、拍手して、後ろで私はげっそりでした。。。

さて、ポルトの歴史地区へなんとか入りました。
リスボンもだけど、ポルトも急な坂が多い!坂、坂、坂。
根性入れていかないと大変ですよっ!
f0167281_20114144.jpg

あ、ボルサ宮!宮殿じゃなくてポルト商業組合の建物です。近年まで証券取引所だったそう。なんて風格があるのか。。。ほんとに内部は城のよう!
アルハンブラ宮殿を模したアラブの間、寄木細工の机、黄金の間、すごい!
撮影禁止だったので写真はありませんが。。。
好き勝手見るんじゃなくて、ガイドツアーにつきます。英語かスペイン語でした。でも、別のお姉さんはフランス語もしゃべってたな。
そのお向かいはエンリケ航海王子の像があります。一応撮っておく。
f0167281_20124571.jpg

あとはショッピングセンターに向かってガンガン歩き、到着しましたが、お目当てのスーパーが閉店してました。。。
ポルトのスーパーにはフランセジーニャのソースが売っていると聞いて楽しみにしていたのに!
仕方なく、食事に。バカリャウ(干しだら)料理です。
私が頼んだのはこれ。
f0167281_2014384.jpg

南蛮漬け。これは、、、まさに南蛮漬け!日本の南蛮漬けは、忠実に現地の味そのままだと思います。なんだか和定食頼んでる気分…。
友達はこちら。グラタン風。
f0167281_2016456.jpg

ややしょっぱいけど、おいしいです!

さあ、リスボンへ戻ります。
f0167281_20164682.jpg

サン・ベント駅からカンパーニャで乗り換え、リスボンへ一直線。
リスボンのオリエント駅に着いたら各停に乗り換えてアレイロ。
ホテルに荷物を置いたら、即座にタクシーでアズレージョ美術館へ。
どうしても行きたかったんです。
f0167281_20193016.jpg

ここがね、、、非道いんです。
展示自体は興味深くて、楽しいんですが、閉館50分前に着いて、1階を見ていたら「こっち、こっちよ」と案内のお姉さんがついてこいというのでついていったら、1階半分も見ないで2階に上がらされ、はっ!と2階から見ていたら次々と1階の展示室を閉めている!
くっそーはめられた!!
2階も、見ている途中で次々閉められ、閉館時間10分前にはもう見るものない状態に。しかも、ショップも真っ暗で鍵かかってる・…。
「まだ6時になってないでしょ!」と受付で思わず文句言ったけど、相手にされず。
ムキー!!!!!(ノ-_-)ノ ~┻━┻
相当気を悪くしながら、バスで中心地まで帰りました。

ん?これは・・・。コメルシオ広場で不定期でやっているというアート蚤の市!!
f0167281_2033047.jpg

行った時は日曜でした。
そして、ポルトガルの歩道をいろどるタイルの技法で作られたポットマットや小箱を置いているお店で、鍋敷きを買いました。
f0167281_20574797.jpg

ちょっと気持ちも復活して、じゃあ、マスターカードのCMでも使われていたというケーブルカーのグロリア線に乗ってみよー!と向かいます。
おっと、観光客ぎゅーぎゅー。
f0167281_2123370.jpg

中は混み混みで風情ないけど、外から見るといいですねーー。

さて、晩ごはんはセルベッジャリア・ダ・トリンダーデ、13世紀の修道院だった場所でビールメーカー、サグレシュが経営するビアレストラン。
ここ、、、早い時間から人でいっぱいです!(ポルトガルではかなり珍しい)
並んでる~
f0167281_2116391.jpg

壁はやっぱりアズレージョ!
f0167281_21174120.jpg

30分待ち、席でも待ちましたがやっとやってきました!
f0167281_21195927.jpg

その中で激旨だったのがこちら、たこサラダ。オリーブオイル、ニンニク、塩のシンプル味付けだと思うんだけど、たこが柔らかくっておいしすぎ!
f0167281_21241055.jpg

あと豚肉の何か。アレンテージョ風だっけ??
f0167281_21244487.jpg

〆にコーヒー。ポルトガルはコーヒーの国です。(お茶はめっちゃ薄い)濃くておいしいです。
f0167281_21263949.jpg


いい気分で帰りましょ~。
地下へと長ーい長いトンネル、バイシャ・シアード駅。
f0167281_21275387.jpg

そしてここは、ホテルの近くのアレイロ駅です。
f0167281_21283172.jpg

いよいよ明日で旅行が終わりそう…!!いつも旅行は、時の流れが早すぎる…。

盛りだくさんポルトガル旅行 2008年9月20日

3日目は、マデイラからポルトへひとっ飛び。
ポルトは、その名が示す通り、ポルトガルの国名の由来になった都市。
空港行のバスは、ポルトガル航空のチケットを見せたらタダで乗れるらしい。
と、定刻過ぎて30分ほど待つも…来ねえ!!
バス停のまん前のお家。

f0167281_2139658.jpg

リスボン→マデイラほど飛行機も遅れず(いつものようにジャムがひっかかり、検査場からチェックインカウンターに戻される)、買ったワインを空港で受け取り、なんとかポルト到着。
大変なのはここから・・・!
市内に行く列車の切符が、機械2台しかなく、片方は英語が出ず、しかも何ゾーン通過するかとか、買って1時間は乗り放題なのを何回いけるようにするかとかもしくは一日乗り放題にするのかとか選ばないといけなくて、訳わからん!!
しかも駅員がいない。
15分ほど格闘して、間違った切符を買った直後に2人駅員が現れ、英語できず、払い戻ししたいといっても「ノー」しか言えない。
キャンセルできないんだったら説明できる駅員おいとけ!!(ノ-_-)ノ ~┻━┻
駅員、さみしいのか2人1組で動いていて(仕事分担してるとかじゃない)、ホームにいるときはホーム、地下にいるときは地下。意味ないじゃん!!と怒りまくる私。静かに「払い戻しできないんや…」とつぶやく、くぼっち。
そして、ホームに着いた途端電車が出てしまい、20分待ち。キー!
わたし、待つのが病的に嫌いなんです。
f0167281_21405278.jpg

やっと来た…気を取り直して市内へ。
ポルトの地下鉄、やたらめったらホームと線路の段差が低く、歩いて向こう側のホームに渡ろうとする外国人続出らしくそれだけ英語で「線路を渡るな、危険」と書いてあります。
f0167281_21432086.jpg


サン・ベント駅に着いたら、まずはホテルへ。
ちなみにマデイラ島とポルトのホテルは、venere.comで探しましたが、結構マニアックなところでも選べて便利でした!
ホテルへの道すがら、歴史地区を通る。美しいわ!
f0167281_214620100.jpg

f0167281_2146392.jpg

f0167281_2147020.jpg

f0167281_21471667.jpg

問題なくチェックインできました。英語もわかりやすかった。
お腹ペコペコなので、ポルト名物トリパス・ア・ラ・モーダ・ド・ポルト(ポルト風もつ煮込み)が名物のトリペイロという店を探したけど見つからず、そもそも昼ごはんタイムを過ぎてしまった。
仕方なく、ホテル近くのカフェで軽食を取ることに。
仕方なくと書いたけど、実は由緒正しいカフェでした。
f0167281_21492337.jpg

これで前菜らしいけど、固くずっしりしたパンに、魚のすり身のフライ。
ジュースもたっぷりでおいしかったです!

雨降る中、一番の目抜き通り、サンタ・カタリナ通りへ。
ぷらぷらしていたら、かなりツボな部屋着&下着屋さん、woman's secretを発見!
(ヴィクトリアズシークレットのパクリですかね~やっぱり)
ここで、かなり欲しいおパンツがあったんですが、全部タンガ。普通のがいいな~と思っていたら、マネキンがはいている!
「あのマネキンがはいてるタイプのがほしいんですけど…」と店員に言ったら「ノー」
何がノーじゃい!! またしても(ノ-_-)ノ ~┻━┻
食い下がるもノーしか言わない。しかも、店員自分の買い物のレジ処理で延々時間かかり、また、ラッピングをやり直したりして客の私を待たせまくり。
でも、悪意はなさげなんですよね~。これがポルトガルなのかしら。。。

さて、タクシーで大雨の中、くぼっちの希望でアルヴァロ・シザという建築家の美術館へ。
建築が彼の建築で、展示物は現代ものを企画展でやっています。
美術館の名前は、日本語だとポルト現代美術館みたいだけど、ミュゼゥ・セラヴェスってタクシーのおじさんは言ってたみたいです(私は聞き取れず)。
セラヴェスは、運営してる財団の名前みたいです。
ここが、行って良かった…!
f0167281_220066.jpg

建物に入るまでの間の目に入る光景も、
f0167281_2204112.jpg

f0167281_220573.jpg

f0167281_2211287.jpg

なんかよくないですか??
わくわく中に入ります。
展示物は、このときは南アフリカで育ったカメラマンが、昔から街の様子を撮ったものでした。
とにかく、、、日本に産まれてよかったなという内容でした。
白人で産まれようが、黒人で産まれようが、あんな環境は普通じゃありません。
さて、ツボだったのがここのトイレのピクト。
f0167281_2241575.jpg

カワイイ☆
建物内部はこんな感じでした。
f0167281_2245030.jpg

4階分見て、外に出るとまたちょっとさっき通ったところが違うように見えます。
f0167281_2253461.jpg

f0167281_2255011.jpg

ここの売店のお姉さんに、晩ごはんのレストランへの行き方を聞き、とにかくここを出たら右にまっすぐ歩き、突き当りの大きな道路を渡って右へ進むとあるようでした。
さあ行ってみよー!

ありました。ポルトのもう一つの名物、フランセジーニャの名店、cufraです。(^0^)
フランセジーニャとは、フランス娘って意味だそうです。
フランスに住んでいたポルトガル人が、クロックムッシュなどを改良?して発明したそうです。
f0167281_2294296.jpg

店内は人でいっぱい!さすが有名店。
お店の人はとても感じがよく、そしてここ、リーズナボーでした。
まず、トマトサラダ。ボリューミー!これで2ユーロなんです。
f0167281_2242934.jpg

そして、日本でいう味噌汁のカルド・ヴェルデ。じゃがいもポタージュに、キャベツの仲間の葉っぱの千切りとサラミが入ってるんですが、日本で食べたのはお飾り程度だったけどここのは葉っぱがいーっぱいでおいしい!そして1.95ユーロ。
f0167281_22433932.jpg

店内、ほぼ満席。ガヤガヤ・・・。やっぱりフランセジーニャ大人気。
f0167281_22443323.jpg

待っていると、やってきました、フランセジーニャ!
食べやすいように、半分に切ってそれぞれ違うお皿に乗せて持ってきてくれました。
この心遣い、忘れません!
f0167281_22453498.jpg

上から
チーズ
えび
食パントースト
チーズ
焼き豚みたいな豚肉
ハム
パン
で、ピリ辛ソースがかかっていて、このソースが肝心要なんです!
f0167281_22481572.jpg

うまーーい!!!(^0^)(^0^)
最高においしかったです。ここのめちゃおいしい!
こんなに安いのにサービスもいいし。。。英語のできるダンディーな白髪のおじさまが、「おいしかった?」とか聞きに来てくれた時に、思い切ってレシピ聞いてみました。
なんと、most importantのソースを教えてくれました!(まあ分量はわからないけど、材料は)ちなみにポルトワインじゃなくテーブルワインでいいそうです。
次回ポルトに行ったらまた絶対に来ます、おじさま!!

終わりよければすべてよし!のポルトの夜でした。