<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


インドはチェンナイへひとっ飛び その7 シンガポール一休み編その2

シンガポール2日目です。
朝ごはんを食べたら、荷物をホテルにキープしておいてもらい、
まずはジュロンバードパークへ。

入口にはペンギンが。常夏だけど大丈夫なのかな。

f0167281_17414712.jpg


バードショーです。子どもでいっぱい!
たわいもない玉入れ競争とかもあるし、お客さん参加型のこんなショーも。

ホロホロ鳥。
f0167281_17421312.jpg


エミューです。
f0167281_17422611.jpg


とさかのすごい鳥。パンキッシュです。
キッ!!
f0167281_1744317.jpg


きょとん。
f0167281_17441872.jpg


ひとつひとつアップしているときりがないのですが、とにかくすごい鳥でした。
広い!熱帯でこれはかなり大変。


雲行きが怪しい中、昼ご飯へ向かいます。
アラブストリート近くのZAM ZAM RESTAURANTです。
f0167281_1749534.jpg


店先で、お好み焼きのようなムルタバ作成過程を実演中。
f0167281_17503774.jpg


ひとつができるまでを動画にしてみました。
ムルタバ一つにつき、卵2個使ってますね~。

マトンと、サーディンムルタバ(各5シンガポールドル)、
二層に分かれたミルクコーヒーkopi cino(2.5ドル)、
ナシゴレンチキン(6.5ドル)にしました。
2階はお兄さん一人で回しているので、注文聞いてもらうのにも時間がかかります。
きた!!
f0167281_17545958.jpg


すごいケチャップのかかったきゅうりと2種類のソース。
f0167281_17553919.jpg


ナシゴレンとコピ・チノ。中で珈琲とミルクが動いているのを見るのがたのしい!
f0167281_1756238.jpg



スコールが止まない中、アラブストリート近くのお店を探索、服を買い、
タクシー(これまたなかなかつかまらない・・・)でムスタファセンターへ。
f0167281_1804326.jpg


シンガポールに住むインド系の人々は、ほぼタミル系の人です。
なので、町の住所表示もタミル語だし、インド料理を食べに行っても南インド料理が食べられます。
ムスタファセンターで思い知ったその南インドパワー。
これすべて、南インドのお菓子です。
f0167281_1815820.jpg


バナナの葉に似せた、プラスチックの食器も売ってるし・・・。
以前必死で買い求めたバナナリーフディッシュ、どん。
f0167281_1825056.jpg



ちょっと食材を買った後は、ホテルで荷物を受け取り、空港へ。
あーやっぱり落ち着きます。
ターミナル3にも、ブンガワン・ソロができていました!
f0167281_1835072.jpg


ここのパイナップルケーキがおいしいのでお土産に。
あっという間になくなるんです!
f0167281_1841640.jpg


生菓子もいろいろあったので、もち米とパンダンリーフのこんな甘さ控えめのものを。
f0167281_1845662.jpg



最後の晩餐は、やっぱりシンガポールに来たので肉骨茶!!
f0167281_1852742.jpg



よく食べ、よく歩いたインド&シンガポール旅行でした(^m^)

インドはチェンナイへひとっ飛び その6 シンガポールで一休み編

車でまわろうが、いいホテルに泊まろうが、やっぱり疲れるインド。
なので、乗り継ぎ地のシンガポールでちょっとお休みです!!

朝ごはんをフードコート的なところで食べました。

f0167281_15282910.jpg

ここで衝撃だったのは、カリカリに痩せた、足が悪くゆっくりしか歩けないおじいさんが清掃していたこと。
日本なら、老人ホームに入っていてもおかしくないレベルの人でした。
相方がタクシーに乗った時、「ここは、死ぬまで働くしかないからね」と運転手の人が言っていたそうで、
美しく発展したシンガポールの別の一面を見た思いでした。


さて、シンガポールで一番行きたかったところへ向かうことにします。
プラナカンの住居が並ぶ、カトンはKOON SENG ROADへタクシーでGO!
プラナカンとは、マレー女性と、中国やインドから渡ってきた男性との間に産まれた子どもと
その子孫を指すんだそうです。
基本的にリッチで、独自の文化が発達しています。
着きました!
f0167281_153563.jpg

パステルカラーのかわいいおうちが並びます。
サンフランシスコのpainted ladyを思い出しました。

f0167281_15355739.jpg

f0167281_15361281.jpg


道の反対側も。
f0167281_15362812.jpg

朝一から、かなりの日差しです。
それで焼けてしまいましたが、来てよかった場所でした!

急いで、プラナカン博物館へ。
10時半からは日本語で説明が聞けるツアーがあるんです。
f0167281_15392932.jpg


プラナカンの女性は、なんと12歳になるとあとはひたすら花嫁修業で、
1年のうち1日しか外に出てはいけなかったんだそうです。
しかもその修業が、聞くだけでも肩ゴリゴリになりそうなビーズ刺しゅう(ビーズがまた、普通のよりすごく細かい!!)とか。。。
相手も、親が占いによって決める感じで、聞けば聞くほど窮屈そう。
結婚式は2週間とか。夫に先立たれたら喪に3年服し、徐々に服装を変えていきます。

プラナカンの食器。かわいい。桃とかおめでたいモチーフってやっぱりよいわ。
f0167281_15495860.jpg

f0167281_1550739.jpg


他人事として聞くから、冷静でいられるけれども
本当に儀式と習慣にしばられまくりで、心の炎が消えそうな生活様式でした。
結婚式のときは、ぞろぞろ行列を作るんですが、
男の子をたくさん産んだ女性が並ぶもので、寡婦や、子どもいない女性は縁起が悪いから入っちゃいけないとか。

サロン・クバヤの特別展示を楽しみ、
f0167281_15535082.jpg


かわいいドラゴンの刺繍に和みました。
f0167281_1554892.jpg



お昼ご飯は、ペーパーチキンが有名な、HILLMAN RESTAURANTへ!
ここ、10年くらい前に母と来た時はオープンエアーの半分屋台みたいなお店だったのが、
どんどん名が売れたのか、冷房付きのちゃんとしたレストランになってました!
f0167281_1613644.jpg


来ましたよ~ペーパーチキン。
紙包みの中に、ジューシーなチキンが!
二人で10こ。食べすぎ。
f0167281_1621888.jpg


で、鍋で煮込んだ麺に、ハッピー豆腐、名前を忘れたすごく安いスープ(これで小サイズ)
このハム入りのスープがすごくおいしくて!!感動。
f0167281_1632529.jpg



ちょっと休みに戻ります。
泊ったムーンホテルというところが驚きのホテルで、
とにかく空いてるわ!というので空港からネットで予約したんですが、、、。
f0167281_1643979.jpg

とてもキレイ(できたて)でデザイン重視。
ホテルスタッフも、吊り目メイクに黒の私服でオシャレでした。
朝ごはんを食べる1階も、客室も白とパープル基調です。
f0167281_1651117.jpg

ビックリしたのはお部屋!!
ふろもトイレもガラス張り!!
これ、夫婦でも、ましてや友人同士で泊りに来たらすごく微妙では・・・?
部屋に入ると短い廊下、1段あがってベッドです。
枕元が壁がすべてガラス張りでトイレとお風呂。
あと、シャワーしかないんですがカーテンも段差もないのでトイレのところまで水浸しです。
結構家族連れもいてたので、感想を聞いてみたいものです。


さて、ナイトサファリへ出かけます!
写真ではあまりとらえきれないんですが、確かに動物いました。
でも、雨だとやっぱり木陰に隠れて出てこない動物が多いかなぁ。。。残念。
雰囲気を楽しみました。
f0167281_16135281.jpg
f0167281_1614849.jpg


あと、日本で言うドクターフィッシュのビッグバージョン体験も。
かなりでかい!!
そして最初劇的にくすぐったい。
f0167281_16145840.jpg

やはり、角質の多い人に魚は群がります。
自分なんて大したことないと安心した?一こまでした。


帰りのタクシーは長蛇の列。
20分くらい待ちました。
もうすぐ閉店のバナナ・リーフ・アポロに行きたいなぁと話していると、
120キロ出して猛スピード運転してくれました(^ ^;)
それでも5分遅刻でしたが、普通は入れてくれないみたいですが(条例か何かで)
相方がタミル語で、「日本から来たんだよー食べさせておくれよ」というと、OK出ました。

フィッシュ・ヘッド・カレーです。おいしー!!!
f0167281_16195988.jpg


バターミルクとパパド。
f0167281_1621217.jpg



ホテルの冷蔵庫にある飲み物は、飲み放題だったのでついついビールなど飲んでしまい、
お腹一杯で爆睡の夜でした!!

ふくろうがいっぱい

鳥が大好きなわたくし。(ドバト除く)
その中でも、ふくろう・みみずくが大好きです。

最近買ったふくろうものをご紹介。
アースデイ東京に出店されていた、第3世界ショップアサンテサーナにてお買い上げ!

f0167281_1525452.jpg

ぎゃわいいじゃないですか~~。
インド製、ヤギの革の型押しカードケースです。

そして、頼まれもののこちらもふくろう!
小銭入れです。
ちょこん。ホー。
f0167281_156323.jpg


それでは飽き足らず、、、
またしてもティンガティンガ・アートを、バラカにて買ってしまいました!!
f0167281_1583325.jpg

サイディ作、「ふくろうの森」です!!


家にふくろうがいっぱいだホー。ワンダホー。

インドはチェンナイへひとっ飛び その5 チェンナイ4日目編

インド最終日です!
仕立て屋さんにて色々打ち合わせした後、
ひたすら知人・親戚を訪ねます。
もう20分おきくらいに会って、また次へ!で、
なかなか目まぐるしいスケジュールでした。

相方の働いていた裁判所。
平等のシンボルである王様の像があります。

f0167281_22485349.jpg

ここで、元同僚と立ち話しましたが、
私の方を全然見てくれないというか見えていないような感じで、
なんでかなぁ~と思っていたら、インドでは他人の奥さんなどをじろじろ見たら失礼なので、
見えていないかのようにふるまうんだそうです。

16時にやっと昼ご飯にありつけました。。。
イドゥリがおいしいので有名な、MURUGAN IDLI SHOPです!
f0167281_22512642.jpg


おじさんの後ろにあるのは、バナナの葉。
これをお皿としてサーブします!
f0167281_22522011.jpg


どどん。
見た目そんなに美しくないですが、おいしい。
f0167281_22524522.jpg

白いのがココナツチャトニ、グレーのがプディナ(ミント)チャトニで、
あとサンバルやワダなどなど。
むしゃむしゃいきます!!
タミルの人たちのイドゥリのこだわりは、とにかくやわやわで指でシュッと切れること。
ここのは確かに今までの中で一番やわらかくておいしかったです。

しめは、インドコーヒーで。
このコップと下のお皿で移しかえながら冷ましていきます。
あまーいミルクコーヒーが、疲れた体にしみわたります。
f0167281_225574.jpg


なつかしい人に会う旅は続くよどこまでも。
壁にいろんなインドの風習が描かれたところ。
f0167281_22555048.jpg


かわいい双子ちゃんを出産したばかりの従妹に会って、
もうとっぷり夜。
空港へ急ぎます!!

着きました。
最後の買い物、Sri Krishna Sweetsでバナナチップスを買います!
空港入り口から入ってすぐのところにあります。
f0167281_22575361.jpg


アチャールなども並んでいます。
f0167281_231476.jpg


バナナチップスは塩味でスパイシーなのと、甘いのとありますが
断然美味しいのは塩味です。
f0167281_2259408.jpg

ビリヤニと一緒でも、おつまみでも、おやつでも!

なんだか和菓子みたいな、生菓子っぽいのもあります。
でもハエがよくたかっているので微妙です。
f0167281_2303113.jpg


入国審査は男女別の列でした。
男性は結構念入りにボディチェックされていました。

お店がそんなにないので本当~に暇な待ち時間。
入国審査の後のイスはきれいですが、その前のイスは座ると何かに感染しそうな
ものすごく汚いイスでした。
すごく疲れていましたが、立つことを選びました。。。

やっと離陸。
インド発の飛行機は、何時であろうとご飯を出すそうです。
夜中1時にヘビーな晩ご飯。
でもこれがおいしかった!!
f0167281_2341879.jpg


ナイスな機内食は、アフターミントも付いています。
f0167281_2345091.jpg


中もかわいい。
f0167281_23567.jpg



ちなみにこれは、泊っていたホテルGRTでもらったもの。
ここではmouth freshnerという名前でした。
かわいくておいしかったです。
f0167281_2391090.jpg



次はシンガポールです!

新大阪へ、スペイン料理を食べに♪ EL NAGUE

インド編をちょっとお休みして、日本編です。
こないだ、スペイン料理を食べに行きました。
新大阪の、Palace Ai近くのEL NAGUE(ナージ)です!

f0167281_10111336.jpg

もともと郵便局だったところを改装されたそうで、
昔の郵便受けや時計などがいい具合にお店とマッチしています。

バルセロナで修業された、まだ若いシェフとそのご家族でやっておられます。
ではでは、、、まずは生ハムでしょう!
f0167281_10191416.jpg

ウホホ・・・ワインがススム君です!
あ、こちら、お酒もかなり魅惑的で、
フルーツトマトやジンジャーやいちごチューハイなど、生フルーツたっぷりのがいい感じです♪

さて。
連れて行ってくれた方おススメのトマトサラダ。
f0167281_10223962.jpg

いくらでもいけます!

小エビのアヒージョ!
f0167281_10221142.jpg

残ったオリーブオイルすべてを飲み干したい衝動にかられます(笑)!!
もうパンと合う合う!!

なんだっけ???このオーブン焼き・・・
美味しかったのは確かなんですが・・・
f0167281_10255442.jpg



何と言っても、このパエリヤ!!
今まで食べたパエージャの中で一番おいしかったです。
パエリヤって、時間、手間暇かかるし(材料費も・・・)、大きいオーブンがないととか
大変な割に、そんなに感動することってなかったんですが
ここのは本当~においしい!!
f0167281_10273949.jpg

お好みで、真ん中のアリオリを混ぜつつ食べます。

あと、何かのいい豚のソテー。
もう、写真がひどすぎます。ごめんなさい。
脂がおいしい、そして、お腹がはちきれそう!!
f0167281_102839100.jpg



そして〆は・・・。
こちらのお店、バリスタの方がいらっしゃって、コーヒーがとにかくうまい!と聞き、
珈琲とコーヒーゼリーを。
f0167281_1030449.jpg

確かにやっぱりおいしいよ~(T0T)
大満足でお店をあとにしました。
次回は誰かを連れていきたいです!!

インドはチェンナイへひとっ飛び その4 チェンナイ3日目編

この日は朝からサリーを買いに。
4着プラス母の分が必要だということを当日知るわたし。

とにもかくにも、サリー屋さんへ。
POTHYSです。
このPOTHYSのある辺りはティーナガルと呼ばれる区域で、
いいものが通常の他の店で買うより何割も安く買えるんだそうです。
PONDY BAZAAR周辺です。
ティーナガルの中でも、ウスマンロードがいい店が揃ってるそうです。

f0167281_7451470.jpg


店内、ここは1階のふつうサリー売り場。
f0167281_745412.jpg


何階だったかな?この階は婚礼衣装売り場。
なんだか内装もゴージャスです。
f0167281_7472030.jpg


こういうのがいい、石入りがいいとか言うと色々出してきてくれ、
次々に試着。
けんけんがくがくな人たち。
f0167281_753565.jpg



一日仕事なようですが、一発で決める私に相方の親戚が驚いていました。
試着!
f0167281_7484043.jpg

一枚布のサリーを、ひだひだを作って巻きます。
ここでこうした着付けをしてくれる店員さんはものすごく小柄な人が多かったです。

完成!
肩のところと、スカート部分がひだひだに。
とりあえず平ゴムベルトでプリーツ部分を固定。
f0167281_751257.jpg


5着決めた後、親戚が値切り交渉してくれました。
(本当は決める前にした方が安くなるらしい)
本当に、知り合いのいるインドとそうでないインドでは生活しやすさが大違いですね。。。

インド美女が着ると、こういう感じ。
f0167281_7533556.jpg

私とは何もかもが違います(T0T)


それから相方の衣装を見に下の階へ。
南インドと北インドではちょっと違うんですが、
雰囲気を変えるという意味で従妹の旦那さんは
レセプションで北インド、本番で南インドの衣装を着たんだそう。
というわけで北インドの衣装は、男前が着るとこういう感じ。
f0167281_7552655.jpg


買ったサリーは、こんなスーツケース?に入れてくれました。
なんかすごい。
f0167281_23214011.jpg



とにかくおひるご飯!
このお店は、初日の夜に行ったところと同じところの支店です。
f0167281_23131095.jpg


ミールスセット。WOW!
いろんなおかずがいーっぱい。
ポリヤルに、コランブ、ラッサム、円形に配置されたおかずがかわいい。
f0167281_23144795.jpg


おかずは適当にテーブルに出して、真ん中にスペースを空け、
チャパティかプーリかを選びます。
さらに後ろには、てんこもりご飯(一人分)。
その上にパパドもつきます。
f0167281_2315418.jpg


食後にはバターミルク。
飲む塩味ヨーグルト、アイランみたいな感じです。
消化に良いのです。
f0167281_23162785.jpg


そして、これも消化を良くするもの。
葉っぱにハーブみたいなのが包まれています。
くちゃくちゃ噛んで、中の汁を吸ってあとは捨てます。
f0167281_23174125.jpg



その後は大きなショッピングセンター(日本と物価変わらない・・・)にて
妹のチュリダールを買いました。
f0167281_23182224.jpg


帰り道、驚いたのは・・・
バス停
f0167281_23185069.jpg

ではなく、

マリーナ・ビーチ!
ものすごーく長いんですが、
そこにびっしりの人、人、人。
インドって人口多いなと実感したビーチでした。
f0167281_23193748.jpg



その日は、ホテルでケララ風カレーなど食べて、爆睡でした。。。

インドはチェンナイへひとっ飛び その3 チェンナイ二日目編

二日目です。
時差ぼけになりつつも、よく寝ました。
さあ朝ごはん!!
南インド料理が日替わりで、たくさんの種類ビュッフェ方式で食べられます。

f0167281_1258580.jpg


Amurのギーは知っていたけど、バターもあったんですね~
f0167281_1352783.jpg



さて、オートリキシャで目的地に向かいます。
f0167281_1361033.jpg


目的地周辺。やせた牛。
f0167281_137376.jpg


ジューススタンド・・・?後ろのココナツで作った家も気になりますが、
左端の男性がよくある南インドファッション、シャツ+ルンギです。
f0167281_1371515.jpg



メイク体験をした後、(どんどん濃くアイライナーを入れられて宇多田ヒカルみたいに・・・)
次の目的地は、サリーの下のブラウス、チョリをオーダーしに行きます。
(チョリって多分ヒンディー語ですが)
SAI LIMRAS、ここの腕がいいと聞いてこちらへ。
f0167281_1313533.jpg


家を見守るだるまさん。
f0167281_13142091.jpg


お針子さんが縫ってます。
f0167281_13471055.jpg


ここ、本当に行くたびに人がいなかったり待たされたり、出なおしたり大変でした。
インドではそれが普通かもしれないけど。。。
女性オーナーがばりばりできる人で、あとの人はよく怒られてました。
しょんぼりしたおじさんが「間違えてカットしちゃいました・・・。」と来て、
「あんた!!こんなにちゃんと指示書いてるのに何見てるの!!
目、前についてるの後ろについてるのどっち?!」と怒鳴られ、
電話がかかってきて「子供が熱を出したから12時に出勤していいですか」ときたら、
「1か月も熱出してるってどういうこと?特別に12時出勤を許可したらそれを基準にしてる。
もうあなたには辞めてもらうわ!」とまた激しいやり取り。
一人経営って本当に大変やなと相方は同情していました。

さて、採寸も、別のお針子さんにしてもらった時より、このオーナーの方が納得のやり方。
できあがるのが楽しみです。
まず採寸した後、本からブラウスのバックスタイルを選びます。
f0167281_13535071.jpg

f0167281_13534160.jpg


それから、いろんなサンプル写真を見て、前にどんな刺繍をするか選びます。
シンプル
f0167281_1354338.jpg


かわいい花柄
f0167281_13545224.jpg


これもかわいいパステルペイズリー
f0167281_13553448.jpg


4枚あったので、一つはこの刺繍を袖にしてもらうことに。
f0167281_1356465.jpg



5時集合、6時からご飯にみんなで行こうという話でしたが、
集合が7時半。
それがインド時間というものだそうです。。。

相方のおじ、おば、いとこ姉妹、別のいとこ夫婦、子ども・・・と大勢で晩ご飯。
おいしくいただきました。
いとこの一人に、「心から私たちのファミリーに歓迎します」というメッセージつき花束と、
金のペンダントヘッドをもらい、感激でした。

つづくぅ!

インドはチェンナイへひとっ飛び その2 チェンナイ初日編

シンガポールから、チェンナイへ3時間半くらいのフライト。
チェンナイに3時半着。
着いてみると、想定内ですがチャンギ空港とは全く違います。
天井がはがしてあって、ブルーシートとか。
ただもうイミグレーションあるのみ、と向かいましたが。。。


ビザがない。


えっ日本人もビザ要るの・・・???←完全に準備不足

その場でもビザはとれるんですが、顔写真が必要です。
それもない私。

「いいよいいよ、ここで撮れるから。コピーできるし」と言われたものの、
延々と続く世間話。
「1階に下りて、両替して、コピーしてきて」とか言われ、
私なら言葉のまんまにとってそうしていたところですが、
それは暗にそういう要求・・・だったということでした(--;)


さて、やっと出国。空港から出るとまずこの光景。

f0167281_23202139.jpg


タミル語が、おお、チェンナイに来たという感じです!
f0167281_2321042.jpg


タクシーから見たクルフィ(アイスクリーム)トラック。
f0167281_2321332.jpg



今回とまったGRT GRAND(ホテル)
美しくて、とっても快適で、朝ごはんも日替わりインド料理がたくさんでおススメです!!
f0167281_23233985.jpg



街歩き開始!!
歩いてPONDY BAZZARへ。
もう、途中排気ガスがすごくて、しかも車道をわざわざ歩く相方。
「なんで歩道を歩かないの??」と聞いたら、
「おしっことかで汚いから。ほらあの人も」見ると、立ちション中の人が・・・。
そんなわけでとっても歩きにくかったです。

途中、ジャスミン屋さんがたくさんありました。
みんな、特別な行事がなくとも、女性は髪にジャスミンのレイを飾っています。
いい匂い。
f0167281_23301434.jpg



バザールは、いつもみたいに隅から隅まで・・・ということはできず、
人をかき分けかき分け、ただ道を歩いたという感じ。
とりあえず、最大の調理器具屋さんへ。

右も
f0167281_23282312.jpg

左も
f0167281_23284626.jpg

ミラーでなく、天井にまで鍋がびっしりディスプレイ!!
これは1階で、これが4階くらいまで続きます。

いろんな容器とか。
f0167281_2331897.jpg


3分ですっかり食傷気味の相方をなだめすかして、買ったのはこちら。
ドーサパンです。
チャパティ用は別にあるんですが、とにかくテフロン加工のこれ1つに。
f0167281_2333638.jpg


あと、ホットポット。
作ったご飯やイドゥリなどを保温しておくやつです。
MILTONとcelloというメーカーのがインドでは有名らしく、MILTONに。
f0167281_23342936.jpg


でも、苦労してインドで買うより、シンガポールのムスタファセンターで買う方が、
種類も多く、品質も良く、値段もそんなに高くなかったです。
しまった・・・。
インド調理器具を買われる方は、ご参考までに★


さて、ご飯。
HOTEL SARAVANA BHAVANです。
名前にホテルとつきますが、レストランです。南インドではしばしばそうらしい。
f0167281_23354546.jpg


ベジタリアンのお店で、チェーン店。
1階は純粋南インドの軽食、2階は北インドも入りますが、ちょっと高級になります。
f0167281_2341796.jpg


カリフラワー65。
最後に65とつくのは、スパイシーな揚げもので、こういう赤い色付けをしてあるやつみたいです。
f0167281_234241.jpg


RAVA DOSA、荒挽き小麦粉のドーサとチャトニ数種類。
f0167281_23425720.jpg


ビリヤニと名のつく、でもビリヤニ?なご飯ものと紫玉ねぎ入りヨーグルト。
f0167281_23433932.jpg


食後は、フェンネルの砂糖がけなどなどお口直しに出てきます。
こういうの、日本のインド料理屋でもレジ横に置いてますが、みんな手を出さないので
スパイスが古くなってしまっておいしくないことが多いです。
でもインドなら、みんな大量に食べるので、フレッシュ。おいしいしやっぱりインド料理の後に合う!
f0167281_23453190.jpg



その日帰り道に買ったのは、強力蚊よけクリーム。
f0167281_23462144.jpg

この2つのメーカーのが、インドでは有名らしい。
青のODOMOSが老舗で、グリーンのgoodknight naturalsは最近人気急上昇らしいです。
インド旅行の必需品ですね♪

インドはチェンナイへひとっ飛び その1 チャンギ空港編

GWいかがお過ごしでしたでしょうか。
わたくしは諸々の事情によりインドはチェンナイへ行ってまいりました。

まずは、関空→シンガポールへ。
8時間の待ち時間ののち、チェンナイへ向かいます。

シンガポールのチャンギ空港は本当に天国。
中は、飽きないようにバタフライガーデンがあったり、

f0167281_164208.jpg


使い放題無料の足マッサージ機がそこかしこにあるし
(2つのメーカーがあって、このOTOがお気に入り)
f0167281_16434515.jpg


ご飯にも24時間困りません。
まずはライムジュースとペリエ、
f0167281_16442126.jpg


ここまで来たらラクサと、
f0167281_16444162.jpg


海南チキンライス。
f0167281_16445768.jpg



買い物するところもそりゃもうたくさんありまして、
まずは余仁生 Eu Yan Sang にて、筋肉痛などによいものを買いました。
f0167281_1646348.jpg


活血鎮痛油です!
f0167281_1647331.jpg



ずらりと並ぶシンガポール航空機。
f0167281_1648278.jpg



これからは、シンガポール航空の格安ライン、SILK AIRに乗ります。
f0167281_1649319.jpg



つづくぅ!!