人気ブログランキング |

インドはチェンナイへひとっ飛び その3 チェンナイ二日目編

二日目です。
時差ぼけになりつつも、よく寝ました。
さあ朝ごはん!!
南インド料理が日替わりで、たくさんの種類ビュッフェ方式で食べられます。

f0167281_1258580.jpg


Amurのギーは知っていたけど、バターもあったんですね~
f0167281_1352783.jpg



さて、オートリキシャで目的地に向かいます。
f0167281_1361033.jpg


目的地周辺。やせた牛。
f0167281_137376.jpg


ジューススタンド・・・?後ろのココナツで作った家も気になりますが、
左端の男性がよくある南インドファッション、シャツ+ルンギです。
f0167281_1371515.jpg



メイク体験をした後、(どんどん濃くアイライナーを入れられて宇多田ヒカルみたいに・・・)
次の目的地は、サリーの下のブラウス、チョリをオーダーしに行きます。
(チョリって多分ヒンディー語ですが)
SAI LIMRAS、ここの腕がいいと聞いてこちらへ。
f0167281_1313533.jpg


家を見守るだるまさん。
f0167281_13142091.jpg


お針子さんが縫ってます。
f0167281_13471055.jpg


ここ、本当に行くたびに人がいなかったり待たされたり、出なおしたり大変でした。
インドではそれが普通かもしれないけど。。。
女性オーナーがばりばりできる人で、あとの人はよく怒られてました。
しょんぼりしたおじさんが「間違えてカットしちゃいました・・・。」と来て、
「あんた!!こんなにちゃんと指示書いてるのに何見てるの!!
目、前についてるの後ろについてるのどっち?!」と怒鳴られ、
電話がかかってきて「子供が熱を出したから12時に出勤していいですか」ときたら、
「1か月も熱出してるってどういうこと?特別に12時出勤を許可したらそれを基準にしてる。
もうあなたには辞めてもらうわ!」とまた激しいやり取り。
一人経営って本当に大変やなと相方は同情していました。

さて、採寸も、別のお針子さんにしてもらった時より、このオーナーの方が納得のやり方。
できあがるのが楽しみです。
まず採寸した後、本からブラウスのバックスタイルを選びます。
f0167281_13535071.jpg

f0167281_13534160.jpg


それから、いろんなサンプル写真を見て、前にどんな刺繍をするか選びます。
シンプル
f0167281_1354338.jpg


かわいい花柄
f0167281_13545224.jpg


これもかわいいパステルペイズリー
f0167281_13553448.jpg


4枚あったので、一つはこの刺繍を袖にしてもらうことに。
f0167281_1356465.jpg



5時集合、6時からご飯にみんなで行こうという話でしたが、
集合が7時半。
それがインド時間というものだそうです。。。

相方のおじ、おば、いとこ姉妹、別のいとこ夫婦、子ども・・・と大勢で晩ご飯。
おいしくいただきました。
いとこの一人に、「心から私たちのファミリーに歓迎します」というメッセージつき花束と、
金のペンダントヘッドをもらい、感激でした。

つづくぅ!