タグ:布 ( 43 ) タグの人気記事


さをりの森で、織物一日耐久レース!!

今日は一時、すごい雨でしたねー。
そんな雨をものともせず、本日は和泉市のさをりの森にて9時半から6時近くまでひたすら織り機と格闘していました…。うーん、8時間労働。

f0167281_2162519.jpg

行きは、歩いて行くのは一寸きついところです。帰りはOK!
作業する二階。さをり織用の織り機が並んでいます。
f0167281_2173099.jpg

糸がいろいろ選べます。芯の色で、ウールか、麻か、木綿か、レーヨンかわかるようになっています。
f0167281_21184745.jpg
f0167281_2119449.jpg


途中で綿を入れたら、またちょっと雰囲気が変えれます。
f0167281_21192985.jpg
f0167281_21194621.jpg

さあ、織っていこう!
作業自体は単純だけど、糸巻きが、同じウールでも様子の違う糸の2,3本取りにするとからまっちゃったり、とんとんと織る瞬間に足を踏み込みすぎていると脇がガタガタしたり、コツをつかむにはしばらく実際にやってみないとわかりません。
f0167281_21201750.jpg
f0167281_2124493.jpg


はぁ・・・12時になったけど、まだまだかかりそう。
すると、「お昼どうされます?この近所のCLOVERってとこだと、プレゼントつきですけど予約しておきましょうか」と救いの手が!
歩いて数分、ごはんカフェCLOVERに到着です。かわいい!ハーブやオリーブの木が植わっています。
f0167281_2125924.jpg

盛りだくさんなクローバーランチ。これにドリンクとデザートつきで、さらにさをりの森のチケット渡したら、カシスシャーベットもいただけました!
どれもおいしくって、大満足♪
f0167281_21262936.jpg


作業は続きます。なんだか、私たちの様子、フェアトレードのパンフレットに載っている人みたいになってきました。
結局、5時くらいまで織って、それから端糸の処理ですよ・・・!
三つ編みならぬ、二編みをする道具。本来は髪の毛用ですが、つるつる滑って髪の毛には全く使えず、「とにかく買ってくれー」という会社から在庫を1つ200円で仕入れたんだそうです!
f0167281_21332232.jpg

ここの社長さんが面白くて、さをり織の織り機を持ってケニアに行ったけれども、早く教えないと時間がなくなるのに延々女性たちの歓迎の踊りでもてなされ、「もうええねん!早くしないと~」と思っていたら今度はごちそうが出て・・・と、オモシロ体験談続出。

さあ、、、できました!!
3人とも肩のみならず、全身が「あっ!もうクる!」という状況ですが、その甲斐あった作品に仕上がった…と友人も私も自画自賛。
まずおいらの。
f0167281_21365247.jpg

パリジェンヌを意識してみました。ウール、麻、綿混合です。

のぞみちゃんの。CONRAN SHOPにも置けるんじゃないでしょうか。
複数人から「それ、マネしていい?」と聞かれた技が光っています。
f0167281_21383577.jpg


さやちゃんの。モスグリーンベースで、分かるように置いたつもりが画像だとわかりにくいんですが、透かし織りや糸のジグザグ取りなど、初めてなのにアーティスティックで、創造的なんです!いやーすごいわ。
f0167281_21401174.jpg


三人とも帰りの電車の中で広げては眺め、、、特にのぞみちゃんと私は悦に入っていました。誰も止めないので自画自賛の雨嵐。
早くこれを巻き巻きして歩きたいなぁ~!!!(^v^♪)

ティータイムの友、コースターなど☆

さっきアップした写真がゴッテリしていたので、お口直しに。
ティータイムの友、コースターです。(^_^)

冨山麻由子さんの柿渋のコースター。柿渋の布に、「ケモノ」のモチーフ。
シカやトラなどもありましたが、ケモノというネーミングにも惹かれました。

f0167281_21521390.jpg

作品を見ていると、トリよりトラの方が愛くるしかったり、一筋縄ではいきません!

イランの方の作品、まるで絨毯のように分厚くしっかりしています。
f0167281_21533697.jpg

どんなにアッツアツでも、ものともせずに受け止めてくれます。
我が家のコースター界の大将です。

そしてこれ、骨董屋である実家にあったもの。
いらなかったらもらおうと思ったけど、もらえませんでした(^ ^;)
お煎茶用の茶托です。
f0167281_21553295.jpg

このくすんだ感じが好きです。

別バージョン。
f0167281_21562639.jpg

間違っても、研磨剤などでピカピカに磨いてはいけません。

服のコーディネートみたいに、コースターとカップをあれこれ合わせてみるのも、
楽しいですよね~(*^o^*)

ウズベキスタンで朝食を♪(空想)

ウズベキスタンの人たちって、ひょっとして余白恐怖症じゃないかと私はにらんでいる。
どこまでも柄!色!で、デコラティブなのだ。。。

さぁ、朝ごはんですよ~

f0167281_20361418.jpg

三種三様に主張。

ポット。モスクワはベルニサージュにて買いました。
2,3箇所、ウズベキスタンの焼き物を扱っているお店があるので。
f0167281_20373459.jpg


ティーコゼ。座布団のようにぶあつく大きいです。
未使用だった時に、友達に帽子にされ、何ていうか、いつか使おうととっておいた消しゴムの角を使われたような気持ちになりました(笑)
f0167281_20393849.jpg


お椀。ここから3つは、同じ作家さんだそうです。
シックなところがお気に入り。
f0167281_20401914.jpg

難を言えば、ウズベキスタンの食器ってとっても欠けやすい!
ちょっとぶつけたら、その瞬間表面が欠けています。

お皿。どこまでも描きこみたいようです。
f0167281_20413230.jpg


これも。お豆腐くらいしか乗せるものが思いつきません。
f0167281_2042015.jpg

それか枝豆てんこもりとか、ポップコーンとか、白いおかずとか・・・。

じゃ、テーブルクロスにお皿を並べて・・・っとう!
f0167281_20423554.jpg

だんだん訳がわからなくなってきます。

これは比較的シック・・・だろうか???
f0167281_2043811.jpg


日本人的には、シンプルな食卓にアクセントとして使いたいです・・・。(^ ^;)