タグ:手仕事 ( 83 ) タグの人気記事


チャイナな飾りを箸置きに!石の佩、牌を買ってみた。

以前からPANDAKITCHENで特に気になるこのお箸置き。
触ってみたら石みたいなんだけど、カラフルだし、石の粉を着色して固めてるのか?
そもそも石じゃなくて牛骨かも?素材はちょっとわかりません。
北京のアンティークショップで、何かの飾りとして売られているのを買われたらしい。
f0167281_15423587.jpg

f0167281_15342392.jpg


そういえば、父は骨董屋だったのでLINEで写真添付して「これってものの名前は何」と聞いてみると
「写真のもんやけど中国では佩とか牌とか言うて
ペンダントみたいに 魔除けとして 提げるもんやけどな。」
とめっちゃ関西弁で返事きました。。。
寿山石とか青田石を染めているのでは?と。


なので早速タオバオで佩とか牌とか入れてみると、いっぱい出てきたー!!!
陈氏琢玉坊 というお店でまとめ買い。
アリババのもかわいくて迷いました~~


商品名長すぎの「仿古岫玉镂空凤凰玉佩腰佩双喜临门玉坠吊坠挂件车挂玉璧古风配饰 」
岫玉という石でできた双喜と鳳凰?
PANDAKITCHENで見たような、カラフルなのはなかなか見つからず、
石の色!というのばかりでしたが
とにかくできるだけいろんな色のものを選びました。
f0167281_13033978.jpg



この岫玉というのが新山玉という加工のしやすい、薄い緑がかった乳白色の石のことみたいです。
他の牌もすべて同じ石で、脱色して真っ白にしたり翡翠っぽい緑に染めたりして使うようです。
双喜と鳳凰のおめでたいデザイン。
f0167281_13022696.jpg




蝙蝠と胡蝶が上下にあしらわれ、両サイドのハートっぽいところは霊芝。
昔の中国の文様で、ハートっぽいものがあったら霊芝だそうです(父談)
f0167281_13094952.jpg




翡翠っぽい色に染めてあるこちら。
松竹梅紋みたいな?梅にうぐいすかもしれないとのこと。
f0167281_13064399.jpg
 

同じデザインの黄色バージョン。
f0167281_13075042.jpg




緑のこちら、真ん中に寿の字と下にこうもり、商品名には双龍とあるんですが左右のクネッとしてるのはそうなのかな?
f0167281_13050355.jpg




蝙蝠が5羽、円になっている文様・・・五蝠紋というようです。
中国語で福と蝠が同じ発音なので、コウモリはおめでたいんですね。
f0167281_13113984.jpg



招财童子、えらくふっくらとした坊ちゃんがおります。
f0167281_13134729.jpg




福の字と蝙蝠、これも五蝠紋ですね~
f0167281_13144652.jpg




麒麟、表面が平らで置きやすそう。
機械彫りだろうが何だろうが、こんな凝ってて155円くらいって安い!
f0167281_13164758.jpg



一つだけ大理石のこちらは喜の字と鳳凰。
f0167281_13180918.jpg

どれもちょっと洗うのが面倒そうですが(^^;)、中華料理の時に雰囲気出そう!
ヤフオクでも玉佩という単語で検索するといろいろ出てくるんですが、
かわいいデザインなのはあまり見つからないんですよねー



ちなみに、ペンダントヘッドを箸置きにしようと思って買いましたが
せっかく金具が付いているのでどちらとして使おうか迷い中です。
f0167281_13272378.jpg


そんなこんなでございます。







Pepe Shimadaさんの絵 Motorcycle Vacation Cats

Pepe Shimadaさんの絵が、また我が家に一枚増えました。

前回は電鍋を頭に乗せた”Taiwan Electric Cooker Mao”を購入したのですが その時の記事
今回は、一匹よりも家族で楽しそうなこの絵にしました
今回の個展のテーマは、アジア各地を旅行しながら、バリ島である芸術祭を目指す猫たち・・・だったそうで、
この絵もどこかのアジアの国を走っているんだそうです。
f0167281_14285592.jpg



ベトナムみたいな乗り方だけど、景色はなんだかウユニ塩湖みたい。
これ購入したの、旦那に何て言おう・・・といろいろ考えて、「なんかうちの家族みたいじゃない?!」というと
「一人多いやんっ、最後の猫だれなのよ」と突っ込まれました。
でも同じように思ってくれたらしく、それ以上何も言われなかった。。。
最後尾の猫さんはご先祖様ということにします。
f0167281_14312459.jpg


このDMになっていた猫ちゃんもかわいかったですけどね、、、
f0167281_14313617.jpg


リビングの一番よく見える場所に飾っています(*^^*)





田辺京子さんの個展@芦花公園Gallaria Tokino-Shizuku

とっても個性的な、田辺京子さんの器。
京九谷とホームページにはあるのですが、九谷焼なのかな?
ワールド炸裂した焼き物を求めて芦花公園へ。
これ、「あしはなこうえん」じゃないんですよ。。。「ろかこうえん」これを機に読めるようになりました。

京王線の芦花公園駅を降り、不安になりながら線路沿いに歩くと、マンション「ラルゴ芦花公園」ありました!
HPの地図だと、駐車場とあったところが住宅になっていて迷いましたが、とにかく突き当りまで歩けばいいのでした。
超・マンションの一室です。
マンションも4棟くらいに分かれていて、あせりながらエレベーターで4階へ。
f0167281_11460208.jpg


11時過ぎに到着したら、前には一人だけでした。
もう既にいろいろ持ってらっしゃる方らしく、のんびりされてる横で血眼でお目当てのものを探す。。。
バナナ皿と、木立小皿です!あったよあったよー!!
f0167281_11442432.jpg


まず、こちらがバナナ皿。一本タイプとこういう房タイプがあります。
大きさも、これは小さ目ですがおかず皿くらいの大きさのもありました。
エクアドルのENANO BANANASバナナのシールみたいなマークが入ってます!
他にもDoleやデルモンテのバージョンもあるらしい。
f0167281_11443648.jpg


裏面も描きこまれてます。真ん中のハートの中には「京」の文字。
f0167281_11444974.jpg


こちらの木立ち小皿は、見込みにパンダが描かれています。
この天狗の団扇みたいな形のが、一番ほしかったんです~~。
個人的に、斎藤ひろこさんのイラストを思い出させる絵柄です。
f0167281_11445930.jpg


裏面は花。牡丹・・・?適当なことを書くと恥ずかしいのでやめとこう。
f0167281_11451083.jpg



もう一つの木立ち小皿。金魚です!
太っちょ金魚の口元に萌え~~
周りの絵柄は伝統的な感じなんだけど、いい意味でキッチュな雰囲気になってカワイイ★
f0167281_11452257.jpg


逆さにしてみました。もう一匹の金魚の顔を見てほしかったんです。
目の下のしわ・・・涙袋・・・?がツボです。
f0167281_11453252.jpg


こちらも裏面は花模様。早く器並べに参加させたいなぁ
他がプレーンな器でも、一気に華やかになりそう!!
f0167281_11454576.jpg

これに似合う、小さなおかずを考えよう~~( ^)o(^ )













yukiesinbasi さんのおとぎ話のようなお皿(*^_^*)

三重県は桑名市で姉妹で制作活動されている、yukiesinbasiさん。
一点もののウェディングドレスと陶器を作られています。
なかなか東京では買える機会がなく、指をくわえてみていましたが。。。
オンラインショップがオープンしました!!!

オープン日の10時にスタンバイし、血眼でクリッククリック、入力クリック。
ぎょぎょぎょ!!1枚既に最終画面で売り切れ(@_@;)
パニくりながら、画面戻って買い物かごに行って削除して、、なんとか2枚購入できました。

届きました。薔薇のつぼみと白い薄紙が美しい~
f0167281_13412216.jpg


わくわくしながらオープン!!
やっぱり素敵~(*^_^*)
2枚並べてみました。
f0167281_13410711.jpg


こちらは、「駆ける貴婦人」
本当に、童話の挿絵のような、ちょっとセピアなこの感じ・・・大好きです!
f0167281_13425088.jpg


アップ。人物の顔がリアル過ぎないのも好みです。
あとこのお皿の、肌というのか?全体の色むら、釉薬の表情が他にないように感じます。
f0167281_13430291.jpg


こちらは「仔猫と女」のスクエア皿。
やっぱりこのイラストが魅力的なんだなぁ。。。シックで上品で。
f0167281_13452020.jpg


焼き菓子など、乗せてみたいと思います!!
大切にしなくっちゃ★
f0167281_13455821.jpg










台湾からの買い物とお土産 中国茶やデザイナーものグラスなど★

最近、行けない台湾の買い物づいています。。。
pinkoiでアジアの手作りものが買えるようになって、送料も思っていたほどではなかったりで
ついつい・・・(^^;)


ARTEA 千合趣 という台湾の老舗お茶屋さんのお茶セット。
このお茶を包んでいる39cm角のハンカチがかわいいー、綿なので普通使いできます!
すごく好み・・・1929年から台北でお茶屋さんをされているそうなので、旅行に行けたらお店に行ってみたい。
f0167281_15045604.jpg

4色のハンカチに包まれた中国茶はそれぞれ、
【喜】日月潭紅玉琥珀(Sun Moon Lake Ruby Amber Tea)全發酵
【金】蜜糖香紅茶(Honey Ruby Tea)全發酵
【萬】花開四季(Four Seasons Tea)半發酵
【福】阿里山仙霧高山茶(Ali-Mountain Divine Green)半發酵 です!
四隅にそれぞれ喜、金、萬、福の文字がプリントされていて、柄は同じ色違いハンカチです。
f0167281_15050713.jpg

1つ開けてみました。3gの手摘み茶が10パック入っています★
やっぱりこれだと、小さい急須で淹れた方がいいんだろうなー。
1回で2~3回飲めるそうです。
f0167281_15051848.jpg

同じARTEAのリーフレットにある、熊の形の《愛青瓷Tea熊罐》もかわいい!
茶葉を入れるキャニスターなのですが、もうひとつ用途があり
f0167281_10474433.jpg


こんな風に釣り人ぽくティーバックを固定してくれます(^O^) 釣竿も台湾の竹製・・・
どれもかわいいなぁ。。。
f0167281_10261940.jpg




次に買ったのは琅茶 Wolf Tea のオオカミマークの缶に入ったお茶。
台湾もの、やっぱり中国茶が気になる。。。(そして見た目がまたかわいい!)
缶はもしかすると日本製かもしれません。
f0167281_20190038.jpg

f0167281_20193045.jpg

黄色い缶の東方蜜美人は、台湾独特の東方美人茶で、ウンカという虫が茶葉を噛んだところが蜜のように甘くなるそうです。
自動翻訳で見るとそのように読めます。。。間違ってたらすみません。
ピンクの缶は阿薩姆紅茶とありますが、アッサムを中国語で書くとこうなるみたいです。
f0167281_20200005.jpg



お次は茶葉ではなく飲むグラス。
Super B StudioのBadkitty Bubble-Tea Glass Tumbler
下に黒い粒粒のプリントがあり、何を入れても珍珠奶茶に見えるというグラスです。
f0167281_14230162.jpg

f0167281_14231029.jpg

ただのコーヒーを入れてみました。バブルティーに見える・・・かな??
f0167281_14240947.jpg


そしてこれはいただいたお土産!!
台南の林百貨のポストカードやNineのパイナップルケーキ、食べ物とともに
リクエストしていた樹子が(*^_^*) 樹子の巻はこちら→台湾料理レッスン
f0167281_14233629.jpg

nineのパイナップルケーキ、美味しかった~( ^)o(^ )
f0167281_14235251.jpg



そしてこれも別の友達からの台湾土産、きのこスナック(エリンギ)です。
一般的にはキノコチップスという名前なのかな?
お茶請けに出されて止まらない美味しさで買って帰ってきてくれた後、ものすごい食欲と闘いながら、1ヶ月私に会わない間にも手を出さずに我慢して、そして持ってきてくれたのです・・・!それに感動。
しいたけしか食べたことなかったですが、ホント、おいしいですよねぇー( ^)o(^ )
f0167281_14335425.jpg



まだ買い物したのがありましたー!
mumu unionのMUMU方銅尺(MUMU square feet of copper)
3種類あるうちの人体柄、人體款です。
右のマスコット?みたいなのは、おまけでいただきました♪
f0167281_20174687.jpg

人体定規のプリントは盛り上がっているので、上から鉛筆でこすればトレースできます。
f0167281_20183188.jpg


最近のお気に入り台湾雑貨・お土産でした★








棚橋祐介+studiofujino2人展@StyleHugGalleryでお買いもの☆

昨年知った、studio fujinoさんの木工品。
欲しいなーっと思っていたのですが、通販されていないのでなかなか入手は難しいかなと思っていました。
そんな折、原宿近くのStyleHugGalleryさんにて、棚橋祐介+studiofujino2人展をされるということ!
初日の開店前に並びたい気持ちでしたが、子どもの用事があり、それを済ませて昼も食べずに13時頃かけつけました!!

たくさん作られていたようで、まだまだ選べました!
素敵なのが残っていて良かった~(*^_^*)

購入した4枚のお皿。
f0167281_14182753.jpg
studio fujinoさんのお皿の素晴らしいところは、木製品ですが油ものガンガンOKなところ。
よくあるウレタン塗装のものは、安全基準を満たしたものでも、職人さんの体調が悪くなったりといった弊害が起きていて、その点studio fujinoさんのはエコなガラス液みたいなものに木の細胞まで浸してあって、表面のコーティングではなく全体がガラス質で守られているんだそうです。


1枚1枚見ていきましょう~!
まずは木目が美しい、けやきのオーバルフリルプレート。
同じ欅でも、こんな風に木目がはっきり出たもの、プレーンなもの、いろいろでした。
f0167281_16231645.jpg
思わず1枚買ってしまった、棚橋祐介さんの長八角皿と。貫入がいい雰囲気。
f0167281_16235129.jpg
f0167281_16241012.jpg


カイズカイブキ、あまり聞いたことないけど生垣によく使われている木なんだそうです。
画像検索してみると、あーあれか、という細い木で、こんなお皿を作れるのが意外でした。
流れるような木目がまた美しい★
f0167281_16245149.jpg


小さめのレリーフ皿2枚も思わず購入。
f0167281_16251461.jpg


濃い茶色のはクラロウォールナット。
ただのウォールナットではなく、2つの種類のくるみの木を接ぎ木した種類で、接ぎ木により色調が変わったりいい感じのこぶのような木目ができる高級木材のようです。
普通に買うと高額になるけれども、家具を作っているところから端材を仕入れたりして、比較的リーズナブルに提供できるんだそうです。
f0167281_16254908.jpg


こちらはイチイ。木目が面白いものばかり選んでいたので、プレーンなものも1枚いただきました。
f0167281_16261185.jpg


カワチ製菓さんの金属の小皿を乗せてみました。
アルミニウムのミトン皿と、真鍮の花模様のお皿です。
川地あや香さんの個展も気になりつつ初日には行けず、あとからネットを見ると高額転売するので有名な田舎の夫婦がやりたい放題で大変だったらしいです(*_*)。。。
なんかそういうのなぁ、、、、
f0167281_16262966.jpg

大切にします!!
今年は、器関連は控えて、あるものを愛でていきたい・・・目標です。














ひとめぼれ♥五月女京子さんのおすもう箸置き!

器に関して、惚れっぽいのは紛れもない真実ですが
またまた、、、目がハートになって何とかして手に入れたい!!
と、奔走した五月女京子さんの「おすもうはしおき」
とうとう我が家にやってきました!!

f0167281_20222587.jpg

キャー!!(≧▽≦) か、か、かわいかー!!!

じゃんじゃじゃーん
共同購入分も合わせて8人のお相撲さん箸置き。
それぞれ、表情が違っていてグッときます。
f0167281_20485080.jpg


キリッとさんに、ほんわかさん。
まさに「みんなちがって、みんないい」ですよ( ^)o(^ )
f0167281_20562816.jpg

f0167281_2056374.jpg

f0167281_20564525.jpg

f0167281_20594723.jpg



力士っぽく、俵型のおにぎり定食にしようと思ったら
なんと・・・丸形しか作れないという不器用っぷり。しかもいびつ。
盛り付け教室とかないやろか。。。
f0167281_2025122.jpg



なかなかたどり着けなかった五月女京子さん。
五月女さん曰く「ホームページを作った時にcocotte窯と名付けたけれども活用されていない」
「作ったまま放置されてます・・・」ということでしたが、
今年は12月に益子のやまにでグループ展に参加される予定なんだそうです。
おまけでいただいたにわとりブローチ。
f0167281_21134596.jpg



今までの器や箸置きの中で、多分この力士箸置きに
ナンバーワンに癒されています001.gif





.

家宝級!タイ土産第2弾、Thai Home Industriesのカトラリー!!

平松洋子さんの「旅で恋に落ちる瞬間」にも載っていて、
こちらのブログの2008年の記事でもその名をかたられている、タイ・ホーム・インダストリー。
雑然としたお店のようですが、その中でこちらのスティールのカトラリーはニューヨークのMOMA美術館でも永久収蔵されている、審美眼を持ったプロに愛されている逸品なのです。
一本一本、職人さんが手で磨いて作るカトラリー。

f0167281_1673410.jpg


このマークが、多分Thai Home Industriesの頭文字でT,H,Iをデザイン化したものだと思うんですけど、タイ・ホーム・インダストリーズの刻印のようです。
f0167281_1683046.jpg


ブログなど読んでいると、
まずバンコクのお店で注文し、
出来上がるのに約1年待ち、
できあがった頃にこちらから電話してできているか確認してから
お店に取りに行く・・・
というものすごく日本に住んでいる身にはハードルの高いお店だったんですが、
happydogさんがお知り合いに電話を入れてもらうと、このシリーズは今在庫があるのですぐ買えるとのこと!!

お値段は
ディナースプーン 270バーツ(その時のレートで785円くらい)
ディナーフォーク 270バーツ
ナイフ 300バーツ
サーバースプーン 420バーツ
サーバーフォーク 420バーツ
もちろんタイの物価からしたら高級品かもしれないけど、
手仕事のカトラリーがこのお値段ならむしろお買い得な気がします。
f0167281_16324214.jpg

台風の日に電気つけて撮影したので、ちょっと雰囲気のない写真ですが
実物は素晴らしい!!

こちらはお店のエコバッグ。
f0167281_1022680.jpg


お食事セットを並べてみる。
スプーン、フォーク、ナイフ。
思っていたより若干大きかったけど、持ってみるといける感じ。
18/8 stainless steel です。
f0167281_16332085.jpg


添付されていた説明書によると、これはdaam bongというシリーズで、
木炭の熱に当てながら鉄を鍛え、その後持ち手以外を磨き上げて作るんだそう。
持ち手が黒っぽいのは炭の熱によるもので、タイの伝統的な製法みたいです。
f0167281_16332650.jpg


ポンと置いていても存在感。
f0167281_16333260.jpg


そして刻印。
f0167281_16334026.jpg


せっかくなのでタイ料理をと、ガパオライスを作ってみました。
ジェンガラケラミックとかあったら良かったけど、ない。。。
IKEAのランチョンマットを敷いてみる。なんか男らしい食卓だなぁ
f0167281_16335963.jpg


取り分けセット。
ビッグサイズなので今すぐは使わないけど、キッチンに飾り中。
今まで見てきたサーバーの中で断然かっこいい!
f0167281_16341565.jpg


武骨な印象の持ち手ですが、鋼を丸めたつなぎ目のところも実に滑らかで
手に持った時の当たりはとても柔らかいです。
磨かれた口の中に入る部分も、カーブがよく考えられていて違和感がなく、
断面というのか?もとっても舌に心地よい。
考えぬかれ、職人さんがキッチリ仕事しました!というカトラリーです。
これから、これでご飯を食べられるのがうれしいなぁ016.gif

いつもいつも、、、
ありがとうございます!!大切にします(≧▽≦)





.

小澄正雄さんのレトロな色合い、ガラス皿&箸置き

すごい雨ですねー。。。

我が家の周りは真っ暗です。

ちょっとまた写真がたまってきたので、
頑張っていきたいと思います!
先月だったか?初めてリビングモティーフに行ってきました。
ものすごく急な坂を上り、汗だくで店に到着して気になったのが
小澄正雄さんのガラスの器。
古道具屋さんにありそうなとろんとした色合いは、それを狙ってあえて鉄などの不純物がある状態で作られているんだそう。
そして~
「寿」の文字がおめでたい小皿と
f0167281_16120471.jpg


















「餅型」箸置き。
f0167281_16133942.jpg


















最初、ん?餅型というにしては、台座っぽいなぁと思いましたが、
餅の形じゃなくて、餅型の形なんでした。
お餅に模様を付ける器具・・・
昔父にもらった、多分李朝のやつを引っ張り出してくると
f0167281_16172618.jpg

















f0167281_16174830.jpg



















確かにそういう感じです!

大切に使おうっと(^^♪
f0167281_16204332.jpg



























f0167281_16210613.jpg



























2016沖縄土産、クラフト・手仕事編★

沖縄のお土産特集、ラストは器以外の手仕事ものです!

こちら、那覇のtoncatiさんで購入した
廃材から作られたフォトフレーム→ミラーフレーム。
(どちらにも交換できて、ミラーは+500円)
卓上で自立も、壁掛けにもできるようになっています。

f0167281_1443593.jpg


GARB DOMINGOさんで見かけたものはもっと大きくて黄色や紫の色合いが印象的でした。
そんな大きいサイズのものも、いつか欲しいなー
f0167281_14442957.jpg



ガラス工房清天さんのしょうゆ差し。
KAISOUさんで見かけて、とにかくこの一帯だけ雰囲気がすっごく良かったのです。
こーれーぐーすを入れたいと思ったけれども、島唐辛子を出すのに苦労しそうなので、普通のお酢を入れようかな?
f0167281_14453029.jpg



紅型風のプリント布のワンピース。3-4歳サイズです。
これ、公設市場や国際通り周辺のあちこちのお店にあるザ・お土産物なんですが、でもかわいいと思う。。。
同じ布でアロハシャツなどいろいろありました。
f0167281_1446599.jpg



うちわみたいなのがクバオージといって、日差しや雨に強いヤシ科の木“クバ”の葉を
あおぎやすい形状にカットしただけの扇です。
鍋敷きは、多分竹富島の月桃の葉で編まれたもの。
すごくいい感じ!と思い、D&DEPARTMENT OKINAWAさんで買いました。
f0167281_14465418.jpg



那覇まちの沖縄風結納屋さんで買った紅型柄の千代紙?何かの飾りに使うのか、店頭にあったものが気になって買いました。
大きければ枚数少なく、小さければ沢山入っていずれも500円でした。
f0167281_14593783.jpg



あとは、写真撮ってないけど宇堅ビーチでサンゴを拾いました。
箸置きにいいかなーと思って、海辺に行くと探してしまいます。


あー沖縄、楽しかったなぁ。。。
と、おみやげを見て懐かしむ今日この頃でした。




.