タグ:伊豆大島 ( 2 ) タグの人気記事


子連れ伊豆大島、冬の一泊旅行(^O^) 2016.12.25-26

2016年冬、伊豆大島に一泊旅行に行ってきました。
お土産記録は⇒★コチラ★

2017年3月末まで、伊豆大島復興応援ツアーが開催されており、
船で行って現地で1泊すると一人6,000円、2泊すると9,000円割引になるというありがたい制度でした。

島旅、というだけでテンション2割増しで上がります!!
汐留からゆりかもめで一駅の竹芝へ。竹芝客船ターミナル着きました~
f0167281_15083165.jpg

トラベルロードで、チケット引き換え証をもらっていたのでそれを乗船券に替えます。
幼児は膝に乗せたら無料なので、1時間半だし船内ぷらぷらしたらいいやー、とジェット船をフェリーみたいに考えていたのが甘かった、、、がこの時は知る由もなし。
f0167281_15133394.jpg

売店、他で見かけなかったカルビーの匠海気になる~。美味しいんだろうなぁ
f0167281_15142472.jpg


定刻の10分前くらいに乗船アナウンスがあり、乗り込みまーす
f0167281_15135287.jpg

子どもを抱いて我慢の子。
ジェット船はフェリーというより、飛行機に近い乗り物なんでした。
発着時しばらくはシートベルトをしてトイレにも行けないし、くじらなどと衝突の可能性のあるエリアも要着席。
そんなに窓の外の景色を楽しむ、とかましてや甲板に出るとかそういう感じじゃなかったなぁ。。。
シートベルトをしてひたすら座っています。。。
f0167281_15272732.jpg

船内誌でTOKYO ISLANDS CAFEの存在を知りました。後日行こうと決意。
f0167281_15291342.jpg


着きましたー、大島。
大島には元町港、岡田港、波浮港などあるのですが東京から出発した船がどの港に着くかは、天候によりその日の朝に決定しているんだそうです。
予想のサイトはあるみたいですが⇒ココ 、基本元町港だと思っていたら岡田港の日もかなり多いようで。。。
運良く私たちが行った日は元町港(岡田港より栄えてる)で、予定通り観光することができました。

食事処のオープンまで15分くらいあったので、少しの時間も無駄にすまいと大島郵便局へ。
元町の大島郵便局は本局なので、土曜日でも9-17時、日曜でも9-12時半オープンしています。
11時に予約した寿し光の前を通過し、そのまま坂を上ると郵便局がありましたー。
すでに文や住所は書いてあったので、3枚ハガキを持って行って「風景印をお願いします」と窓口の方にお願いしました。

あんこさん(お姉さんとか、年上の女性の意味)が椿と共に。ステキな風景印♪
f0167281_15254298.jpg

寿し光に予約していた11時に到着。広々したお店に一番乗り。
でもやっぱり予約しておいてよかったです、しばらくすると次々とお客さんが来ていました。
子どもにも親切にしていただいて良かったー!お座敷なのも、ありがたいです。(テーブル席もあると思う)
f0167281_15293767.jpg

メニュー。伊豆大島独特のメニューがたくさん。
伊豆大島と言えばなんといっても「べっこう寿司」「くさや」「明日葉」が有名かな?
べっこう寿司というのは、青唐辛子入りの醤油=べっこう醤油で漬けにした魚でにぎりにしてあるお寿司です。
f0167281_15301025.jpg
f0167281_15302169.jpg
f0167281_15303343.jpg
f0167281_15304494.jpg
f0167281_15305577.jpg

いろいろ気になるんですが、、、まずはオーソドックスに島づくし。
べっこう刺身、べっこうじゃない地魚のお刺身、島豆腐サラダ、小海老と明日葉のかき揚げ、明日葉おひたしなど
島料理がたくさん食べられる旅人にうれしいセットです!
f0167281_15334900.jpg

島にぎりも。べっこう醤油が子どもには無理かなと思い注文。
しかし、通常のお寿司にはわさびが入っていたのでした。聞き忘れた、しまったー
f0167281_15341486.jpg
ベリーAジュース美味しい!
赤ワインの原料のぶどう果汁100%です
f0167281_15342596.jpg

そしてこれはチャレンジの一品、くさやピザ。
臭豆腐も加熱したら食べられるし、これもなんとかいけるかな?と思ったのです。
確かに独特のにおいはありますが、塩気とうまみが強くておいしいです!子どもでもいけましたー。
これ絶対、ワインと合うやつ。。。
f0167281_15352298.jpg

満ち足りてお店を後に。この時点で、12時15分。
本当は12時15分元町港発のバスに乗りたいと思っていたけど無理だった~

そしてあんここけし椿油を作っている阿部虎製油所の直売所、あべとらへ。
椿油以外にも、お土産など販売されていて、ひなびた感じが「ここには何かある!!」とアンテナ立ちましたが、買い物興味なしの相方のオーラを察知しこけし瓶のみ購入。
何かお得だと思って大きい方を買ったけど、ずんぐりむっくり?な30mlのもかわいかったかも。
f0167281_15163343.jpg

そこから海市場(写真左手の建物)経由して、港のバス停へ。
海市場では青唐辛子入りいかの塩辛など買いました。
f0167281_15355777.jpg

13時のバスまであと10分ほどあったので、旭売店や阿部森売店などダッシュでチェック。
バスで大島公園へ向かいます!島の上半周をぐるっと見て回れる感じで楽しい。
空港や、天気が悪い日にはここから就航する岡田港など眺め、30分ちょっとで終点の国立大島公園に到着。
f0167281_15182418.jpg
宿泊は大島公園から車で15分ほどの大島温泉ホテルを予約していました。
タクシーを売店で呼んでもらっていこうかと思っていましたが、その相談を聞いていたバスの運転手さんが
「ここまで配車してもらったらそれだけで迎車料金2千はかかると思うし、それからホテルだと4千くらいになるのでは?」
「だったら、また元町港までバスで戻って、元町港にホテルの送迎車に来てもらった方がいいですよ」
「ホテルに送迎車の空きがあるか今すぐ電話してみてください」
とても親切にしていただきました。。。
そして電話すると、15:45元町港発のバスに乗せてもらえることに。


大島公園は無料でありながら、椿園に資料館、動物園などが広大な敷地の中にあります。
動物のエサは、入園前に入り口近くにある売店で買います。
この武田売店、椿油ものが結構揃っていて、生の椿油など買いました。
f0167281_15192488.jpg

まず最初に見えてきたのはワオキツネザル。
走り方がユーモラスなあれです。
f0167281_15380172.jpg

ロバや豚にエサをあげます~
ふれあい広場も鳥のところも、全体的に人が少ない!掃除は行き届いていてきれいです。
日曜なのに、ゆーったり過ごせました。
椿資料館がトイレも美しくおすすめです。
f0167281_15422049.jpg


椿トンネルは車窓より見学。大島公園の隣のバス停です。
f0167281_15203028.jpg


元町港に到着。20分前に着いたので時間をつぶします。
向こうに富士山が見える~などと、写真を撮ったり船客待合所内の売店チェックしたり。
そして、集合場所の港の桟橋に行ってみると誰もいない。。。
嫌な予感がして電話してみると、「1530に出発しましたー」ええっ!!Σ(@_@;)
事情を説明すると、またバスを回してくれるけれども、16時過ぎるとのこと。
案内所などあたたかいところで時間をつぶしておいてくださいと言われ行くと、
まったく同様の目に遭った男性がたたずんでいました。。。
f0167281_15222616.jpg

何はともあれ、無事にホテル到着。
船客待合所でも、ホテルでも、椿の実がもらえたりします。
f0167281_15225534.jpg

18時からは椿オイルフォンデュの夕食。
元々のメニューは野菜が多かったので、アップグレード(プラス800円)をチェックイン時にお願いしました。
行ってみると、2人席だったので子ども椅子を2客探してセットしないといけませんでした。
このツアー、ネットで申し込むときに船は幼児(無料)にすると、ホテルでの食事はプラスするとか布団プラスがエラーになってしまい、完全大人二人料金で申し込むほかなかったのでそうなったのかもー

オイルフォンデュは美味しかったんですが、子ども2人がごてたり、トイレ行きたがったり色々あって楽しめず。。。
火加減調整を怠ると、あちこちのテーブルでジョワー!!と出火直前な様相になってました。
ホテルの人も少なくててんてこ舞い。
とにかく子連れにはきつい食事だった。。。
f0167281_15442081.jpg
あしたばジュース美味しかったです。
f0167281_15445192.jpg
それから大浴場へ。
それまで、いろいろ設備が古くて(たとえばトイレタンクの上に年期の入った造花があったり、レトロではがれかけの壁紙だったりで神経質なチビーラはこわがっていた・・・)、子どもには合わなかったかなーという気持ちもありましたが、
露天風呂からは東京ではありえない星いっぱいの夜空を見ることができて、良かったです!
なぜこちらのホテルにしたかというと、島で唯一、三原山を望む源泉かけ流し温泉があるからでした。
夜で山は見えなかった(^^;)けど、星空は本当に良かったー。

ちなみに布団は普通サイズよりなんか小さいような??
布団2セットに大人2人子ども2人で、「気を付け」ポーズでも肩がはみ出る。。。
なかなか寝ることができず一晩過ごしました。。。


昨夜見ることができなかった三原山は朝食会場から見ることができました。
朝ごはんは豪華じゃないけど、島の素材がいろいろあり、
大島牛乳がカフェオレにしてもすごくおいしいのにビックリ!
f0167281_15240334.jpg

10時ホテル発のバスに乗り、元町港へ。
運転手さんが港への道すがら、大島の案内をしてくださりました。
こんな細くて急な道、バスじゃなくても怖いなぁ・・・というところに差し掛かった時、
2013年の土砂災害の爪痕がしっかり残っていたのでした。
みんなに注意を呼び掛けて家をまわっていた先生が流されてしまいまだ見つからないけど、絶対あきらめないで探している、とか
この辺りにはホテルがあったんですよ、と説明されるのですが
3年経っても、まだこの程度の復旧なんだというのが正直な感想でした。
阪神大震災の時は、やっぱり都会だったから急ピッチでいろんなものが復旧されたんだな、
こんな山の上から港の方にまで土砂が流れて行ったら、本当にひとたまりもないな、などいろいろ考えました。


元町港には10時半には着き、
当日の朝9時半に電話して予約しておいた島島弁当を船客待合所2階のイズチシ丸食堂で受け取りました。
f0167281_15242383.jpg


今日も、船の向こうに富士山が見えます。さようなら伊豆大島~~
f0167281_15250806.jpg

この後、船に乗って10分くらいでチビクマルが何度も吐きました。。。
たしかに海はしけていたけれども、そこまで揺れていなかったような??
子連れの船旅は、こういうこともあるんでした。


ちょっとハードだったりもしましたが、それでも行けてよかった、大島旅行でした。









伊豆大島★独断と偏見によるお土産ナビ2016冬

伊豆大島に行ってきました~。星がきれいで、ご飯が好みだった!!
今回は忘れないうちに、2016冬時点でのお土産記録からいきます。


伊豆大島と言えば椿油。
その中でも、どうしても欲しいビジュアルだったこれ。
阿部虎製油所の、アンコこけし油です。
アンコというのはお姉さんとか、年上の女の人をこう呼ぶんだそう。
お店で、おばあちゃんがレトロかわいい包装紙でくるんでくれました。
f0167281_15452711.jpg
このこけし型の瓶に入っているのは阿部虎製油所さん限定。
元町港の直営店に伺いました〈火曜日定休、8時半ー18時〉
他にも元町港なら旭売店、岡田港なら一峰売店に卸されてるそうです。
1サイズなら、元町港の船客待合所内の売店にもありました。
f0167281_15475470.jpg
もったいなくて使えない~と言いたいところだけど、使おう。
f0167281_15430992.jpg
箱まで何から何までレトロなのがいい。。。
f0167281_15513242.jpg

もう一つ、椿油もので気になっていたのが「生の椿油」
非加熱で、丁寧に濾過して作られている椿油です。
ネイルケアの筆がセットになったのと、小瓶とがありました。
というかこの2種類しかお土産屋さんでは見かけなかったような。。。
株式会社 椿の事務所だと、平日行けば全種類見られるそうです。
f0167281_15533382.jpg
↓島内のヤブツバキの種だけからできているそうです。
f0167281_15423216.jpg

サクマドロップスも、伊豆大島限定の椿油配合のものが!
東海汽船3代目マスコットガール橘みづほさんと、
柳原良平さんイラストのキャプテンたちばなのイラストが裏表になっています。
東海汽船のオリジナルみたいですが、船客待合所内の売店にはなく
大島温泉ホテルの売店だけで見かけました。もうすぐ終売なのかも。。。
ちなみに、大島温泉ホテルの宿泊客は売店での買い物10%OFFなので、
メジャーなものを買うのはここで買うのがお得だと思います。
f0167281_15561745.jpg

ポストカードやマッチ。マッチがなぜか関西弁なのは、京都のイラストレーターさん作らしい。
ポストカードは何とも言えない、ほんわか味です。
f0167281_16524164.jpg
f0167281_16525001.jpg
f0167281_16530123.jpg
f0167281_16532397.jpg
これらは阿部森売店で購入。大島椿のエコバッグなどもあり、かわいいです。
食品なども一通り揃っている、元町港の大きな土産物屋さんです。
「御神火」あしたば風味の焼酎も、こちらにはありました。
このレトロシリーズのTシャツやエコバッグがいいー↓ 画像出典:zaqおでかけガイド
f0167281_20154389.jpg
忘れちゃならない椿あげ。椿油で揚げたおかきです。
元町のお土産屋さんの話によると、椿あげの直売所「島の煎餅」か
港の船客待合所内の売店でしか売られていないんだそう。
f0167281_15582341.jpg
そのせいか、人気ナンバー1でした。
f0167281_16002302.jpg
種類も、基本の塩味をはじめ、醤油、あまから、胡麻、唐辛子、
あしたば醤油、あしたば塩、カレー、青のり、玄米胡麻、ピーナッツ、
黒豆、海老・・・などいろいろありました。
午前の出航前だと品薄で、閉店間際の夕方だといろいろ揃っていました。
f0167281_16013913.jpg
塩辛やくさや製品もいろいろ揃っています~
f0167281_16021305.jpg
大島牛乳ぷりん、この日は午前の出航時間に到着せず(*_*)。。。↓
そうそう、この大島牛乳、普通にカフェオレにしてもすごく美味でした!!
f0167281_16022832.jpg

島島弁当、イズチシ丸食堂に朝9時半電話して受け取り予約しました。
観光案内所で教えてもらった、このお弁当のラベルにも書いてある電話番号が
電話しても違うところに繋がってしまい、朝からあたふた。
04992-2-4380で、つながりました(元町港)
たいていの日は元町港なんだろうと思っていたけれども、売店の人によると
天候が悪いと岡田港になるので、岡田港になる日も結構多いんだそうです。
で。これ、べっこう寿司も美味しいけど、添付の山椒が効いててうまっ!!
★大島の自然塩とシソで煮た塩こんきゃく ★レモン生姜 
★白身魚のべっこう寿司(ご飯は梅胡麻酢飯、上に明日葉の青葉)
それといつも同じじゃないみたいですが、塩飴にシールが付いてました☆
f0167281_16061361.jpg
ちなみにもし伊豆大島で巡り合えなくても、
竹芝客船ターミナルの「鼈甲鮨 BEKKOUZUSHI」で食べられる!!
しかもテイクアウトもできるのでしたー。
ゆりかもめに乗らずとも、浜松町や大門から歩いて行けますよ♪
ただし土日祝休み、オープンは11:30-15時というのは難点ですが…
f0167281_16072870.jpg
f0167281_16110774.jpg
べっこうずしと野菜ポトフのセット、もしくはべっこう焼飯とポトフのセット。
お、おいしそー。きっとまた行く!!
f0167281_16073993.jpg


食べ物続きます。べっこう寿司と騒ぎましたが、
この青唐辛子入りのべっこう醤油というものがあり、これに漬けにした
魚を使ったのがべっこう寿司です。これで家でもできる。。。
青唐辛子入りいかの塩辛も買いました。
どちらも、海市場で買いましたが、土産物屋さんにもあります。
f0167281_16035290.jpg
どこででも見つけられる、牛乳煎餅。
瓦せんべいのような食感で、もっと牛乳の味が濃いです。
f0167281_16161941.jpg
f0167281_16170772.jpg


風景印、これは大島郵便局(本局)で押してもらいました。
土曜日でも9-17時、日曜でも9-12時半オープンしています。
f0167281_16144025.jpg


これからしばらくは、大島が恋しくなったら竹芝客船ターミナルの
東京愛らんどに行くとします。。。(ショップ、カフェがある)
f0167281_16113625.jpg
f0167281_16115131.jpg
f0167281_16125183.jpg
14時からのおつまみタイムも外せない。
f0167281_16130414.jpg

今回行けなかった小笠原諸島(父島)の島辣油や、硫黄島の一味唐辛子、
青ヶ島(こここそなかなか行けない!!)の醗酵唐辛子、鬼辛を買ってきました。
鬼辛は、青唐辛子のをまるごとにっぽんで買って気に入っているんです。
椿油ものや、アイスクリームもありますよー。
f0167281_16042919.jpg
入口近くには顔はめ人形もあります
f0167281_16120725.jpg

そんなこんなのおみやげ記録でした。