タグ:キッチン ( 77 ) タグの人気記事


古代式金属工芸ビーブッダの箸置きとクリップ(~o~)

とある日の夜ご飯。
ちくわきゅうり、ゆず大根(初めて作った)、鶏から、おからチゲ。
メニューはどうでもよくて今日の主役はこのお箸置き。

f0167281_149116.jpg


奈良の金属工芸ビーブッダさんの箸置きなんです。
彫られているのは「腹八分目」です!
f0167281_14111094.jpg



このダイエット箸置き、色々激しいのがあり、
「脱メタボ」にはじまり
「その腹を見よ」
「マジでヤバイヨその腹」
などときついお言葉が。。。

親の願い箸置きは、
「生き抜け」
「生きる糧を得よ」
「ニートにならんといて」←切実すぎる!!
なんてのがあります。
まさに私もそう思ってますが、箸置きにするとかえって反発して
「勉強も仕事もするかバーカ」などとグレられたら困るのでやめておく。


他にもツボなのが「職場で使おうクリップ
これ使える職場って風通しいいと思いますが(^^;)、
表「コレ私の仕事じゃありません」
裏「御自分でなさって下さい」
とか
表「言われるまでもなく」
裏「働いてますよ」
とか
表「やる気はあります」
裏「ただ今はやる時ではないのです」
とか(笑)!
本気で謝っとんのか~な、「ごめんなサイババ」「ビブーティー」なんてものも。


「涅槃と見せかけて実は違う」クリップも好きです。
実は1つ持ってますが、
もうすぐお亡くなりに、、、というところからの~
熟睡。
これも熟睡以外にもグラビアポーズとか筋トレとか色々あります。
f0167281_11253841.jpg



この激しさとほとばしる個性、
いつまでも輝いていてほしいです。。。

使いやすい!トルコ航空やSugakiyaのカトラリー★

表参道グルメツアーのあと、とりあえずGYRE(ジャイル)ビルへ。
いろいろ魅惑のお店があるビルなんですが、空間の使い方がオサレです。
まず向かいましたのはMoMA STORE。
ご存知MoMA(ニューヨーク近代美術館)デザインストアです。

前々から気になってたの、、、
スガキヤラーメンフォーク!

f0167281_1328784.jpg


スープを飲むためのスプーンと麺を食べるためのフォークが合体したラーメンフォーク。
昭和53年、毎日大量に捨てられる割り箸を見て、環境保護と経費削減を目的に開発されたんだとか。
お店ではお子様・デザート兼用の小さなサイズのラーメンフォークも使われているそうだけど、MoMAでは売られていない・・・気になるなぁそれ。
f0167281_13283965.jpg


昔は店頭で大人用300円、子ども用280円で買えたらしい。
その時代に知っていたら買っといたのに~!!
セントレア内のANA FESTAでもお土産として売られていたみたいですが、今もあるのかなぁ・・・


↑と、下書きしてましたが、ヤフオクで落札。
チビーラによるととても使いやすいよう。
「ここでうどん食べて、ここでスープのむのー」と使いこなしておりました。
f0167281_236354.jpg

f0167281_2362016.jpg


昔デザインのMoMAじゃないSugakiyaラーメンフォークも落札。
飲むのはこちらの方が飲みやすいかなぁ~
f0167281_1522857.jpg



それから同じビルのD&DEPARTMENTへ。
渋谷の方が面積も広くて、いろんな都道府県のものがあって面白いのですが
念のためのぞいてみる。
すると・・・トルコ航空のフォークが売られているじゃーないですか!@400円。
航空会社のフォークって使いやすいのですぐ買いました。
f0167281_13361266.jpg

今までのベストはフィンランド航空のフォークですねぇ~
でもテロ以降、プラスチックの食器にみんな変わっていってさみしい限り。


これは買いそろえられないのですが
soup stock Tokyo経営のおしゃれファミレス「100本のスプーン」が
あざみ野ガーデンズ店新規オープンの際、先着何名かに配られたノベルティのスプーン。
f0167281_1342669.jpg


スプーンを飲むには結構平らだけど、
普通にカレーライスとかは食べやすいです。
全体のフォルムがお気に入り。
f0167281_1343076.jpg



うーん、またちょっと名古屋に行きたくなってきました。
一番行きたいのは熊本・・・来年行けたらいいなぁ(*^_^*)

子連れの横浜中華街散策、そして照宝の蒸篭を買う。

月曜日、チビーラの誕生日に横浜へと行ってきました。
まず行ったのはOrbi Yokohama
ハイテクな自然科学館みたいな感じでしょうか?
360°楽しめるエンタテインメント・エキシビジョンのエレファント部屋では、
その迫力に怖がって泣きそうでした。  ↓公式HPのスクショです

f0167281_1124785.jpg

ちょっと、まだ早かったかな~という印象です(^^;)
誕生日がわかるものを持っていけばもっとお得だったのにミスしました。。。
小学生くらいが、一番いいのかも。大人でも楽しめました!
ミュージアムショップも動植物関連の物がいっぱいあって、品ぞろえ豊富です。
オービィのあるMARK IS みなとみらいは、ファミリー向けで子どもものが大充実してました~


MARK ISの回転寿司を食べた後は、横浜中華街へ向かいます!
私の両親、私、チビーラとチビクマルの5人でしたが
おむつ替えや授乳室がほぼ期待できないので足早に。
f0167281_1165842.jpg

月曜でも結構な人出で、ベビーカーでも大丈夫でしたが、
土日は絶対やめといた方がいいな・・・と思いました。
この中華街、風水に基づいて建てられていて、方位ごとに門を立てるとか重視したために周辺道路からは45°傾いているんだそうです。

まず行ったのは照宝。
せいろで有名なこのお店、中華の調理道具もいっぱいです。
笑顔もなくぶっきらぼうだけど、親切な職人気質のご主人と優しく親切なお姉さんがいらして、
みっちり質問して買えました。
公式HPより
f0167281_11162985.jpg


PANDA KITCHENお料理教室で、せいろのサイズを先生に相談すると、
20cmなんてのは、給仕の人が運びやすいというだけで実生活では全然使えないから、30cmはあった方がいいよ。とのことだったので30か33cmを探します。
33cm以上のは檜しかなく、ヒノキは他の素材の倍くらいのお値段だったので
30cmの竹のものに決めました。
f0167281_22415829.jpg

お料理にこだわる人って、みんなここの蒸篭を使っているので憧れだったのです~
何事も形から。
なんでもこちらでは、蒸篭の修理もしてくれるそうです。
「せいろは湿気に弱いので、何かに入れるとしても、ビニール袋ではなく、紙袋などに入れて保管してくださいね。シンク下は湿気が高いので、高いところに置いてください」と教えてもらいました。

それに蒸し板21~33cm用のも。
中華鍋を買わないといけないかと思ってましたが、普通にこの板が平らにおける鍋があればそれでOKだそうです。
f0167281_2243771.jpg


照宝のロゴ入り。
年末、この前習った潮州餃子をこれで蒸したいなぁ~
f0167281_2243231.jpg



さて、中華街散策に戻ります。
關帝廟、今まで通ったことはあれど、入ったことなかったような。
立派なつくりです。
f0167281_1162253.jpg

f0167281_1163032.jpg

f0167281_1163989.jpg



お茶したくなったのですが、この辺ってホントにレストランばかりで
なかなかふつーの喫茶店がないんですねぇ。
でもようやく発見、同發 新館売店イートイン
元は映画館だったノスタルジックな建物を改装しています。
f0167281_2335111.jpg


気になるメニューがいろいろ。
蓮の実入り中華しるこ、ポポチャチャという七穀入りココナツミルク、豆腐花、棗と竜眼のスープデザートなどなど。420~480円。
f0167281_234543.jpg


中華カステラ、馬拉糕(マーラーカオ)のフレンチトーストのセットにしました。
これ、注文のあと焼いてくれるし、セットのお茶で東方美人茶が選べるのがポイント高い!
それにこの立地でも600円だったかな?他のはもっと安かったです。
f0167281_236044.jpg

店内、中華なファーストフードみたいな感じで、子連れでも気後れすることなく
ありがたいお店でした♪


あとは横浜博覧館でアジパンナちゃんの味の素を初めて見たので買う。。。
味の素、使うとこれなしでは何でも物足りなくなさそうで使わないんですけどね・・・
どうしてもパッケージに弱い(><)
f0167281_8562855.jpg



他、買ったものは・・・
照宝で買った龍の抜き型と麺棒。
f0167281_2393913.jpg


源豊行で買ったプーアル茶、新鮮搾菜のたまり漬け、ピーナツ&唐辛子スナック。
プーアル茶、何か普通に売られてるのって量が少なすぎてじゃんじゃん使えないですが、これは大入り!そして、そんなに高くなかった。
f0167281_23105287.jpg



晩ご飯を中華街で食べられなかったのは残念ですが、
子どもの体力問題もあるし仕方なし。
結局、家の近くでうどんを食べました(^^;)
早く家族で食べ歩きができるくらいになりたいなぁ。。。

明洞カルグクスエプロンと、楽園洞餅屋通りエコバッグ(^o^)

新進グラフィックデザイナーのブランドが手がける
韓国のおいしいものシリーズを、g.カロスキルさんで買いました~

韓国と言えばカラフルなイメージがありますが、これらはシンプルな色合い。
くるっと丸くカルグクスが描かれた、明洞カルグクスエプロンです!

f0167281_13513788.jpg


デザインだけじゃなくて、ウォータプルーフ仕様になっていたり、丈夫そうな分厚いキャンバス地だったり、シルクスクリーンでデザインを忠実に表現されていたり、随所にこだわり有りのエプロンなのです。
f0167281_1351577.jpg


違う色合いでもう一枚。
これは、韓国料理クラスで使うの決定ですな(^m^)
いつもお気に入りのエプロンって、「ギャーキムチの汁が飛んだ!!」とかなるとテンション下がって本末転倒でしたが、ウォータープルーフなのでそんなことにならないだろうのがありがたい。
ちなみに、下に置いてるGAPのセーター、最近母に買ってもらったばかりなんですが
とても気に入ってます。
f0167281_1353239.jpg



同じシリーズでこちらは、
仁寺洞の楽園洞(ナグォンドン)餅屋通りをイメージして作られた
韓国のお餅デザインバッグ!
ショルダーがとても太くて、これがとても肩に優しい。。。
このフィット感たまらないです。
f0167281_1353503.jpg


内ポケットも仕切りで2つあるので、助かります。
あと、こういうキャンバスバッグに珍しく自立する!
軽くて自立ってかなりポイント高いです。
f0167281_13545427.jpg


パッと見、餅とわからないのがにくいです。
韓国のお餅ってこんなんだっけ?と検索してみました。
KONESTさんの楽園トッチッ紹介ページのスクショです
f0167281_13391367.jpg


どちらも、このデザイン会社の?ロゴがかっくいい。
f0167281_13552049.jpg

f0167281_13552623.jpg



日本に居ながらにして、こういうものが手に入る・・・
うーん、とても幸せ気分です(*^_^*)

你好我好の台湾ビールグラスに宮原眼科のお茶缶★

またまたやんcafeさんで欲しいものが!!
台湾といえばの青木由香さんのお店、你好我好のオリジナルグラスが入荷していたのです。
台湾熊のグラス、さっそく買いました!

f0167281_15444625.jpg


もちろん台湾熊、かわいいんですが
「あれ?パンダじゃなかったっけ・・・??」
↓これ。画像は@BAILAよりいただいています。
f0167281_15403514.jpg

と思い、「パンダのも入荷したら買いたいです」と返信すると
「パンダは中国のもので台湾ではないからって、うちのオーナーが青木さんに言ってやめさせたみたいなんです^^;」とお返事が。
そうなのかー。そういえば、パンダって大陸かぁ
熊は、台湾には固有種の熊がいてそれをモチーフにしたグッズがいろいろあるんだそうです。

いずれにしても、日本人イラストレーターyamyamさんのイラストが
かわゆいグラスなのでした。
これはとにかく、最初にビールorビールテイストのものをいれたくて
まだ食器棚で待機中であります。
f0167281_1544247.jpg


おつまみもオマケでいただいたので、
アルコール解禁になったらこれで乾杯しようかな(*^_^*)うしし
f0167281_15443748.jpg



それと~~
宮原眼科のお茶缶で、白にシンプルにダブルハピネスがひとつ書かれたのがほしいので、
もし入荷したら教えてくださいとメールすると
なんと、赤の別バージョン茶缶はすでにあるとのこと!
そして
f0167281_15474632.jpg

f0167281_15475182.jpg

f0167281_15481036.jpg

しぶーい箱に入ってやってきました!!

おーぷんっ
外箱の蓋と同じ柄のコースター2枚と、双喜茶缶が出てきました。
f0167281_15482450.jpg


ちょっとふくらんだ四角柱がかわいい、
イラストがかわいい~
f0167281_15485213.jpg


かみ合わせ?閉まり具合もとても良いのです。
f0167281_15491399.jpg


内蓋もしっかり付いてるし。
どこがスタート?持ち手のまわりに清心可以との文字が。
美しい心でもってこそ、お茶が淹れられるということ?
誰かわかる人に教えてほしいです。
f0167281_15493077.jpg


茶缶の中には、茶匙とお茶パックが。
茶匙にも宮原眼科のロゴが入っていて、ひとつひとつ、丁寧なつくりです。
f0167281_2316184.jpg

f0167281_2316731.jpg



そしてもうこれなしではいられなくなってしまった、
百果園のフルーツジャム。
パッションフルーツ、マンゴー、桃です。
f0167281_23183280.jpg


ラベルもかわいいし、蓋もオリジナルなので捨てられず
家にこの瓶が増殖してるんですが
いい使い道ないだろうか。。。
f0167281_2319352.jpg



そんなこんなの、台湾お買い物録でした( ^)o(^ )

老四川 飄香のステキランチに行ってきた(≧▽≦) 2015.10.24

この前の土曜日~
相方と、一人ずつ交代でランチに行ってこようということになり、
ずっと行きたかった老四川 飄香へ13時40分ごろ行ってみました。
やった!二人掛けテーブルが2つ空いていました。

別にサービス料とかランチはないんですが、
とられても満足なくらいの心配り。
座るときに、テーブルクロスが体にとられて動かないようさりげなく押さえてくれていたり。
物腰も、「いいとこのレストラン!!」って感じがします。

メニュー迷う!

f0167281_22352317.jpg

1の干し野菜入り四川式煮込みハンバーグ空芯菜添えと迷いましたが
3の四川農家式マッシュポテトがどんなんなのかも気になりましたが
6の牛スネ肉、里芋、茶樹キノコの四川スパイス煮込みに決定~

卓上には、前いろいろ調べて入手したミニ中華鍋が。
このラー油を使った場合のスプーンレストですね。
f0167281_2238463.jpg


中国茶の急須やお箸も、上品です。
f0167281_22384136.jpg


きましたきました!!
手前の前菜は左から鶏の怪味ソース、茹で落花生、安納芋と紫芋の羊羹、白瓜の漬物だったかな?
奥の四川泡菜、ほうれん草と玉子のスープ、ご飯はお代わりできるはずです。
f0167281_2239760.jpg


前菜もひとつひとつ凝っていて、ランチでも手を抜かないっていうのがひしひしと伝わってきました。
そしてこのメインディッシュ・・・
ピリピリ美味しい~~!
複雑で、酸味と辛味と旨みと、絶対家でできない味わい。
ご飯がススム君!!
もちろんご飯おかわりしました。
f0167281_22441214.jpg


食べ終わってぼーっとしてると、デザートはいかがですかとメニューを持ってこられるのですが
すっごくギリギリの手持ちだったので、案内が来る前に席を立ちました。
あちこちで、給仕の人に対して、「おいしかったわー」「また来るわ」と満足したお客さんから賛辞がおくられていました。
その気持ち、とってもわかります!!
すごく満ち足りた気分でお店を後にしたのでした。



直接タレを入れるだけじゃなくて、
スプーンレストという使い方もできるのかぁーと思うとまた気になります。


蓋もあるし


お玉やヘラはおままごとにも使えそう・・・


今宵堂、いろんな表情のおちょこ達(*^_^*)

1年待ちでようやく来たあの子たち。
今宵堂さんの、お猪口がやってきました!!
四人四色、いろんな表情をしています。

f0167281_10491274.jpg


一人、面白くなさそうな顔のがいます・・・(笑)
こういう顔の人に愚痴りつつ呑みたい日もきっとある。
f0167281_10492995.jpg


以前買った箸置きと座興賽とで
昼から一人飲みセット風にしてみました
f0167281_10504494.jpg



いまHPを見ていると、呑平(のみへい)さんとか千鳥足猪口もあって気になる。。。
けど四人家族が来たので、今はガマンです。

注文した時は妊娠中、やってきた時は授乳中でまだ使えませんが
あと半年くらい?この子たちで呑むのが楽しみです(●^o^●)!!

アイヌ伝統工芸 ニマ(木の器)を買いました

気になるなぁ~気になるなぁ~と思いながら、
食器は増やしちゃいかん・・・と買わずにいたアイヌ木彫りの器。
しかしこの前あと5日くらいしかない期間限定ポイントが突然たまっており、
買ってしまいました!
アイヌのニマ(器の総称らしい)、6寸。

f0167281_1421354.jpg


しっかり厚みがあります。
沙流川の近く?のクルミの木で
伝統文様ウロコ彫りらしい。
この写真だとてっぺんがウロコ型のラムラムノカ、
その下の葉っぱっぽいところが棘のある形のアユシノカ、
下の大きい左右対称のところが静かに曲がる形というモレウノカ という文様だそうです。
f0167281_142311.jpg


この木彫り、ただ装飾のためだけではなくて
盛った食べ物を食べて病気などにならないようにおまじない的な意味もあるそうです。
着物の刺しゅうも、袖口や襟などから悪いものが入ってこないようお守り的に刺繍がほどこされていたりとか、いろいろ意味があるらしい。
f0167281_1427526.jpg



みんげいおくむらさんにて。



かわいた食べ物だけ乗せて、丁重に扱い中です!

楽天スーパーSALE、気になる小皿や箸置き、アクセサリー

ちまちま買い物しております。
この前、喪服がなくて困ったことがあったんですが、
こういう買い物って、できれば使いたくないものだから、食指が動かないんですよね。。。
買うべきか買わざるべきか。
買うなら、体形の変化にも対応できるようワンピースだなぁーと考えているのですが。

今気になっているものたち。
いろんな形がある吹き出しの形の小皿、CHAT PLATES
ジャーン皿と一緒に使いたいものです。




鉄瓶の箸置き。んーかわいいなぁ



フライパン&目玉焼き箸置き。
このお店、以前もいろいろ箸置きを購入しましたが、気になるのが多いです!



釜飯とか(≧▽≦)



アルファベットの小皿で、お醤油などがたまると文字部分が濃く浮き上がるそう。



同じお店のスノードームリング「消防署の人」



Aquvii アクビ Light Bulb Necklace 豆電球のネックレス。
Aquvii アクビLight Bulb Necklace (ネックレス)

Aquvii アクビLight Bulb Necklace (ネックレス)
価格:2,376円(税込、送料別)




10日までまだあるので、じっくり考えます。。。

台湾・黄有信手工冰杓のアイスクリームディッシャー(*^_^*)

またまたHanakoの「台湾一周、民藝の旅」特集に載っていて欲しかった、
台湾は花壇にある、黄有信手工冰杓のアイスクリームディッシャー。(アイスクリームスクープと書いてあったけど、ディッシャーな気がする・・・。)
この道一筋60年の黄有信さんが日本のアイスクリームディッシャーを分解して研究し、それをもとにずっと手作りされているんだとか。
そして今シーズンで引退との記載が。ええーっ!!(@@;)
実はこのアイスクリームディッシャーは前々から欲しいと思っていたのです・・・
しかし通販などできなさそうな感じ。
↓Hanakoのページです

f0167281_15151977.jpg


そして台湾トランスさんで購入代行をお願いしました。
実際に、黄有信手工冰杓は電話注文での郵送などはされていなく、細かいサイズの話なども電話では難しそうでした。
さらに黄さんはご高齢なので、昼寝の時間なども必要で事前連絡して工房を訪ねなければいけないという、外国人旅行者にはかなりハードルの高い買い物だったのです。
本当にお世話になりました。
台風が来る前にとお願いした翌日には台北近くの新北市から、台中よりさらに南の花壇まで行ってくださったのでした。
黄さんには跡継ぎもいらっしゃらないらしく(息子さんはディッシャーはやらないらしい)、本当に今手に入れることができて良かったです
f0167281_1519479.jpg


直径によってサイズ分けされていて、その時は5種類あったとのこと。
入手したのは直径4.3cmのもの1つと、4.8cmのもの2つです!
小さめアイスボールを違う味で器に入れたかったので、このサイズがちょうど良さげ(^O^)
f0167281_15195629.jpg

f0167281_15214554.jpg

f0167281_1522463.jpg


軽くカシャカシャとする感じではなくて、
しっかり握ってガッシャンと手をはなす感じで使います。
固いアイスをすくうときも、全くしならず心強いすくいっぷり。
f0167281_15221810.jpg


で、バニラとチョコをさっそく盛り付けてみました。
うふふ。
f0167281_15231092.jpg

f0167281_15232858.jpg

f0167281_1523371.jpg


購入前、台湾の方?のこちらのページで来訪記が美しい写真と共に掲載されていて、
ますます欲しくなりました。
この方のブログで使用上の注意っぽい
黄師傳説:「銅杓不會生鏽、也不容易生細菌、只要細砂紙抛光跟熱水清洗這兩個訣竅、就可長久使用」と書かれており、
漢字を眺めて心の目で見ても結局よくわからず訳していただくと
「黄先生によると、真鍮のアイスクリームディッシャーはさびが付きにくいので、細菌もつきにくいです。目の細かい紙やすりでお湯で洗うことで、長く使用することができます」
ということだそうです。よーしそうしよう(^O^)9
個人で使うなら一生使えるようなので、大切に使い続けていきたいです!

台湾でもこの丁寧な手仕事のアイスクリームディッシャーは脚光を浴び、雑誌「好吃」の16号に掲載されていたようです。
f0167281_11332974.jpg

f0167281_11333483.jpg

裏表紙。
f0167281_1818241.jpg



遙遠的冰果室という本でもこのディッシャーがおススメされていました。
何ページにもわたって大特集。
台湾で現役の最老、最後の手作りアイスクリームディッシャー職人みたいに書いてあります。
f0167281_11371259.jpg

f0167281_14463043.jpg

本で紹介されている全国のおいしいアイスクリーム屋さんも訪ねてみたい。
f0167281_1447410.jpg



ちなみに、日本製のアイスクリームディッシャーでいけてるのはないのか??
7月30日放送の和風総本家「東京老舗を支える職人たち」で、
千疋屋総本店の方がなくてはならないものと紹介されていたアイスクリームディッシャーは
新潟県燕市の霜鳥製作所で作った部品と三宝産業で作った部品を合わせて、
最後は手で微調整して作られていました。
日本のシェア80%だったかな?結構手に入りやすいみたいです。
「三宝産業 アイスクリームディッシャー」とかで検索すると色々でてきました。

アイスクリームディッシャーは台湾のいいのを買えたので、
ミートボールを作るのにいい極小ディッシャーを購入。
直径約3cm、8ccのこちら。

わたしの作るミートボールはゆるいのでカッチリ球形にはなりませんが、
お菓子を作る人はこの大きさが重宝するようで、このアイスクリームディッシャーで生地をすくって
それをのばすと均一な大きさのクッキーなどが作れるんだそう。
つみれなどにもいいですね~~
今まで逐一手でとって不揃いな大きさのをチマチマ作っていたんですが、
これだと手も汚れないしとっても早くできる~!便利です。

日台アイスクリームディッシャー特集でした(^o^)