GINZA SIXで、食べて買う!!  

この前、2回GINZA SIX行ってきました。

つい最近行ったのは、1度目で失念していたISHIYA GINZAに行くため。
そう、あの「白い恋人」で有名な石屋製菓の高級バージョンです。

10時半オープンで、10分前に到着するとGINZA SIXの玄関前にはすでに行列。
でも、係の人に聞くと「ここともう一つ新橋側に入口があって、その2つだけオープンします。
新橋側は空いてますよ!」とのことだったので移動。
そして、ほぼみんなISHIYA GINZAが目当てらしく、事故のないよう店員さんに誘導されてエスカレーターを降り、
数人に走って抜かされたもののこれくらいの行列。
これは店の前じゃなくて、店とは離れたところにある、整理券をもらうための行列です。
f0167281_14360799.jpg


そして5人ずつくらい、お店に誘導されていくのですが
その間、パンフレットを見て何を買うか考える。
白い恋人の高級バージョン・Saquがみんなのお目当てで、それはアソートだろうが単品だろうが、1人3つまででした。
f0167281_14361987.jpg


赤ワインが一番食べてみたい。でもまぁ、とりあえずアソートにしようか。。。
f0167281_15330076.jpg


それと何だかすっごく気になった、バターケーキのFwari
チョコベースの?ブランデー&クルミとラムレーズンがあって、
私は大好きなラムレーズンを。
生菓子系は、個数制限ありません。
f0167281_14380030.jpg


いただきまーーす!!
ぱくっ。うん、バタークリームうまーい!!
ラム酒の効き方も甘さも丁度良くて、またほしくなる~
うちは子どもも旦那もこういうクリームいっぱい系苦手なので、1人で一本食べました。。。
本当は賞味期限翌日までなんだけど、さすがに足かけ3日かかった。。
f0167281_14400687.jpg



そしてこちら、Saquのアソート。
これは、「白い恋人」から格段に味がグレードアップしているのがわかります!!
チョコも美味しいけど、生地も本当にサクサク!
f0167281_13444684.jpg


味も香りも一味違っていますが、特に赤ワインが好きかも。
f0167281_13451196.jpg


石屋製菓と言えば以前、「面白い恋人」とトラブルになってたけど、冗談通じないなぁー、、、
フランクミュラーがフランク三浦訴えてたけど、誰も混同しないのに(-_-;)と思ってたのと同じ類の感情持ってましたが、
かなり美味しくて自分の中でのイメージアップしました!




ちなみにISHIYA GINZAに来た日より前にも、両親とGINZA SIXには来ていました。
北海道UEDAGUMIで昼ごはんを食べました!
母体は、北海道知床標津いくら丼うえだ というお店らしい。
レストラン階中心にあるバルだとすっごく並ぶんですが、それぞれの専門店に入ると比較的すいていました。
f0167281_14444159.jpg



知床標津の六宝丼!! この日は
うに・いくら・ずわい蟹・帆立・幻の鮭トキシラズ・ほっき貝の盛り合わせ でした。
潮汁と香の物付き、うわー美味しい!!
f0167281_14460005.jpg



トキシラズって初めて食べたけどトロより好きかもしれない!!
どれもこれも美味しかったぁー
f0167281_14461065.jpg


こちらは母の根室海峡彩り丼。
食べきれなかった分をもらいました、こっちも魚介が新鮮でおいしいー
f0167281_14464564.jpg


The Pie Hole Los Angelesで飲み物だけにすりゃ良かったのに
悪魔の言葉「せっかくだから」でパイも食べてしまう。。。
チェリーパイ。
f0167281_14471342.jpg


ショップで一番興奮したの、#0107 PLAZA(これでオトナプラザと読む)
ソニプラのオトナ版です!!そうとはわからないようなシックな店構え。
クチポールのカトラリーやら、食器類もあるし
何より良かったのが台湾PEKOEのスイーツ売っている~~!!
あと、LOLA'S APARTMENT(ロラズ アパートメント)のティーバッグ、terre d'Oc テールドックのホスピタリティーティーというシリーズがあって
いろんな国をイメージしたお茶と缶のセットがかわゆい!
インド的なロータスダージリンとロシア風のロシアン シトラスフルーツ ブラックティーを買いました。
ウズベキスタンも超迷いましたけど。。。
f0167281_14474202.jpg


そんなこんなのGINZA SIXでした。






ひなぎくきつね@麻布台のヴィンテージアパートでランチ♪ 2017.6.30

麻布十番駅と六本木一丁目駅の間、麻布台にあるカフェ「ひなぎくきつね

和朗フラットという、昭和11年(1936年)に建てられた木造洋館風の建物の中にあります。
たまたまNHKBSのTOKYOディープ!という番組の「インターナショナルな街 麻布」特集でその洋館を見ていたので、
建物大好きな人たちにはたまらない建物・・・ということは知っていました(くわしくはこちらのブログや、公式ページなどあります)

とにかくこの「ひなぎくきつね」、月初と月末しかオープンしないという
かなりハードル高いカフェでありまして、、、
ようやく行くことができました!!

雨の中和朗フラットに到着。
雰囲気のある4号館。アデリアが今咲き誇っていますが、春はミモザが素晴らしいよう。
f0167281_21471808.jpg

f0167281_21364435.jpg

f0167281_21365875.jpg


入口の網戸になっている内扉がレトロで、開け方がわからずとまどう私。
そして指を挟んで「イデデデ!!」と言いながら入室。はずかしー


店内はこじんまりしています。
f0167281_10532203.jpg

f0167281_10533343.jpg



「はじめてお食事の方へ」を見ると、冷たいお飲み物、冷菜、キッシュ、お菓子、温かいお飲み物から
1つずつ選んだらいいのではと書いてあったのでそうすることに。
夜メニューなのかなと思いましたが、昼でもこれでいけました。どれもすべて500円です。
f0167281_21390158.jpg
f0167281_21391705.jpg

f0167281_21393046.jpg




この日、11時半に予約しようとしたら「13時なら窓際の席お取りできますよ」と言われ、
13時にしてもらっていたのでした。
雰囲気あってやっぱりいいわぁ~
建付けとかはやっぱりそんなに良くなさそうだけど、それを差し引いても歴史や風格に惹かれて、
ここに移住してくる人もいるそうです。そりゃそうだ。そして意外にそこまで高くないようです。
f0167281_21404034.jpg



最初の冷菜は、ラタトゥイユか「きつねのポテロニ」ポテトマカロニサラダで
ポテサラはどうかなーと思いましたが、説明を聞くと
きゅうりとかが入ったいわゆるポテサラとは別物なのでそれに。
大きく切られた玉ねぎとくるみ、酢漬けのカリフラワーが入っていて、
上に紫玉ねぎがあしらわれています。
食べてみて、、、オ・ト・ナ!甘くなくて美味しい!どうやったらこうなるんだ??
マヨネーズをあまり感じないけどまろやかです。マカロニは小さくちぎられていて、そんなに主張していません。
とにかくカリフラワーが合う~!
f0167281_21420549.jpg


キッシュは卵なし、乳製品なし、どっちもなし の3種類あります。
乳製品なしキッシュにしようと思っていましたが、一番珍しげなエルバツィオーネなるものに。
イタリア式青菜のキッシュで、卵なし、ふだん草(スイスチャード)と2種類のチーズが入っているそう。
f0167281_21441380.jpg


ふだん草に加え丸小麦、紫花豆、ひまわりの種が入ってざくざくした食感。
青菜は、穀物と豆類と合わせると栄養的に補えていいという考えのもとこの組み合わせなんだそう。
そういえばこちらのお店のメニュー、栄養アドバイザーの方が監修されているみたいで、
こういう考え方を知らない私はとても面白い。
f0167281_21434171.jpg


そしてこの紅茶、アフリカンプライド!タンザニアの紅茶です。
関西にいたころ、しょっちゅう飲んでいました。なつかしー!!
お店の方、「このティーバッグが一番素直で、すっと入ってくる感じで美味しいと思う!」とのこと。

それと奄美諸島・徳之島のラム酒「るりかけす」を使ったドライマンゴーのアマンディーヌ。
トロピカルで揃えようと、マンゴー、そして中にパイナップルが入っていておいしい。
もう大満足!!
f0167281_21461311.jpg



この建物、和朗フラット四号館の本もありました。
たいして建築に興味のない私でも、面白く読めました。
f0167281_21444581.jpg


お隣は雑貨屋さん、UGUISU ここも金・土・日のみのオープンだそうです。
入ってみると、飛び出すカードなどの紙ものや和ろうそく、木でできたぐい飲みなど、
和なんだけど伝統そのままじゃない、使いやすそうな雑貨が並んでいました。
f0167281_21481368.jpg


あと、小さなからくり人形やおもちゃを手作りされているお店もその隣にありました。
f0167281_21485234.jpg



電気系統がレトロです。昔のマンションって、こんなメーターがよくついていましたよね。
f0167281_21492025.jpg



壱号館の建物はまた違う感じ。
こちらも賃貸物件としてネットに出ていました。
f0167281_21504363.jpg


窓の格子が、なかなか他にないデザインでかっこいい。
窓辺に何を置いてもかっこよく映えそうです。
f0167281_21505666.jpg



ちなみに麻布十番駅からの行き方、大江戸線なら7番出口出て、左手のエルトーキョーで左折、直進すると高速があるので
そこの横断歩道を渡っておきます。
南北線なら6番出口が最寄です。
高速沿い、高速を左手に、その右側をのぼり(永坂。アザミやハゼランなど意外に花が咲いてます)、
飯倉片町の交差点まで来たなと思ったら、その少し手前のここ↓ 地下横断歩道の階段を下ります。
f0167281_21513220.jpg

下の道に出たら、右折して道なりです。






マカオのお土産 鉅記餅家のレトロパッケージのお菓子

先月の話ですが、、、
マカオに旦那が行ったので、リクエストしてお菓子を買ってきてもらいました。
多分三重なら赤福、というのと同じようなメジャーさの鉅記餅家
その中でも、この金錢餅!!
レトロなパッケージに惹かれ、しかしサイトを見ると売り切れのよう。
店舗にあったら、これ買ってきてー!!と写真を渡して、そしてあったようです。
f0167281_21485212.jpg


この箱、缶でもなく丈夫な箱でもなく、サイドをビリッと破らないと開けられないのですが
何とかリユースできないだろうか。。。
すっごく好きな雰囲気なんだけど!!
f0167281_21491567.jpg


フォントのレトロさにもグッとくる。
せめてお道具箱方式にパカッと開けられたらなぁ。
f0167281_11202600.jpg




まあ、そうも言ってられないのでバリッと開けました。
すると何ということでしょう・・・・!!3%くらいしか無傷なのがなくて、
あとはバッキバキに割れていました(^^;)
なんとか形を保ったものを乗せてみました。。。名前からして、お金の形?
味は、懐かしいバター風味でクッキーとビスケットの中間みたいな食感です。
f0167281_21494820.jpg




お次は雪花杏仁片。
これもかなり割れていましたが、、、
その名の通り雪のようにモロモロ、サクッとしたアーモンドパイのようなお菓子。
f0167281_21500194.jpg



これ、とっても美味しかったです!!
パイってしっとり系とクリスピーなのがありますが、こちらは間違いなく後者。
あっという間に食べちゃいました★
f0167281_21501361.jpg



これは、頼んでいたんですがお店になかったそうで、あとからJUMBO60cmで購入。
蛋白鮮蛋卷。卵の白身だけ使って、真っ白なエッグロールとのことだったのですが
こんなパッケージみたいには白くなく、むしろヨックモックの方が白いくらい(^^;)
f0167281_14060609.jpg



お味はこれもなつかしい味!!
ヨックモックがもっと分厚く、もろくなったような食感です。
すごく好きですこれ。ごちそうさまでした!!
f0167281_14061900.jpg









横浜の奥地、いちょう団地のタンハーへ行ってきた!! 2017.6.7

想い続けて2年ちょい。

とうとう、いちょう団地へ行くことができました!
目的地は、ベトナム料理&食材のタンハー。こちらの記事を見て、ずっと憧れていたのでした。
最寄駅は高座渋谷(から徒歩20分くらい)。
高座渋谷って、渋谷とはずいぶん離れてて、うちからだと中央林間まで行ってそこから小田急江ノ島線に乗り換えて、
1時間以上かかりました。
駅の東口に降りると、たまたま目の前にいちょう団地行きのバスが来たので飛び乗ります。


養豚場が近くにあるようで、肥溜めのような臭いの中、進みます。
80棟以上あり、神奈川県最大の公営団地らしいです。
私が子どもの頃にはこういう雰囲気の団地、沢山あったような気がします。
ここが他と違うのは、70年代からベトナムやカンボジアの難民を受け入れるようになり、ものすごく外国人の割合が高いこと。
注意書きの看板も多言語です。
f0167281_15365736.jpg

f0167281_15382090.jpg



バス停から徒歩5分くらいで、着きました!!お目当てのタンハー。
何というか、レストラン・・・か・・・??という雰囲気です(^_^;)
f0167281_15395775.jpg



入口入ったところには、ベトナムらしい派手な仏壇グッズなど並び、
あとはぐるっと壁沿いに食材が並びます。
きゃー!!もう興奮状態が止まらない(≧▽≦)
お母さんに写真を撮っていいか聞くと、「全部いいよ!!」とのうれしいお返事。
冷蔵コーナーも、袋に入ったチェーからミントにハーブ、ベトナムハムもプレーンに木耳入りの、とにかくいろんなものがぎっしり詰まってます!!
f0167281_15431519.jpg

f0167281_15432804.jpg


冷凍庫もぎっしり。木曜日休みらしい。
f0167281_15441372.jpg


と、とりあえずご飯を注文しようか。ということで、メニューを開く。
これがまた、写真に手書きの紙を分厚い写真アルバムに収めた手作りメニュー。
他でなかなか食べられなさそうなメニューが並びます。
孵化しかけの玉子を茹でたやつ、「基本的に日本人は頼まない方がいいかも?」と親切すぎる注意書き。
f0167281_15492613.jpg
f0167281_15460823.jpg


右ページのアヒル肉とタケノコのブンが食べたかったけど、品切れでした。
f0167281_15475877.jpg


2人でこのタピオカ餃子を分けよう!ということに。
f0167281_15490321.jpg


いろいろ気になるわぁ~~
このミニミニお好み焼きを焼くフライパンみたいなのも売っていました。
f0167281_15505881.jpg
f0167281_15504315.jpg



わくわく待ちます。
f0167281_15521000.jpg


私はあえてのメジャー路線でバインセオ。
バインセオ、家で作らなくないですか?私は・・・作らないのです。
生地は甘くて、今まで食べたバインセオの中で一番甘かったです。そしてサクサクボリューミー。
f0167281_15532503.jpg


何に感動したってこの付け合わせ野菜の多さと、新鮮さと、丁寧さ!!
現地っぽいならきっと一部茶色いレタスが出てくると勝手に思ってましたが(失礼)、すごくフレッシュ。
そしてパクチーもキレイに水でクルクルさせて、こんな丁寧なの見たことない。
f0167281_15545205.jpg



お友達の麵、なんだっけ・・・??フォーじゃなかった気がする。
自分で醤油を足して好みの味に調味します。
f0167281_15570818.jpg



そしてバイン ボット ロック。もっちもちです。点心ぽくもある。
f0167281_15590892.jpg



とにかく現地そのままな雰囲気に興奮がおさまらなくて、しっかり味わうというよりもうキャーキャーしている間に食べ終わってしまった。。。
浮かれていない近所の人たちは、「今日は午後から出勤なんだ」とバインミーテイクアウトしてたりして(たぶんひとつ400円)、ベトナム料理環境めちゃくちゃ恵まれてます。。。
ご飯の後はまた食材探し。
これをずっと探してたの!このタオチオ。
金太郎みたいなとっつあん坊やのマークのはよく売られてるけど、このメーカーのタオチオ、アジアスーパーストアでも再入荷するかわからないと言われて困り果ててたんです。
賞味期限が箱に書いてあったようで瓶だけ見るとわからず、「うーん、わからないから買わない方がいいよ」と親切にお母さん言ってくれましたが、買いました。
f0167281_16054571.jpg



ポリ容器に入っているのは魚を煮る時に色を付ける、味はない液体。


乾物も充実していて、お友達は手のひらサイズのきれいな白きくらげを5塊買っていました。
麺・粉・中華の材料もいろいろありました。



買ったのはこんなの。
海老入りライスペーパー、
バインカン(これは前日から長時間水につけとくんだよ、一から煮たらガス代すごくかかると教えてもらった)
タオチオ2瓶
チェーに入れるカラフルタピオカ??2種類、これも半日水につけてから煮るらしい
料理に使うともったいない、そのままご飯にかけたらいい高級ヌクマム
お母さんの手作り唐辛子。
もう一つ、巨大な瓶に入った唐辛子があって、これとこれは違うの?と聞いたら
「全然違う!これわたし作る、あれわたし買う。これは切っただけそのまま。あれは片栗粉入ってる」
切ったままのこれ、本当に辛くておいしい。家にあるプリッキーヌーだと、冷凍焼けしてないはずだけどこういう鮮烈な感じがしない。
お母さんが親切でいい味過ぎて、他にもお店はあるけど次もまたここに来たいな。
f0167281_16090946.jpg



それからまた歩いて、金福(ここも食材店)をのぞき、
いちょうマートの看板のあやしさがすごいシーワントへ。
このモール、堂々中国のように食事中の美容院があったり、アジアでした。
f0167281_16151437.jpg

f0167281_18311851.jpg




シーワント、品物が整然と並んでいて、清潔感あって見やすかったです!
カンボジア出身らしいご主人が、聞くといろいろ教えてくれます。
タイ食材もいろいろあり、さっきのタオチオもきちんと賞味期限プリントされたやつが1瓶ありました。
バナナの花(カット済)と、発酵したタケノコを買いました。
魚や肉と唐辛子とサッと炒めるといい肴になるそうです。
ずっとドラマ「フリーター家を買う」を毎週見ていたら、その何年か後、主演の二宮くんがお店に来たことがあり、とても感激されたそうです。
f0167281_16183978.jpg




後日、バナナの花と新大久保の日光アジア物産で買っていたベトナムハムで
ラ王が何だか美味しいアジア麺に!
残りの花は鶏肉とカレー炒め煮にしました。
f0167281_18295158.jpg




すっっごく遠かったけれども、また行きたい、どうしよう・・・ないちょう団地探索でした。





















やっぱり中国のお皿が好き!!中華ガラスのビアジョッキ

いい感じのビアマグ、ビアジョッキを手に入れました。
天津市のレトロな箱にペアで入っていたそれは、
うすいピンクガラスに、ダブルハピネスと鳥と梅のおめでたい柄。
f0167281_21535894.jpg



「北京 上海 小さな街物語」で著者の原口純子さんが中華ガラスのコレクションを披露されていて、
うわーかわいい・・・!と思ったけれども今までいい感じのに出会うことはありませんでした。
これはそういう20~50年代のものかはわかりませんが、いい味だしてると思います。
f0167281_21540915.jpg


まずは青島ビールを入れたいな~(^^♪








# by omiyagemylove | 2017-06-07 08:52 | 器たち | Comments(0)