“昭和・ベトナム・ポルトガル”がテーマの喫茶 Peridot@京都

Tolbiac 泰越飯店に行った日は、これまた教えてもらっていた喫茶店へ行っていました。
喫茶Peridotです。
「店主が魅了された“昭和・ベトナム・ポルトガル”に共通するどこか懐かしい雰囲気と文化を、洋菓子・軽食・食器・雑貨等を通してお届けする喫茶店です」と説明にはあります。
かなり不思議~なコンセプトが気になりすぎてGO!!
わくわく、五条駅から向かいます。
f0167281_21513643.jpg


入口がちょっと斜め?なので、うっかりしていると見過ごしてしまいそう。
まさに昭和なカウンターのみの喫茶店みたいな雰囲気です。
もともとこの場所は、Tolbiac 泰越飯店の前身、モロッコ料理店ジャジューカがあった場所なんだそう。
f0167281_21520645.jpg


店内、和洋折衷と一言で言えない、このムード。
いや、和洋・・・なのだろうか?うーん!!
f0167281_21532233.jpg


カウンターに座ると、おかっぱの店主さんが、「今プリンの仕込みをしているので、少しお待ちいただいてもいいですか?」
はいはーい、という訳でメニューを熟読。
f0167281_21541172.jpg


シントーがあるのがベトナミーですね。
そしてポートワインはポルトガル。
あ、緑のワイン懐かしい!またポルトガル、ゆっくり行きたいです。
f0167281_21544124.jpg

パスティス・デ・ナタとボーロ・アソリアーノ、すごく迷いましたが
(アソーレス諸島のお菓子なんてそうそう食べられないし)
あと1つしか残っていないというパスティス・デ・ナタにしました。
特製バニラクッキーも、見た目かわいくって相当惹かれました。でもこの後があるので我慢。
f0167281_21551149.jpg

お昼に来ていたら、ぜったいバインミー食べたんだけどなぁ
f0167281_21554212.jpg


置いてある本も、ベトナムやポルトガルに関する本がほとんど。
カステラが、ポルトガルから伝来して日本独自のカステラに変化していくさまをかいた本。
オーブンがないので、かまどで苦労して再現したんだとか。
f0167281_21561618.jpg

友達の、トマトのシントー。一口もらいました。おいしかった!!
これを作っている様子も、すっごくレトロなアイスクラッシャーを使われていて気になりまくり。
f0167281_21562901.jpg


蓮茶とエッグタルト来ました!
中華風のと違い、しっかりポルトガル式で皮がサクサクパリパリ、中は半熟のエッグタルトでした。
蓮茶も香り高くて、合う~~
f0167281_21564163.jpg


ごちそうさまでした!!
気づかなかったけど、こちらのページによると、「お菓子の神様」の御札が飾られていたらしい。
おもしろーい!



それからは、「木と根」に行き、日菓で活動されていた杉山さんの御菓子丸「鉱物の実」など見て、
バスで北上、大好きなkitへ。
韓国のトレイなど、トレイ3つ買いました。
インドのヴィンテージ琺瑯トレイもかっこ良かった・・・
f0167281_21565451.jpg

さらにトリバザールではインド調理器具コーナーがあって楽しみました!



それからトルビアックでしっぽり楽しんだのでした~~









ミュージアム 1999 ロアラブッシュ@青山でフレンチランチ♪

忘れないうちにアップしなくては。。。
先日、普段全く行きなれないフレンチレストランへ行ってきました。
住所は渋谷ですが、表参道から行った方が近いかな、、、?
まさに一軒家レストラン、貴族の洋館といった趣です。
f0167281_16330907.jpg

f0167281_16332318.jpg

f0167281_16333634.jpg



緊張高まりまくり~~。。。
給仕の方が、すごくビシッとしたおじさんと、穏やかなおじさんで、
ビシッとした方が一番えらい人なんだと思いますが、手汗かきそうでした。
穏やかな方のおじさまは、英語で材料名を説明するのに食材辞典を持ってきてくださったり、
ちょっと和めた瞬間でした。


メニューでございます。
実はこの時、慣れない高級店&オール英語のシチュエーションだったので
私はほとんど呼吸が止まっておりました。
f0167281_16334896.jpg



「食前の小さなお楽しみ」
なにかをまぶしたチーズとオニオンタルト・・・???
美味しいな、と思った記憶はあるけれどもあまり味わえていない(^^;)
f0167281_16340056.jpg




低温で火を通したサーモンの燻製と春キャベツのムースコルネ
オッシャレ~~
くさみもなくて、いろんな味と歯ごたえが渾然一体。
f0167281_16341116.jpg



本日の鮮魚(糸より)のポワレ 春菊のソース グレープフルーツの香りにのせて
いとより、春菊を英語で説明するのにとても手間取っていたら食材辞典持ってきてくださいました。。。
皮が本当にパリッパリ!
f0167281_16342410.jpg


鴨のもも肉のコンフィ ワイルドライス添え シェリービネガーソース
この鴨すっごく美味しかった。。。3時間くらいだっけな?低温の油で煮込んでからフライパンで焼いてあるとおっしゃっていた気が。
フランス料理って、でかいお皿にメインがちょこっと というイメージでしたが、
ボリューミーで大満足( ^)o(^ )
f0167281_16343457.jpg




ワゴンよりお好みのデザート、というデザートタイムがなんかまたかっこよかった。
この中庭に面したここに5種類のケーキと、
f0167281_16344553.jpg

f0167281_16345615.jpg


中庭に垂直に持ってこられたテーブルにもいろんなデザートとアイスクリームが。
全部一度にこれとこれが欲しい、とオーダーして取り分けていただきます。
f0167281_16351095.jpg


華やか、盛りだくさんデザートプレートになりました~~
メープルアイスクリームと、チョコケーキ、アップルパイ、などなど
f0167281_16352114.jpg



お腹の限界までデザートをお願いした後に、なんと別で焼き菓子のお皿が飲み物と一緒に。。。
f0167281_16353381.jpg


とにかく経験として、行けて良かったです(*^-^*)






















トルビアック - 泰越飯店 Tolbiac@京都へ行ってきた 2017.5.5 

その謎めいたお店を知ったのは、チームnga tu 2の皆さんが行ってきて次々アップされる魅惑的な写真にて。
京都にあるその店・トルビアックは、
「中華の影響を受けた、ご飯によく合う辛くないタイ料理」と
「フランス植民地時代の影響が色濃く残る、パンに合うベトナム料理」の店らしい。

さらに、フランスの地方料理と移民料理 ビストロ「ベルヴィル」も同じフロアにあり、
ベルヴィルとトルビアックでキッチンを挟むように存在しており
ご主人がワンオペで調理も給仕もすべてこなしているのです。
フランス、移民、中華にタイ、ベトナム・・・一体どんな店なんだ~??

小さなビルに小さなドア。
よく見ると住所の番地の小さな青い看板が、フランス仕様。
f0167281_15435129.jpg


どきどき。
オープン2分前はまだ暗く、きっちり18時にドアが開けられました。
いざオープン!
f0167281_15454664.jpg


クローズ。見返ったの図
廊下から、いろいろ調度品が楽しい!
f0167281_15465849.jpg



パリの中華街、ゴダール映画「中国女」、ベトナムの「コンカフェ」をイメージした内装なんだそう。
この映画のワンシーンの写真の下に置いてある赤い本、文庫本を赤くペイントして写真とお揃いにしてあったり、凝っています。
f0167281_15495598.jpg

f0167281_15503937.jpg

f0167281_15513353.jpg


メニューはまずそのドリンクの多さに目を奪われる。
食前酒、ノンアルコール、もちろんビールにワイン。どうしよー
f0167281_15541175.jpg



胡瓜入りジントニックと、友達のはキウィの白サングリアだったかな?
ジントニックはジュニパーベリーの実が入っています。
美味しかった!!
f0167281_15575571.jpg



タイの夜ご飯は、2人だとメニューの中から4つの中から選びます。
それから作られるので、2時間半~3時間はかかるとのこと(結局3時間半かかった)
f0167281_16065444.jpg



来ました!!まずは「バンコクの中華系タイ料理」カテゴリの中から、
カイジャオ ムーサップ(豚ひき肉入りタイ風玉子焼き)
安心の味。スターターにぴったりです。
f0167281_16230541.jpg


おすすめコーナーから、パッチャー(豚肉と野菜のハーブ炒め)
この上に見える、しょうがと牛蒡の中間みたいなクラチャイが美味しい。
普段唐辛子ものはよく食べているけど、こういう香りが鮮烈なハーブを食べなれていないので新鮮。
f0167281_16242437.jpg

f0167281_16260656.jpg



「ラオスに近い東北部イサーン地方の料理」カテゴリから、
ゲーン パー(ハーブたっぷり具たくさんな「森のスープ」)
激辛じゃないけど、それなりに辛さがあるのが続いて汗かきそう。
f0167281_16265994.jpg



途中、タイのあまーいミルクティーで辛さを和らげる。。。
f0167281_16292859.jpg



「マレーシアに近いタイ南部の料理」カテゴリから、
カオ モック ガイ(イスラム系チキンライス→マレー風ビリヤニ)
これも美味しかった~。
f0167281_16302700.jpg


デザートはココナツのブラマンジェだったかな・・・???そんな洋風な名前だっけ??
スペインのmamia(マミヤ)というプリンを入れる容器に入って出てきました。
これカワイイ!と騒いでいると、「マミヤ 容器で検索したら出てきますよ、この近所ならグランピエにも売ってるし」と教えてもらいました。
でもネットでは見つけられないな。。。グランピエ行こうかな。
スープの容器にも良さげです★
f0167281_16332833.jpg



食後酒のメニューも3ページくらいあって、さらにコーヒー紅茶のメニューもたくさん。
スモーキーな紅茶が飲みたかったので、クスミティーのサモワールだったかな?をいただきました。
このディスプレイがまた、ツボです!
f0167281_16363590.jpg


とにかく、廊下からトイレから、インテリアがかっこよくてしびれました。。。
f0167281_16380609.jpg

f0167281_16385559.jpg

f0167281_16394586.jpg
f0167281_16414521.jpg

f0167281_16424625.jpg



ベトナムの朝ごはんも気になりまくり。
京都に9時半、なかなかキツいけど、、、いつか行きたい!!
f0167281_16050584.jpg












PANDAKITCHEN 中華料理リバイバル春餅クラス2017年4月

この前はPANDAKITCHENの春餅クラスでした!
もうめちゃくちゃお腹いっぱい、おかずいっぱい、
そしてシンガポールから一時帰国した人と再会したり、楽しいレッスンでした!!

こーんなに豪華でいろいろあるテーブル、自分ではできない。。。
f0167281_13135050.jpg



お皿もいろいろ華やかです!
ダブルハピネスに龍と鳳凰のおめでたいお皿や、
f0167281_13140688.jpg

プラナカンのかわいいピンキーなお皿などなど。
こういうのを見ると、やっぱり食器っていろいろあった方がいいよねー、、、
という思考回路になってしまう(^^;)
f0167281_13142386.jpg


デザートのマーラーカオ作り。
f0167281_13143640.jpg


持ち帰り用のミニカップ。あー、やっぱりプラナカンのお皿いいなぁ☆
f0167281_13144836.jpg



なつめチップスを乗せたビッグバージョン。
ふっわふわでしっとりです。
マーラーカオって、持つと手がギラギラべっとりなのが多いですが
これは脂っこくありません。
f0167281_13145895.jpg


カットするのも技術がいるくらい、ふわふわ。シフォンケーキのようです!!
f0167281_13155869.jpg



そしておかず達。ガリとニラの玉子焼き。うまっ!!
f0167281_13151297.jpg


海老と菜の花の炒めもの。これも大人気でした。
f0167281_13152321.jpg


牛肉と生姜の酸味炒め。この酸味たまらん!!
豚に替えて、家でもやってみよー!!
f0167281_13153761.jpg


上の牛肉のおかずは、こんな揚げじゃがいもと一緒に食べるのが美味しいのですが
ポテチで代用してしまいそうなずぼらな私。
f0167281_13154733.jpg

薬味もいろいろ準備していただいて、
f0167281_13161837.jpg


北京ダック風のチキンの黒蜜ソース焼き。
これも作らなくちゃっと思いつつまだ復習できてない、、、
f0167281_13164358.jpg


ミニトマトのスープ。
f0167281_13172883.jpg


先生が「これ、くらりんさん好きなんじゃない??」とイチゴを乗せて出してくれた、いちご皿。
ぎょわー!!!図星まさに好みどんぴしゃビンゴ!!(≧▽≦)
これを入手するのが今年の目標です。
f0167281_13173876.jpg


楽しい楽しい、中華料理レッスンでした。





















PANDAKITCHEN ベトナム料理クラス2017年3月

3月、楽しみにしていたPANDAKITCHENのベトナム料理・バインミークラス。
バインミーって美味しいですよねぇ・・・・
ベトナム独特のフランスパンから作ると、かなり復習のハードル上がってしまうので
フランスパンはそれらしいのを準備して、具から習います!


カラフルなテーブルコーディネート。
f0167281_16012740.jpg


私もベトナムに4回は行ったのですが、その都度「いるか?いらんな・・・」と毎回買うのを見合わせていたコーヒーフィルター。
でもこうしてみると、、かわいい!こんなベトナム語入りのがあったなんてー!
やっぱり先生はいろいろごっちゃな中から見つけ出す目がすごい。
f0167281_16015459.jpg


いろいろ、逐一かわゆいです。
f0167281_16020612.jpg

f0167281_16021669.jpg



まずはバインミーに塗るレバーペーストの準備から。
豚レバーの下ごしらえ。
これ、あとから食べて、本当にくさみ無く美味しいレバーペーストでした!!
f0167281_16023701.jpg


冷凍保存もできるそう。
最近、近所のスーパーまわってどこに豚レバーがあるかわかったので、作ってみたいと思います!
f0167281_16024993.jpg


そのままだとモリモリしすぎてしまうので、パンをボリュームダウンさせています。
f0167281_16031918.jpg

ぬりぬり。
f0167281_16030511.jpg

できましたー!!おいしーいバインミー。
やっぱり、レタスとハムとか玉子サンドより、断然こっちが好きだなぁー!!
f0167281_16042533.jpg

炭火焼ぽくなるように焼いた豚に、紅白なますに、パクチーなどいろんな味わいが混然一体。
f0167281_16043463.jpg


こちらは厚揚げのトマト煮込みの下準備。
レモングラスなど入れて香りを出しています。
f0167281_16033961.jpg

たっぷりの豚ミンチを厚揚げにはさんで、トマトソースに入れぐつぐつ。
f0167281_16035273.jpg

似たようなものを家でこしらえたこともあるのですが、いろんな小技がきいていて
絶対これからこのレシピで作ろうと誓ったのでした。
あれから、3回くらい作っています。それくらい美味しかった!
f0167281_16040665.jpg

この先っぽがクローバー型のアルミれんげかわゆい。
f0167281_16044737.jpg



シーフード春巻き。
今まで生春巻きか、揚げ春巻きしか知りませんでしたが。。。
これは生春巻き風にしたものに衣をつけて揚げる二段階手間がかかった春巻きなのです。
f0167281_16051065.jpg

揚げ揚げ。
f0167281_16052264.jpg


ボリューミーで、ちょっと変わってて、おいしいー!!
この春巻きはいくつかコツがいるんですが、珍しいからおもてなしにも良さそうです。
f0167281_16053579.jpg


ゴイセン風サラダ。蓮の茎は蓮根に一工夫して代用しています。
これも今までうちでは、砂糖・ヌクマム・レモン汁のみで作ってましたが、
そうではない絶品調味液でグッと味わい深いサラダになっていました。
f0167281_16055609.jpg


f0167281_16060551.jpg

えびせんべいに乗せて!
f0167281_16061558.jpg



〆は、ベトナム式ミルクコーヒー。最後までおいしー!
f0167281_16054623.jpg


それからすぐメルカリで、同じシリーズのコーヒーフィルターを購入したのは言うまでもない。。。
形から入るタイプです!!
f0167281_16102851.jpg