人気ブログランキング |

2012中国&インド旅行!! 上海その2 楓涇・金山農民画村へ★

上海2日目です。
ここ、Quintet bed&breakfastの朝食は、卵をオムレツorスクランブルエッグにするか、メインの食材を何にするか、ポテト・ソーセージ・ベーコン・トマトの中から選んでチェックを入れた紙をキッチンの人に渡します。
それから作ってもらうので、ゆっくり待つことになりますが、雰囲気がよいのでOKです!
まずパンがやってきました!

f0167281_14393713.jpg

コーヒーは自分で入れます。
オレンジジュースは、食器棚から自分でグラスをとって入れます。
どの家具もオサレ♪

さーきました!スクランブルエッグとソーセージ・トマトです!
f0167281_14413583.jpg

席は満席で8人がけのテーブル。
私たち以外は、西洋人だったようです。


この日は、水郷の村であり、また素朴な農民画のアーティストが集まる農民画村もあるという
楓涇(枫泾)に、タクシーを一日チャーターして向かいます。
ホテルでお願いしたら700RMBでした。(8500円くらい)
自力で行くと勿論格段に安いんですが、もろもろの乗り換えやら面倒なことを考えると、、、
こっちでよかったと思います!

さて、タクシーで一時間。入り口に到着です!
f0167281_15253997.jpg


入り口周辺には、農民画が。
こういう本当に、結構自分でもがんばれば描けそうな(^^;)絵なんですが、
でもほのぼのです。
f0167281_15281088.jpg


街並み地区?歴史地区?景観地区?へ向かって、歩きます。
リキシャから、乗ってかないか!と声をかけられますが、あいまい笑顔でスルー。
f0167281_15292450.jpg

にしても、あとからよく上海ナビを読んでみると、入り口でチケットを買うとかなんとか書いてあります。
何も買わなかったけど。。。というか、チケット売り場より奥でタクシーを止められて、あっちに行けと言われたのでそのままにしてました。
でも見逃しているものもあるはずです。。。

上海に近い割にこの日は寒い!
そして、なんともシュールな手描きマネキン発見。
f0167281_15301731.jpg


スーパーもこんなの。
f0167281_15305386.jpg



さてさて!景観地区到着です。
橋の上から見ていると、ややっ!!さっそく、いかにも水郷の村な光景が。
f0167281_15314731.jpg


後ろからも激写。
f0167281_153252.jpg



この辺りの名物は、豚ももの煮込みと、ちまきです。
ちまきは朱家角などもそうだったので、水郷の村ってそうなのかな?
豚もも煮込み、丁蹄は真空パックにして売られているのでかなりほしくなりましたが、
海外持ち出しが駄目だろうと泣く泣くあきらめ。
f0167281_1537276.jpg


こちらはちまき屋さん。
なぜかおじさん達に取り囲まれてますが。。。
楓涇、ほとんど外国人はおらず、中国人観光客でした。
f0167281_15384080.jpg



川沿いの商店街?をそぞろ歩き。
左側に写っている、手を入れてあたためるマフが気になりました。
f0167281_1555251.jpg


ちまき作り中。
ご飯じゃなくて、ひえ?あわ?何か違うものに、豚肉。
塩漬け卵入りなどもあり、具によって値段が違います。
どのお店でも粽の値段は同じにしてあるようです。
f0167281_1556376.jpg


望遠レンズを持って行ったものの、いまいち使いこなせないわたし。
もっぱら隠し撮りに使用(笑)
f0167281_15581210.jpg


外観は地味なのに、中の人は金ピカなお寺。
f0167281_15584580.jpg


柳の近くの橋。
f0167281_15595373.jpg



よく歩いたので、そろそろご飯に。
こちらの長廊飯店にしました。
f0167281_1624639.jpg

なぜかというと、表の野菜がおいしそうだったから。
f0167281_16103043.jpg


メニューは、選びに選んで
★黄花菜豆腐干
★雪菜豆瓣
★?油蹄髈
★トマトと卵のスープ
にしました。
後から見てみたら、、、名物の丁蹄食べてない!!
それもこれも、途中のいぐさ屋で相方と大喧嘩をして、
葬式のような雰囲気で食べたのでちゃんとした判断が失われてます。
でも写真は撮ってある。
f0167281_16175542.jpg

f0167281_16181476.jpg

f0167281_16184398.jpg


店を出た後、しっかり粽は食べました。
f0167281_16191352.jpg



それから、いよいよ金山農民画村へ。
車で15分くらいかな?歩くにはしんどい距離です。
f0167281_16201329.jpg


着いてみたら、人っ子ひとりいません。
いるのは、そこで活動しているアーティスト本人が歩いているとか。
農民レストランまであって、整備されているのでもっと人がいるかと思ってました。
f0167281_16213696.jpg


畑の中に、点在するお家。これが一人ひとりの画家のアトリエです。
壁にも農民画が描かれていたり。
f0167281_16224729.jpg

f0167281_1623183.jpg


一番手前の、陳娟紅さんという若い作家さんの作品で、おっ!と気に入ったのがあったので買いました。
額付きで50元(600円ちょっと)です。
農民画は、楓涇にも1軒お店がありましたが、額なしで50元だったので、ちょっとお安いです。
彼女のアトリエ。
f0167281_16294387.jpg

f0167281_1630970.jpg


買ったのはこんなかわいい絵。
魚は、「余る」と発音が同じで縁起がいいからでしょうか、魚をぱーっとつかまえている
おめでたい印象の絵です。
f0167281_16312925.jpg


いろいろなアーティストの絵をそろえて販売している、金山農民画院というのも近くにあり
そこに行きたかったのですが、運転手さんにうまく伝わっていなかったようで
ひとまずホテルへ戻ります。つづくぅ!!

by omiyagemylove | 2012-01-14 15:03 | 旅 アジア